浅野 恵 『つくして!?Myシスターズ』(おバカ系・お兄ちゃん大好き、ギャップ萌え)

ゲーム内容

すもも(既に解散)から2008年1月25日に発売された低価格エロゲ。


応徳学園2年生である主人公は実の姉であるカズミの事が大好き。
意を決して告白するも姉第である事を理由に振られてしまう。
姉に振られショックを受ける兄に、今度は妹の恵が告白してきて…。

妹について

『つくして!? Myシスターズ』 浅野恵 

名前 年齢 一人称 兄呼称 身長 体重 スリーサイズ
浅野 恵 (あさの めぐみ ) 兄の1つ下 メグミ、メグ、私(わたし) お兄ちゃん 不明 不明 数値は不明だが、胸のサイズは普通
CV 原画 シナリオ 備考
新堂真弓 さるか 藤崎竜太 下ネタ多し

応徳学園1年生。
性格はかなりおバカで、下ネタも平気で飛ばすギャグ系。
でも、兄に甘える時は急に可愛くなったり、
兄が相手にしてくれないと拗ねたりとギャップが激しいのが魅力。

「メグはね、ずっとお兄ちゃんの側に居ないと、どうかなっちゃうんだよ」


「うぉぅ! 上半身裸かよ! セクシーだな兄! 妹を誘惑しているのか!?」


「メグミはいつも想像してます! ほぼ毎日です! 兄を想い、股を濡らす毎日です!
まんじりともしませんが、マンズリはします!」

兄について

主人公。
応徳学園2年生。
容姿はそこそこ。スポーツ万能で成績優秀。
結構モテるが、姉が好きなので告白は断っている。
両親は仕事で海外にいて、現在は実家で姉と妹と3人暮らし。


性格はメグミと同じくバカで、すぐにふざけてジョークを飛ばすナイスガイ。
しかし、このゲームの登場人物は揃いも揃って奇人変人ばかりなので、
相対的にみればわりと常識人。


ゲーム開始時点では、姉であるカズミの事を「女性として」好きで、恵の事は「妹として」好き。
普段は妹を雑に扱ってるが、
ちゃんと妹を気遣ったり、優しいところを見せるなど、兄としてはそれなり。

シナリオ

(今回はネタバレ多めです。
ネタバレして困るようなシナリオじゃありませんが、気になる人はこの項目は飛ばして下さい。)


ゲーム開始直後、兄のクラスメイトの赤沢が、
妹をレイプした話をいきなり自慢げに長々と始めてドン引き。


家に帰った後は兄が意を決して姉に告白し振られるんですが、
その後は、まともだと思っていた姉による、
弟にアナルファックされる妄想シーンが長々と始まり、再びドン引き。


それが終わったら今度は恵が兄に告白して来るのですが、
その告白を兄が無理と断ると恵がぶち切れ、
兄に無理やり薬を飲ませると、誘惑して自分を犯すように仕向けてきます。
兄は結局流されるまま恵を抱く事に。


こう書くと、いかにも低価格ソフトらしい、急展開で無茶苦茶なシナリオに思えますが、
主人公がわりとまともで、妹の事を気遣える思考の持ち主なので、意外と安心して読んでいられます。

(そうか……メグミ……つらかったか……? 好きなのに……愛しているのに……。兄妹だから……言えなくて……。
友達に相談したら、『そんなのおかしいよ』って笑われて……。
悔しかったか……? つらかったよな……? 俺……わかるよ……メグミの気持ち……)


(わかってる……それは許されることじゃない……。でも、妹が苦しんでいるのなら……俺はその苦しみを減らしてやりたい……。
俺が一緒に堕ちることで、メグミが開放されるなら、一緒に堕ちてやる!!)


(『妹とセックスをしてしまった』
言葉にすれば、たった一言であり、とても簡単なことのようにも思える。
だがそれは実に重要なことで、妹とはいえ、一人の女の人生を、俺が狂わせてしまったということだ。
だからといって、それが『薬のせいだ』とか『メグミが望んで仕掛けてきたことだ』などと言い訳しては、
現状から逃れようとするのは、最低の男であり、最悪の兄の言い逃れである。
こうなった以上は、俺はメグミを全面的に受け入れ、
メグミが望むのであれば、俺の今後の人生を全てメグミのために使おうと、俺は心に決めた。)

妹である恵と関係を持ってしまった事を冷静に受け止め、
恵と今後について話し合う余裕すらある兄の態度はお見事。
兄妹関係もHする前と大して変わらず、近親相姦の暗さみたいなものはまったくありません。
逆にHした事によって以前より仲良くなったぐらいです。


その後は兄と恵がイチャイチャしつつ性欲に溺れていくのですが、
今度はHしてる場面を姉に見られてしまいます。
ここで姉が毅然とした態度を取って二人を止めるのを期待したのですが、
残念ながらまったくそんな事はなく、今度は姉第で関係を持ってしまいます。
恵と関係を持った後、恵が兄に浮気は絶対ダメだと言ってたのに、兄がこのザマなので失望しました。
少し前までは恵のことを真剣に考える良い兄だった筈なんですが……。


この後の展開は姉妹で兄を取り合って3Pに突入。
選択肢によって恵ED、姉ED、3人EDに分岐。
ちなみにゲーム開始からここまでで経過した日数は4日間。
いくら何でも展開が早すぎます。


恵EDは姉妹対決で姉が引いて恵の勝利。
とはいえ姉の方も完全に手を引いたわけじゃなく、二号さんみたいになって兄と関係を持ち続ける。
そうこうする内に恵が妊娠。
兄は既に学校を卒業して就職していたし、その後の事は何とかなるさと楽観的に考えてEND。
かなり適当な終わり方でした。


3つのEDをすべて見るとオマケシナリオがあって、
シナリオのとある種明かしと冒頭に出てきた赤沢兄妹の話があります。
これは短いながらも何気に良い話ですので、是非見ることをお勧めします。
個人的には浅野兄妹よりも、赤沢兄妹の方が好きですね。






(ネタバレここまで)


親バレ、周りバレ

(ネタバレなので隠します)
親には内緒のままでバレません。
姉に恵との関係がバレますが、モラルよりも妹に弟を取られたという嫉妬が先立ち、
自分が先にすればよかったと考えるダメ姉です。
クラスメイトの赤沢とその妹である桃子にも関係を知られますが、
この二人も近親相姦をしてるので、仲間が出来て喜んでます。
要するに近親相姦に反対する人は一人もいません。

葛藤、背徳描写

クラスメイトの赤沢が明るいノリで近親相姦を勧めてくるようなゲームですからね。
姉と兄には近親相姦は良くないことという認識がありますが、
妹の恵、赤沢兄妹には皆無です。
葛藤や背徳描写は姉の弟に対する気持ちに多少ありますが、
姉妹で3Pするようなゲームですから期待しないでください。

エッチ

エッチはシーン回想枠で見ると恵単独のシーンが9つ。姉を含めた3Pが6つ。
ただし、1つのシーンをフェラと挿入で2つの枠に分けたりして水増ししてるので、
実際のシーンはもっと少ないです。
種類はフェラ、正常位、尻穴舐めながらの手コキ、バック、
騎乗位、アナル、スカトロ、ボテ腹Hと種類は豊富。
ただ、シーンが短くてすぐ終わったり、
恵とのやり取りがギャグだったりして、オカズには使いづらいと思います。

まとめ

何というか色々と中途半端な出来です。
実妹モノ、実姉モノ、近親相姦、家族愛、シリアス、ギャグ、エロ。
作品に色々な要素を詰め込み過ぎて、焦点がぼやけているような印象。


実妹モノとしては、子供の頃の思い出を含めた兄妹描写や恵のギャップ萌えなキャラは良かったのですが、
兄が姉に手を出して3Pが始まった辺りからは萎え萎え。
兄の一貫性の無い行動のおかげで、後半失速したのがもったいない……。
姉妹のどちらかに手を出す前に、
姉ルート、妹ルートとシナリオを分岐させていれば……。


やはり3P展開はクソ。姉に手を出す前までは良かった。
お気に入り度(10点満点) 7


別のキャラのレビューを読む