読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2010年の実妹モノのまとめ(実妹ゲーム編)

2010年に僕がプレイした実妹ゲームの作品をまとめてみました。
後に紹介する作品ほどお気に入りです。
(作品名のリンクをクリックすると僕が書いた感想に飛びます)

『リアル妹がいる大泉くんのばあい』

麻衣ルートのクリアまでで止まってて、肝心の栞ルートは未プレイしてないので判断保留。
大泉兄妹はともかくとして、妹尾兄妹の方は結構お気に入りです。

『黄昏のシンセミア

2010年どころか今までで最も期待を裏切られた実妹ゲーム。
今年のワースト作品です。
妹のさくやは世間の評判は高いみたいですが、僕には全く合いませんでした。
詳しいことはいずれレビューで書きます。

『Angel Ring』

『黄昏のシンセミア』ほどじゃないですが、この作品もまた僕の期待を裏切ってくれました。
佐奈ルートの途中までは良かったんですけどねぇ……。
これも詳しいことはその内レビューで書きます。

『絶対★妹原理主義!!』

これも僕の期待を裏切ってくれた作品の一つ。
詳しいことはリンク先の瑞のキャラレビューを読んでください。
こんな事は今回だけだと信じたい。

『妹(に)交姦(される兄)の会』

女装主人公、男の娘同士のH、受けシチュメインと非常に癖のあるゲームですが、水無瀬兄妹は結構気に入ってます。
僕は兄妹さえ良ければ、他の要素が多少気に入らなくても高めに評価します。

『Happy Wardrobe』

これも、またまた期待を裏切られた作品の一つ。
体験版をプレイした時点で実恋子にはめちゃくちゃ期待してただけに、
後半のまさかの失速が痛かった。
ただ、恋人>兄妹以外の部分は良かったし、実恋子自体は可愛くてお気に入りです。

『あまつみそらに!』

美唯はエロい。


美唯に関してはこれだけ言っておけば十分。
お兄ちゃん大好きでえっちな妹は嫌いじゃないです。

『中出しスパイの挿入捜査 -子宮の平和は俺が守る!-』

このゲームはとにかく兄、妹を大事に思う兄が非常に格好良くてお気に入り。
兄のスパイらしい洒落た台詞回しと
妹の妹実のおにい呼びもポイント高い。
この作品によってsofthouse-sealの評価が僕の中で急上昇しました。

『感染って発情アクメ菌! ―精にまみれた女学園―』

兄はダメダメですが、柚子はかなりのお気に入り。
柚子ルートでの柚子のお兄ちゃん大好きっぷりにはやられた。
お兄ちゃんに対する愛を存分に魅せつけてくれる実妹キャラは大好きです。

『メアメアメア -SisterPlus-』

ボクっ娘妹最高!!
瑠璃はヤキモチ妬きだし、兄ィ呼びも可愛いしで、もう僕の好みのツボを突きまくりです。
キャラの可愛さだけで言えば今年一番の妹キャラかな。
もう一回言おう。


ボクっ娘妹最高!!

『ココロの住処』

とにかくこのゲームは僕の好みに合いすぎるぐらい合っていた。
シスコンで妹に関してはちょっと頭がおかしいが、それ以外は結構まともな兄、
ツンツンな妹の璃奈、
兄、妹、姉の三角関係、
両親を含めた家族の描写、
強烈な個性を持ったアンドロイドのココロ、
気持ちの良い親友である賢正の存在。


淡々としたイベント描写、エロの薄さ、システムの酷さなど欠点もあるんですが、
そんなものはこれらのプラス要素に比べれば本当にどうでもいい些細なこと。


このゲーム全体に流れる古き良きエロゲの雰囲気がすごく好きです。
今年一番の実妹ゲームは『ココロの住処』で決まり。
この作品以外は考えられません。

まとめ

今年プレイした実妹ゲームは11本。(うち1本は未コンプ)
去年の24本に比べて半減してます。
まあ、去年がプレイし過ぎというのもありますが、
それでも月1本未満というのは
実妹ゲームブログ」なんてタイトルをつけてるブログとしてどうなのかなぁという気が……。
2011年はもうちょっとプレイしたいところですが、
現状はリアルの方がかなり忙しくて時間にゲームをプレイするような余裕が無いですし、
今のところプレイしたいような作品があまりないので、更に少なくなるかもしれません。


今年の総括としては、
とにかく期待を裏切られまくった1年でした。
『Happy Wardrobe』に始まり、家族計画オチの『ぐらタン』、
義理オチの『こんそめ!』、『AngelRing』、『黄昏のシンセミア』、『絶対★妹原理主義!!』と
これはいけると思った作品が、ことごとく地雷か期待以下の出来ばかり。


上記以外の実妹ゲームも決して悪くはないんだけど小粒な作品が多く、
僕に取っては不作としか言いようがない年でしたね。


そんな中で健闘したのがsofthouse-sealyatagarasu
どちらも何かキラリと光るものを持ってるブランドだと思います。
この2ブランドの作品には今後も期待したいところ。


まとめとしてはこんなところでしょうか?
この記事で今年のブログの更新は最後です。
まだ色々やり残したこともありますが、それは来年の宿題という事で。


では、皆さん良いお年を。来年もうちのブログをよろしくお願いします。