『ルーンロオド』体験版の感想

メーカー CLOCKUP teamDYO

物語

普通の学生だった主人公が巨大ロボットに出会い、
異世界で勇者として迎えられるというSFファンタジーモノ。

内容と感想

ゲームの序盤がプレイ出来ます。
プレイ時間は約1時間。
日常の学生生活から突然異世界に行くことになり、
聖騎士として認められる為の試練を終えるところで終了。


登場人物やCGも多いし、世界観からしてもかなりの大作っぽいです。
テキストは読みやすくテンポもいい。
音楽もなかなか。
体験版をプレイする限りはなかなかの良作に思えます。


Hシーンはジゼルのサービスシーンがちょっとあるだけ。

妹について

名前は麻奈(まな)。
一人称は「あたし」
兄の呼称は「おにいちゃん」


公式サイトの紹介では兄をウザがっていると説明されてたので、
もっと兄の事を毛嫌いしてるのかと思ってたんですが、
体験版ではそんな感じは全然しません。
ちょっとバカな兄に呆れているという感じですね。
弁当の件を見る限り、かなりいい子に見えます。
個人的にはかなり好み。

兄について

学生。
両親とは死別していて、現在はアパートで妹と二人暮らし。
浅めのオタクでラノベ、漫画、フィギュアなどが好き。
学校では仮想研という同人誌活動をしている部活に所属している。


性格は少々バカでドジなところはあるが、真っ直ぐで熱く、
まさにロボットアニメの主人公という感じ。
非日常の世界に憧れていたので、
今回の事件で異世界の勇者になれる事を手放しで喜んでいる。


兄バカのケがあり妹を溺愛していて、友人からはシスコン扱いされている。
死んだ両親の事も大事に思っていて、家族愛は強い。
良兄としての資格は十分です。

まとめ

ゲームとしてはかなり面白そうで、良作の雰囲気を漂わせてます。
しかし、実妹ゲームとしてはどうでしょうか?


体験版では妹の出番は少ないですし、これからシナリオにどう関わっていくかも不明。
公式サイトではヒロイン扱いされていますが、
他の三人のヒロインとは明らかに扱いが違います。
HCGも皆無で、本当に攻略出来るかどうか怪しい。
仮に攻略出来たとしても、本番無しではないか?というのが僕の予想です。


妹目当てなら普通に様子見が賢いのではないでしょうか?