『兄妹円満』の感想

兄妹円満 (アクションコミックス)

兄妹円満 (アクションコミックス)

内容

とある事情で家出し、実家とは10年も音信不通だった主人公の元に、
同じく家出した妹が押しかけてきて、一緒に住むことになるというコメディ4コマ。
全一巻。
18禁ではありません。一般漫画です。

妹について

名前は北里 菜々美。
裕福な家庭で何不自由なく育てられたお嬢様。
大学を卒業し、実家を離れた一流企業に秘書として勤務が決まったが親に反対され、
それを機会に家出し、音信不通だった兄の元に押しかけてくる。
一人称は「あたし」
兄の呼称は「お兄ちゃん」
年齢は22歳で兄の7つ下。


性格は明るく元気。純粋で天真爛漫。
兄の事を(妹として)とても慕っていて、何かと一緒にいたがる。
本人に自覚はないが、かなりのブラコン。

兄について

主人公。
29歳の貧乏フリーター
家族構成は両親と妹の4人家族。
金持ちの老舗旅館だった実家を飛び出して安アパートで一人暮らしをしていたが、
そこに妹が家出してきて、一緒に住む事に。
元はお坊ちゃまだったが、家出してからはすっかり世間擦れしてしまい、人並みに。
そのせいで実家育ちでお嬢様の妹とは色々ギャップが生まれている。
趣味は旅行で、変なお面やアンティークを買い集めている。


10年ぶりに再会した世間知らずな妹に振り回される苦労人。
最初は妹がやって来た事を迷惑に思っていたが、
一緒に暮らすうちに妹を心配するシスコンお兄ちゃんになっていく。

感想

兄妹描写が素晴らしい作品。
離れ離れになってた兄妹でも変にぎこちなくなったりせず、再会してすぐに元通りになったり、
無邪気に兄を慕う妹が兄をバカにされて怒ったりと、仲の良い兄妹の関係が非常に心地よいです。
兄妹の子供の頃の思い出や絆もしっかりと描かれてて抜かりなし。
(妹が別の人を兄と勘違いしたのはご愛嬌)

10年間離れてたって実の兄妹だものね

1話のモノローグがこの作品をよく表してると思います。


妹はちょっと天然入ってて可愛いんですけど、
シスコン入ってる兄の方もいいキャラしてますね。
長期旅行にでかけたはずなのに妹が心配で三日で帰ってきたり、
妹の朝帰りにショックを受けたり、妹に彼氏が出来た事でやきもきしたり、
妹がちょっと出かけただけで心配して探しに出たり、妹の写真を持ち歩いていたり、
女性とちょっと仲良くしてるのを妹に見られて、(聞かれてもいないのに)あわてて言い訳したり。


この本には主人公兄妹以外にも、もう一組兄妹が出てくるんですが、こちらの兄妹もいい味だしてます。
二組の兄妹を中心にストーリーが進んでいくんですけど、
それぞれの兄妹の対比を上手く利用してるところが良かったです。

最後に

この作品には兄妹恋愛はありません。
最後まで仲良し兄妹のままです。
僕は兄妹恋愛にはこだわる方ですが、この作品に関しては珍しく気にならなかったです。
それは多分兄妹の関係が心地よくて、恋愛に発展する必要性を感じなかったからだと思います。
たまにはこういうほのぼのした兄妹モノもいいですね。

追伸

妹に彼氏が出来る事を気にする人もいるかもしれませんが、
独占的にNGな描写はないので、それほど気にすることはないと思います。
ネタバレになるので詳しくは言えませんが、
彼氏も妹も本気で相手が好きで付き合ってる訳では無いですし、
キスとかそういうのもなく、せいぜいが一緒に出かけるデート止まりですので。
(完全独占にこだわる人はこれでもNGなんでしょうが)