読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鷹栖 琴乃 『令嬢の監獄』(無邪気系・お嬢様)

メーカー Gash


体験版の感想はこちら

ゲーム内容

住んでいた鷹栖の館を鷹栖家当主「兼光(かねみつ)」によって理不尽に追い出され、
貧困の中で母親を無くした主人公「今神夾耶(いまがみ・きょうや)」は、
館の使用人の息子だと思っていた自分が、実は兼光の息子であったという事実を知る。


鷹栖家への復讐を胸に鷹栖の館に戻ってきた夾耶だが、
既に兼光は半年前に亡くなっている為、その後を継いだ現当主、
兼光の息子であり、かつての親友であった「聖斗(まさと)」を復讐のターゲットに。


手始めに鷹栖に関わる女達、聖斗の妹の「琴乃(ことの)」、聖斗の婚約者「碧月(みずき)」、
メイドの「美緒(みお)」、兼光の後妻「小夜子(さよこ)」を堕としていく事に決めた夾耶。


鷹栖に関わるすべてを貶め腐らせる為、夾耶の復讐劇が今始まる…。


いわゆる館モノ。
主人公の名前は変更可能です。

妹について

鷹栖 琴乃

名前は琴乃(ことの)。
一人称は「私(わたし)」
兄の呼称は「お兄様」


兄の異母妹。
琴乃は兄を従兄だと思っていて、兄妹という事実は知らない。


性格は無邪気で子供っぽいが、子供扱いされると怒る。
趣味は手芸でなかなかの腕前。
見かけによらず頭がいいらしい。

「やーん、下ろしちゃやーっ。もうちょっとだっこー」
「知らないっ!お兄様の鈍感!朴念仁!」
「私、お兄様になら、何をされても……ぽっ」

兄について

復讐者。
兼光の隠し子であり、鷹栖家現当主の聖斗とその妹の琴乃とは腹違いの兄妹の間柄だが、
その事実を知っているのは兄のみ。
鷹栖家には財務コンサルタント兼鷹栖家当主の相談役としてやってきた。


表面上は好青年らしく振舞っているが、内心は復讐心の塊。
復讐の為なら女達に酷い事をするのも躊躇わない冷酷な性格。


妹の琴乃に対しては特に好意を持ってる訳でもなく、
復讐相手の一人程度にしか思っていない。

シナリオ

序盤から早々に小夜子と美緒を堕とし、
次なる標的として琴乃に目をつける兄。


琴乃が自慰をしてる場面を目撃した兄は現場に踏み込みいきなり襲い掛かり、強引に処女を奪います。
最初は嫌がる琴乃ですが、すぐに感じるようになり、あっさり堕ちてしまいます。
しかも、兄には妹を犯す事についての罪悪感など微塵もないという思いっきり萎える展開
まだ共通ルートなのにこれだったので、最初にプレイした時はこのゲームはハズレだと思いましたが、
琴乃ルートを進めていって、この考えが間違いだと気づきました。


(ここから重大なネタバレがあります。
未プレイの方はゲームの楽しみを損なう恐れがあるので、
十分にお気をつけください)






一見何も知らないお嬢様な琴乃ですが、
実は子供の頃から兼光にSM道具の使い方、人のいじめ方、
怪しい薬の知識などの様々な手管を教え込まれていて、
兼光の死後はその手管で小夜子以外の愛人や使用人を館から追い出し、
美緒を調教していた事が、琴乃の口から発覚します。


琴乃の美緒調教シーンはかなりのドSっぷりでゾクゾクしました。

「あはは、カチカチって、歯がカスタネットみたい」
「……わたしが聞きたいのは、あなたの悲鳴と、屈服の言葉」
「わたしが見たいのは、壊れてゆくあなたの心」
「そのつらい調教を、これから、もっともっとしてあげる……」

琴乃の本性を知って驚く兄ですが、更に衝撃の事実を伝えられます。
兼光の死は琴乃の使った薬が原因だった事。
琴乃が兄と血が繋がってる事を知ってた事。
「血のつながった人と結ばれてしまうなんて、最高にロマンチック!素敵!」
と笑顔で言い、実の兄にすら平気で薬を盛る琴乃は実に狂気的です。


兼光の邪悪を真に受け継いだのは自分では無く琴乃と知った兄は、
琴乃をどうするか迷います。
ここで選択肢が出て、ハッピーエンドとバッドエンドに分岐。


ハッピーエンドはちょっとご都合展開で物足りないですが
琴乃と共に鷹栖家の乗っ取りを企むバッドエンドは、なかなか見応えがあります。




(ネタバレここまで)



他キャラのルートでの琴乃は単なるおまけ。
扱いはかなり悪いので、プレイする価値はありません。
美緒ルートでは琴乃のネタバレがあるので、琴乃を先にクリアする事を強くお勧めします。

親バレ、周りバレ

両方ありません。

禁忌、背徳描写

微妙です。
兄も琴乃も兄妹で交わる事に罪悪感などは持っていません。

エッチ

回想シーンは琴乃ルートでは8つ。
内容はフェラ、側位、正常位、後背位、座位、後背座位、
腹ボテH、縄で縛られて美緒に張り型で犯される。
兄が無理やりするシーンが多いですが、ハッピーエンドルートではいくつか和姦もあります。
出す場所は外1回以外は、全部中。


このゲームのHはわりと濃い目なんですが、
なぜか琴乃だけは描写が短いのが多く、薄めです。
他のキャラのルートでも琴乃のHシーンはありますが、
他キャラのついでみたいなのが多いです。

まとめ

とにかくこのゲームは琴乃の告白シーンがすべて。
琴乃を気に入るかどうかで評価が分かれると思います。


僕は前知識無しでプレイしたので楽しめましたが、
そうじゃない人は微妙に感じるかもしれません。
細かく見ると色々アラが目立ちますしね。


絶対にネタバレ無しでプレイして欲しいゲーム
お気に入り度(10点満点) 8


別のキャラのレビューを読む