読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『メアメアメア -SisterPlus-』体験版の感想

メーカー mana

物語

平凡な日常を送っていた主人公の元に、突然現れたサキュバスのイル。
しかし、イルは新米サキュバスで、Hに関する知識や経験がほぼゼロだったので、
主人公にいいようにされてしまう。
サキュバスなのに人間に馬鹿にされて悔しいイルは、
何とかして主人公の精を吸って虜にする為に、一緒に暮らす事に決める。
なりゆきでイルとの生活を始める事になった主人公だったが、
そこに妹の瑠璃やイルの妹のメルまで押しかけてきて、
平凡な日常はドタバタな日常に変わっていく。

内容と感想

体験版はプロローグから三話の途中までプレイ可能。
プレイ時間は約2時間。
体験版の最後には5分ほどの瑠璃のダイジェストがあります。
ダイジェストには瑠璃とのHシーンも有りますが、これは夢での出来事のようです。


Hシーンはイルとの初めてのH。
お風呂でソーププレイ。
放課後の教室でのフェラチオかパイズリ。(選択肢でどちらか分岐)


瑠璃とのHシーンはお風呂でのローションプレイが1つありますが、
体験版では途中までしか見れません。


Hシーンは長く、描写も濃いめ。
選択肢でプレイ内容が細かく分岐するなど、力が入ってると思います。
個人的にはかなり使えるレベルだと思う。
あと、イルには裸立ち絵が有るのを確認。


システムはかなり細かいところまで設定出来ます。
クイックセーブが三つもあって使い分けることが出来たり、
Hシーンで外に出すか中に出すかをデフォで選べたり、
演出速度を立ち絵、背景、イベントCGと個別に設定出来たりと色々あるんですが、
一番驚いたのがボイスの再生速度を選べる機能。
こんな機能は初めて見ました。
多少不自然に聞こえますが、時間が無い人には便利な機能だと思います。


しかし、これだけ設定が充実していながら右クリックでウインドウが消せないのは片手落ち。
まあ、スペースボタンで消せるといえば消せるんですけどね。


キャラクターのシステム音声があるのも特徴です。
デフォルトで妹の瑠璃が選ばれているのは好印象。

妹について

名前は瑠璃。
一人称は「ボク」
兄の呼称は「兄ィ(あにぃ)」「お兄ちゃん」


性格は明るく元気なしっかりもので、兄にべったりのお兄ちゃん子。
学生だが、学力が足りず兄とは別の学校に通っている。
料理が得意で、わざわざ実家から一人暮らしの兄の世話をしにやってくる。


独占欲が強くヤキモチ妬きで、
突然現れて兄と仲良くし始めたイルとは兄を巡って争いが絶えない。

兄について

学生。
学校の成績は優秀。
性格は、多少ぶっきらぼうだけど、根は優しいというよくあるエロゲの主人公タイプ。


家族構成は両親と妹の瑠璃の四人家族。
実家からは遠い学校に通う為に、家族と離れてアパートで一人暮らしをしている。


瑠璃に対しては困った妹という感じ。
兄べったりな妹を心配して兄離れをさせようとしているが、上手くいっていない。
妹に振り回されてるところはありますが、
無茶をする妹に対して兄として締めるところはキッチリ締めるなど、
それなりにいい兄してます。

まとめ

これはかなりいいんじゃないですかね?
妹はやきもち妬きで可愛いし、実妹は決定済み。
体験版ではイルに押され気味ですが、
HシーンやEDもちゃんとあるようですし、兄妹描写も良好。
実妹ゲームとしては特に問題は無いと思います。
『メアメアメア』の廉価版+αという事で値段も安い(税別3800円)ですし、お得感もあります。


僕は購入確定。
3月はこのゲームの他に『素晴らしき日々』『Happy Wardrobe』もあるし、楽しみです。


実妹キャラレビュー
藤野 瑠璃 『メアメアメア -SisterPlus-』(お兄ちゃん大好き系・ボクっ娘、ヤキモチ妬き、世話焼き)