読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ク・リトル・リトル 〜魔女の使役る、蟲神の触手〜』体験版II・ヨゾラの錘の感想

メーカー Black Cyc

内容と感想

基本的なところは前回の体験版と同じなので先に前回の体験版の感想を読んでください。
今回は前回と違う部分を取り上げます。


第2章までは声がついたの以外は前回の体験版とほとんど同じです。
体験版初回プレイ時は2章が終わると強制的に1章に戻されて、
アオゾラルートとは微妙に設定が異なるヨゾラルートが始まります。(話の流れは同じ)


犬のカーター氏曰く、ヨゾラルートはエロ・グロ・ナンセンスな世界との事。
実際かなりキツイ内容で、相当人を選ぶと思います。
好奇心という軽い気持ちで踏み込むと後悔しますよ。


ヨゾラルートの2章が終わると”智識”という名の(グロい)Hシーン(CGとボイスのみ)が始まり、
体験版は終わりです。
その後アオゾラルートを最初から始めると、
2章の最後に先程とは別の(ややマイルドな)Hシーンが見られます。

妹について

妹のこいぬに関しては、ヨゾラルートでも特に変化はありませんでした。
ただ、公開されてるCGを見る限りはロクな目に遭いそうにないですが……。


今回の体験版では触手に襲われるHシーン(2章とはまた別)とオナニーシーンが新規で見られます。
(CG自体はどちらも既出)

兄について

特に前回と変化は無し。

まとめ

ヨゾラルートは予想以上にグロかったです。
前回の体験版でも片鱗は見えてましたが、実際見ると強烈でした。
スカトロ、触手、アヘ顔、腹ボコなどが苦手な僕には、これらの何がいいのかさっぱりわかりません。


実妹ゲームとしては、未知数。
相変わらずこいぬの実義は不明ですし、
そもそもこのゲームって個別ENDがあるのかどうかも怪しいです。
こいぬ自体は方言妹という事で可愛いとは思いますけど、
ゲームの内容とブランド的に期待していいものかどうか……。


とりあえず僕は回避します。
こういう内容を楽しめる感性は僕には無いです。