『アニメ版 ヨスガノソラ』第11話「ソラメクフタリ」の感想

序盤は相変わらずの酷い展開。
奈緒とデートしてるハルと家で寂しそうにしている穹の対比が見てて辛い
奈緒とのデートの最中にも、つい穹の事を思い出してしまうハルと
ハルのシャツと添い寝して安らかに眠る穹の描写が救いかと思いきや、
(穹の事を忘れるために)奈緒をホテルに連れ込んで無理やりやろうとするハルでまた落とされる。
ハルの都合に振り回される奈緒が気の毒でしょうがないです。


しかし、穹が家のことを手伝いハルの事をちゃんと考え始めるという
穹の心の成長をしっかり描いてたり、
神社の湖の伏線を張ったり、
わざわざ図書館で近親婚について調べるハル、
そして熱を出した穹の看病がきっかけで
お互いへの想いが止められなくなり結ばれる二人と、
その後の流れは実に良かったです。


特にハルと結ばれて幸せそうな穹の可愛さはヤバい。


原作で少なかった兄妹のイチャイチャを
かなりの尺を取って描いているのは好感が持てます。
特にキスシーンが多いのは個人的に嬉しい


そして、ラストは委員長と奈緒に二人の関係がバレたところで次回へ続く。
なぜか裸シーツじゃなく、やってる最中を二人に見られるというシーンに改悪されてます


多少の不満はありますが、
今回は間違いなく今までで一番の出来だったと思います。
奈緒との事を除けば、穹ルートを結構上手く再現してますね。
今までは空気をぶち壊すばかりでいらないと思ってたHシーンも
今回に限ってはハルが穹との関係に溺れていく様子を上手く表現出来てたと思います。
(東京都青少年健全育成条例改正案で近親相姦が色々言われてるこのご時世に
こんなの放送して大丈夫なのか?という不安は多少ありますが)


いよいよ次回は最終回ですね。
「終わりよければすべてよし」と僕に言わせてくれる出来を期待してます。