読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメ『カードファイト!! ヴァンガード』第34話「夏だ!合宿だ!ヴァンガードだ!」は素晴らしい兄妹回!!

実妹アニメの感想


『カードファイト!! ヴァンガード』第34話があまりに素晴らしい出来だったので、紹介記事を書かざるを得ない。


一応初見の人に説明しておくと『カードファイト!! ヴァンガード』はカードゲームアニメ。
カードゲーム「ヴァンガード」を通じて、
ちょっと気弱な主人公である先導アイチが、成長していく物語です。
もっと詳しく知りたい人はアニメ公式サイトを見てください。

34話あらすじ

全国大会を通して自分たちの未熟さを思い知ったチームQ4のメンバーたち。
そこで、シンの勧めもありヴァンガードの合宿を行うことに。
合宿に向かった先には意外なメンバーがアイチたちを待っていた。

(公式サイトより)

34話の内容

青髪の男の子が主人公の先導アイチ
薄い茶髪の子がその妹の先導エミです。


20110906074224
兄の合宿についてきたエミ。
エミ「アイチだけで泊まりに行くなんて心配だから」
エミ「何言ってるの、いつも私が起こさないとベッドから出てこないくせにぃ」
エミは世話焼きでしっかり者の妹。


20110906074225
店長に合宿についていく許可を貰って喜ぶエミ。


20110906074226
合宿先へ向かう車での座席はしっかり兄の隣。窓側をちゃんと兄が譲っているのもさりげないポイント。


20110906074227
合宿先に到着、海を眺めるエミ。


20110906074229
夏休みの宿題の経過について聞かれ、大丈夫と得意げなエミ。
「わたしは計画通りだもん♪」


20110906074228
兄とカードファイト観戦。やっぱり隣。


20110906074230
「あーあ、負けちゃったぁ……」
兄がカードファイトに負けてしょんぼりなエミ。


20110906074231
「えぇっ!? またぁ?」
兄が5連敗し、あきれてご立腹なエミ。(兄であるアイチはカードゲームアニメの主人公とは思えないぐらい弱いです)


20110906074233
カレーを作ることになり、兄と一緒にじゃがいもの皮むきをするエミ。
簡単にこなすエミと違い、兄は上手く出来ない。


20110906074232
エミ「もう〜、ケガしないように気をつけてね、アイチぃ」


20110906074234
じゃがいもの皮を向くのが難しいという兄に対して、
「そんなの簡単よ〜、普段からお手伝いしないから出来ないんでしょ〜?」と軽くお説教するエミ。


20110906074235
兄と一緒にお料理。


20110906074236
カレーを食べるときも当然のごとく兄の隣。
「お母さんのカレーとは違うけど、とっても美味しいね、アイチ!」


20110906074237
後片付けの洗い物も兄と一緒。


20110906074238
花火の時も兄の隣。


20110906074239
足元に来たネズミ花火にびっくりする兄とエミ。エミのポーズが可愛い。


20110906075131
兄と花火、とっても楽しそう。


20110906074241
お風呂上りの兄のところにわざわざやってくるエミ。
「アイチぃ、ちゃんと髪も洗ったぁ?」


20110906074242
洗ったよという兄に対して「本当に?」とあんまり信用してないエミ。


20110906074240
ちゃんと洗ったということがわかって安心するエミ。



20110906075417
エミ「だったら良し!」


20110906074243
夜も更けて眠るエミ。残念ながら兄と同部屋ではない。

おまけ

OPとEDのエミ
20110906074223
20110906074245
20110906074244

感想

いやー、素晴らしい回だった。
エミはあくまでサブキャラなので出番は少ないんだけど、たまにこういう神回が来るから困る。


第3話  「ようこそ!カードキャピタルへ」
第15話 「ハラハラ!?エミの初ファイト」
第25話 「記憶の先に」


と今まで3回ほどエミメインの回はあったけど、兄妹が絡む描写は微妙に少なかった。
だけど今回はその分を補って余りある程の大量の兄妹描写。
ちょっと頼りない兄にしっかり者の妹という組み合わせは非常に萌える!


主人公である兄に彼女が出来る可能性はほぼゼロですし、(アイチは櫂くんしか見えてない)
エミには悪い虫(カムイ)が付いてますけど、
エミ本人は全然相手にしてないし、カムイはナギサとフラグが立ってるので、
この兄妹に恋人が出来る可能性はかなり少ないはず。


このアニメに兄妹恋愛は最初から期待してないし、
仲良し兄妹で構わないので、是非この路線で突き進んでもらいたいものです。