コミック版『ヨスガノソラ』第4話「それぞれのカタチ」の感想

今日はコンプエース1月号の発売日です。
いつものようにコミック版『ヨスガノソラ』の感想を。


(ネタバレあります。あと原作を知ってることを前提に書いてます。)

今回のあらすじ

学校は夏休みに突入。
ハルは瑛に頼まれてお祭りの手伝いにいく事に。
穹は何か思うところがあるようで、家でお留守番。
神社に到着したハルは渚と瑛が腹違いの姉妹であるという事実を聞かされる事に。


ハルが家に帰ると穹が料理を作って待っていた。
ハルが料理の出来を褒めると、
穹は恥ずかしがってハルに後片付けを任せ、部屋にひっこんでしまう。
自分の為に料理をしてくれた事に、穹の成長を感じて喜ぶハルだったが、
その一方、穹は身体の調子が悪いのか、部屋で苦しんでいた。

感想

ようやく穹がデレ始めましたね。今回の穹は赤面率が高いです。
(でも、絵のせいかあんまり可愛いと感じられなくて微妙……)
それにしても、いきなり穹の病弱設定を持ち出してきたのには驚きました。
原作の穹は病弱さをあまり感じさせなかったので、ほとんど忘れかけてた設定でしたよ。
このオリジナル展開は果たして吉と出るのか、凶と出るのか……。