読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小河坂 千波 『星空のメモリア −Wish upon a shooting star− 』(ダメ妹系・無邪気、おバカ、お兄ちゃん大好き)

実妹キャラレビュー

ゲーム内容

幼い頃に住んでいた雲雀ヶ崎(ひばりがさき)に数年ぶりに帰ってきた主人公は、
展望台で思い出の幼なじみにそっくりな死神の少女に出会う。
雲雀ヶ崎学園の天クルという天体観測サークルに入った主人公は、
部員の足りない天クルを部活に格上げする為に仲間と奔走する、という学園モノ。


プレイ前に必ずパッチを当てましょう。パッチを当てると以前のセーブデータが使えなくなります。

妹について

小河坂千波

名前 年齢 一人称 兄呼称 身長 体重 スリーサイズ
小河坂 千波(こがさか ちなみ) 兄の1つ下 千波 お兄ちゃん 153cm 不明 79/55/80
CV 原画 シナリオ 備考
みなづき蓮(FDでは藤森ゆき奈に変更) 司田カズヒロ なかひろ 異父妹


性格は底抜けに明るく、ハイテンション。
兄のことは大好きで面倒を見ようと頑張るが、いつも失敗して迷惑ばかりかけている。
料理の腕は壊滅的に下手、おまけにねぼすけで朝に弱いとダメダメな妹。
お兄ちゃん観察日記をつけていて、布教用、観賞用、保管用、妄想用がある。
最高に可愛いです

兄について

性格的には普通のエロゲ主人公。
両親は既に亡くなっていて、母の妹である叔母と妹との3人暮し。
一見妹に冷たいが、実際は結構なシスコン。
何だかんだいっても妹の面倒見は良い。

シナリオ

共通シナリオが長いです。
妹の出番は序盤から多く、兄と千波のやり取りはまるでコントのようで楽しいんですが、
プレイする人によっては千波はウザイらしく合わない人には合わないらしいので
その辺が気になる人は体験版で確認した方がいいかもしれません。


千波ルートは兄妹の亡くなった両親の話が中心。
途中でちょっとシリアスが入りますが、基本的には明るい話です。
両親の話が多すぎて、兄と千波の恋愛の話が少ないのでその辺は物足りないかな。


EDは恋人になっても日常は続くというほのぼの系。
実妹ゲームとしてはぬるい展開ですが、
千波がそれ以上に可愛いので問題無し

親バレ、周りバレ

(ネタバレなので反転して伏せます)
二人の保護者で叔母である詩乃さんには気付かれますが、孫が出来るかもと喜んでます。
それ以外の人達には気付かれないままエンディングを迎えます。

葛藤、背徳描写

ほとんどありません。
千波は兄妹で恋人になる事をまったく気にしませんし、
兄は世間一般的に良くないことと認識はしていて罪悪感は多少ありますが、
「考えないで感じたままでいい」と千波に諭され、深くは考えません。


背徳感が好きな人には物足りないかもしれませんが、
僕はこの二人はそれでいいと思いました。

エッチ

Hは2回と少なく、エロ描写も薄いです。
千波は性知識が皆無なんですが、兄を信頼して受け入れようとする姿がけなげですね。
内容としてはフェラと裸エプロンでのエッチがありますが
エロに関してはおまけ程度と考えたほうがいいかと。
出す場所は、外1回、中1回。

まとめ

千波とキスしてから結ばれるまでの流れは何と言うか顔がニヤニヤしっぱなしでしたね。
二人が結ばれても千波の天真爛漫な性格や二人の関係は特に変わることなく、ノリは同じ。
ある意味理想的な兄妹関係だと思います。


バカな子ほど可愛い。
お気に入り度(10点満点) 10


別のキャラのレビューを読む