『で・こ・つ・ん★』4巻の感想

で・こ・つ・ん★4 (GA文庫)

で・こ・つ・ん★4 (GA文庫)

今回は短編集です。
4本の短編があって、幕間に妹の心愛の話が入るという構成。


感想としては「兄が他の女性キャラとフラグ立て過ぎ!」に尽きる。
姉の紅愛、希、ぺディ、豆乃……段々とハーレムみたいな展開になってきたのが気に入らないです。
当然、その分妹である心愛の影は薄くなるばかり。
一応4巻の最後で心愛が兄の事を意識してるような描写がありましたが、これだけではちょっとねぇ……。
どうも流れが嫌な方向に進んできたなという印象です。

で・こ・つ・ん★5 (GA文庫)

で・こ・つ・ん★5 (GA文庫)

5巻の展開もこんな感じだし、もう読むの止めようかな。


あと、アルバイトの話で兄が女装するという展開が出てきました。
なんか、今年はどこまでも女装と縁があるなぁ。