ソシャゲ・ブラゲにはまっている人たちへ

最初に

この記事には人を不快にする表現が多数含まれています。不快な思いをしたくないという人は読まないでください。
この警告を無視して、気分を悪くされても、責任は持てませんので悪しからず。

ソシャゲやブラゲについて

この記事を書いている2016年現在、ソーシャルゲーム(以下、ソシャゲ)、ブラウザゲーム(以下、ブラゲ)が非常に流行っています。


ソシャゲとして有名なのは、『パズル&ドラゴンズ』(パズドラ)、アイドルマスター シンデレラガールズ(デレマス)。
ブラゲで有名なのは艦隊これくしょん艦これ)、『千年戦争アイギスアイギス)、『かんぱに☆ガールズ』(かんぱに)あたりでしょうか?
このブログを見ているような人なら、どれか一つぐらいはどこかで聞いたことがあるでしょう。


僕はスマホを持っていないので、デレマスは未プレイですが、それ以外のゲームは一通り遊んだ事があります。(パズドラはKindleでプレイ)


プレイした感想ですが、確かに面白い。
ちょっとした短時間にプレイ出来ますし、操作も簡単。
最初のうちはプレイヤーのレベルもガンガン上がりますし、レベルが上がればスタミナも全回復します。
(スタミナとはゲームで様々な行動をするのに必要なもので、時間の経過によって(3分や1時間に1ポイントなど)回復する。
大抵のゲームはスタミナの存在によって、家庭用ゲームのように、一気にゲームを進めることが出来ないようになっている)


そして、プレイすればするほど、たくさんお金や資源、キャラ(主に可愛い女の子)などが集まります。
集めたそれらを使って、難しいステージをクリアし、詰まったらそのキャラを強くして、更に難しいステージをクリアし、報酬(レアキャラや貴重なアイテム)を手に入れる。
それらが楽しくて、ついつい時間を忘れてプレイしています。
しかもこれらは基本的には無料スマホやPCがあれば、簡単にプレイ出来ます。


さきほど基本的には無料でプレイ出来ると書きましたが、お金を払ってガチャを回すことで、強いキャラを手に入れたり、ゲームを楽に進めるための回復アイテムなどを手に入れる事が出来ます。


ガチャを引くために必要なアイテム(魔法石、神聖結晶など)は、記念イベントやゲームの不具合のお詫びとして無料で配られたりもしているのですが、大抵の場合、それだけでは足りず、貴重なレアキャラや装備(とても可愛かったり、強かったりする)などは、課金してガチャを回さないと手に入らないように出来ています。


ソシャゲやブラゲというのは、この辺りのバランスが絶妙で、ついプレイヤーが課金したくなるように、システムが組まれています。


通常のガチャは500円必要だが、初回に限り100円で回せる
10回まとめてガチャを回せば1回分無料で回せる。


戦闘で傷ついたキャラを回復させるための施設は最初2つぐらいしか使えないようになってるのですが、課金することでその枠を4つまで増やし、ゲームを快適にプレイすることが出来る。


キャラやアイテムには所持制限数があるが(最初は50や100しか持てない)、課金することでその枠を増やすことが出来る……など。


さて、ここまで読んでソシャゲやブラゲについて、大まかにでも理解出来たでしょうか?
基本的には無料でプレイ出来ますが、プレイしていくと課金したくなるような仕組みになっています。
誰が作ったのかは知りませんが、実によく出来たシステムです。


悪魔の発明と言っていい。


例えばログインボーナスの存在。
大体どのゲームも毎日ログインする事で、何らかのアイテムが貰えます。(艦これのような例外もありますが)
またデイリー任務というものがあって、簡単なそれを毎日こなすことで、
キャラを強くするのに必要なお金やアイテムが貰えます。


これらの存在によって、毎日そのゲームをプレイしないともったいないという気分にプレイヤーはさせられ、短時間(1日15分や30分)とはいえ、毎日それだけの時間をゲームに奪われる事になります。


次にイベントの存在
大抵のソシャゲやブラゲは定期的(1週間から1ヶ月ごと)にゲーム内でイベントが開催され、育てたキャラを使ってクリアすることで、イベント報酬が貰えるようになっています。
ゲームによって異なりますが、このイベントを完全にクリアするには、かなり強いキャラを複数育てる必要があります。


イベントでは期間限定のレアキャラやレアアイテムが登場し、今じゃないと手に入らないというユーザーの射幸心を巧みに煽ってくるため、
それに乗せられて、ガチャにウン万、ウン十万という額の課金をしてしまう廃課金プレイヤーが現れ、まとめサイトの格好のネタにされるということが、定期的に繰り返されています。



廃課金プレイヤーの一例
matome.naver.jp


【悲報】グラブル廃課金者、2522回ガチャしても目的のキャラが出ない:わんこーる速報!



こういう人たちは傍から見るとバカみたいに見えるでしょうが、ソシャゲ界隈では、この手の人たちの見栄や虚栄心を煽ったり、神と祭りあげたりして、課金を促したりする風潮があるため、それに乗せられる人が後を絶ちません。(現実で言えば、キャバクラで女の子に乗せられて、ドンペリを頼むみたいなものでしょうか?)



そして、ソシャゲやブラゲの最大の問題点は運営がサービスを終了したら、手元には何も残らないことです。


プレイしてる人はもちろんわかってると思いますが、ゲーム内で集めたお金、アイテム、育てたキャラというのはサーバーに残された単なるデータに過ぎませんし、実生活では何の役にも立ちません。


そういった何の役にも立たないものに、現実の時間やお金を費やすことに、一体どれほどの意味があるのでしょうか?
プレイしている人は、そういう事実を頭ではわかっていても、実際はなるべく考えないようにしているのではないでしょうか?


ハッキリ言いますが、それは単なる現実逃避です。
現実から目を背けて、目の前の楽しいことに溺れているだけです、


永遠に続くサービスなどありえません。いつかはゲームを辞める時が来ます。
その時に、今まで費やした時間やお金を思い返し、後悔する自分の姿から目を背けるのはやめましょう。


……さて、ここまで読んだ人の中には、僕の言ってることに「いや、それは違う」と反論をしたくなる人もいるでしょう。
それらの質問を想定し、答えていきます。
かなり厳しい事を言いますので、心してください。


課金するかしないかはプレイヤーが決めること、あくまで自己責任だ。

一見筋が通った意見に見えますが、前述の通り、この手のゲームは巧みにプレイヤーが課金したくなるような仕組みになっています。
意志や判断力の弱い人が手を出すと、課金の罠にハマってしまい、とんでもない額を支払う羽目になります。


そういうシステムを作り、ユーザーの射幸心を煽って課金を促し、数多のプレイヤーから多額のお金を絞りとっておきながら、いけしゃあしゃあと自己責任としてユーザーに責任を押し付ける。


こんな詐術に騙されてはいけません。


ネットでは、運営会社ではなく、ユーザーがこの手の事を言ったりしてるのをたまに見かけますが、そんな事を言う人は、ソシャゲ関係者の情報操作に乗せられています。
見てて恥ずかしいし、そういう風に認知する人が増えるのは社会にとって害悪なので、そういう発言は控えた方が良いと思います。

廃課金するようなやつらは、プレイヤーのほんの一部の馬鹿だけ。自分は無課金、微課金プレイヤーだから問題ない。

これも、一見筋が通っているように見えますね。
月数百円、数千円支払うだけなら大した額では無いように思えます。
例えば月500円課金したとしても、1年で6000円、2年で12000円。
確かに、娯楽としてこの程度の出費なら問題ないかもしれません。


しかし、これが月1000円ならその倍、1年で12000円、2年で24000円です。
月5000円となれば1年で6万円、2年で12万円、ここまで来るとさすがに馬鹿に出来ない金額です。


しかし、本当に問題なのはゲームをプレイすることによって、お金だけでなく時間も失うことです。


たとえば、1日朝と夜、15分プレイしたとしましょう。
(スタミナが自動で回復するというシステムの関係上、半日に一回はプレイしないと、スタミナがあふれてもったいないという仕組みになっているゲームが多い)
月30日に換算すると15分*30日で450分。7時間半です。
これを年に換算すると12倍の90時間です。


しかし、実際に毎日15分だけプレイするという人は少ないでしょう。
イベントなどがあれば、プレイ時間は更に増えるはずです。


1日30分に換算すれば1年で180時間(7.5日)。1時間となれば360時間(15日)
1日1時間プレイすれば、1年365日のうち15日をゲームに費やしているという計算になります。


これを「なんだ、大したことないじゃん」と思う人は感覚が相当マヒしています。
人生の貴重な時間をポチポチクリックしたり、タップするだけの、ソシャゲやブラゲに消費する事の愚かさと重大さを理解できていません。


無課金なら確かにお金は使わないので、課金者よりもお得にプレイしているように錯覚してるかもしれませんが、それでも時間は確実に浪費しています。


その事に気づいていますか?


人が自分のお金や時間をどう使おうと自分の勝手。他人にどうこう言われる筋合いは無い。

確かにその通りです。
しかし、本当にあなたは自分の意思でそうしているのでしょうか? ゲームの運営会社に踊らされて、貴重な時間やお金を奪われていないとハッキリ言い切れるでしょうか?


ソシャゲやブラゲの運営は実に頭が良い。
どうすればプレイヤーがプレイを続けるか、どうすれば課金したくなるか、人間の欲望というものを実に熟知しています。
並の人間なら、簡単にそれに流されてしまうでしょう。


自分がそうでないと、自信を持って言えますか?


ゲームがサービス終了して、データは残らなくても思い出は残る、費やした時間やお金は決して無駄にならない。

詭弁です。
僕にはソシャゲやブラゲに大量の時間とお金を費やしてしまった自分を正当化、納得させるための言い訳にしか聞こえません。


本やCDなどなら、手元に残るものですし、
例え売ったり、失くしたとしても自分の中に知識や記憶として残るでしょう。
スポーツや将棋などのゲームは、道具と相手がいれば、一生楽しむ事が出来ます。
同じゲームでも、家庭用ゲームは手元にソフトとゲーム機本体があれば、何度でもプレイ出来ます。
でも、ソシャゲやブラゲは運営がサービス終了したらそれでおしまいです。
苦労して手に入れたデータは、全て無に帰します。プレイすら出来ません。


それでも、費やした時間やお金は無駄にならないと言えますか、本当に後悔しませんか?


自分のプレイしてるゲームは神運営。自分は十分楽しませてもらってるし、お布施のつもりで課金している。

アホですか? あなたは運営にとって、実にいい鴨ですね。
どんなに良い運営に見えても、会社である以上、目的はあくまでプレイヤーからいかにお金を出させて、収益を挙げるかです。
ユーザーのサポートを大事にするのも、気前よく無料でアイテムを配るのも、面白いイベントを作るのも、可愛いキャラを作るのも、
すべてはユーザーにお金を出させるため


あなたは運営会社の戦略や戦術に乗せられているに過ぎません。


ソシャゲやブラゲの運営だって商売。金儲けは別に悪いことじゃない。

拝金主義の塊みたいな意見ですね。
その商売によって、被害を受けるプレイヤーの事をどう考えているのでしょうか?


このまま悪質な商売を続けていると、どんどん被害は広がるし、取り返しのつかないことになる人も増える一方だと思いますが、それについてはどう思いますか?


自己責任という言い分は通用しませんよ?


……こんなところでしょうか?
まだ何か反論があるようなら、コメント欄にどうぞ。

ソシャゲやブラゲがゲーム業界、エロゲ業界を衰退させた

さて、これまでは運営会社とユーザーの関係に絞って書いてきましたが、
ソシャゲやブラゲの問題点はこれだけではありません。


以下の記事は、2014年の国内のゲーム業界の市場規模をまとめたものですが、


www.itmedia.co.jp

 家庭用ゲームは、ハード・ソフト合計で前年比11%減の4039億円に落ち込んだが、
オンラインプラットフォーム(スマホタブレット向けゲームアプリ、フィーチャーフォン、PCオンラインゲーム)は13%増の7886億円に拡大した。


ユーザーがポチポチクリックしたり、タップするだけのゲームが市場の半分以上を占め、多くのクリエイターが集まって真剣に作ったであろう家庭用ゲームの規模を遥かに上回っているゲーム業界の現状をどう思いますか?


これを「面白いゲームが作れないクリエイターが悪い」とか、「今の家庭用ゲームは昔に比べてつまらん」といって、家庭用ゲーム会社やクリエイターの責任にするのは簡単ですが、本当にそれでいいのでしょうか?


無料でプレイ出来て、楽で簡単なゲームに流されるユーザーにも問題があると僕は思うのですが、いかがでしょうか?


これも時代の流れかもしれませんが、子供の頃ファミコンスーパーファミコンにハマった世代としては、あまりに寂しいゲーム業界の現状だと思います。


もう一つ僕が憂いているのが、エロゲ業界の衰退です。


note.chiebukuro.yahoo.co.jp



エロゲ業界が衰退した原因が、ソシャゲやブラゲだけにあるとは思いません。
上記の記事のように、複数の要因が重なったものでしょう。


ただ、僕の周りの人を見てもソシャゲやブラゲにハマって、エロゲをプレイする人やレビューを書く人が減ったのは事実です。
ブログを更新しなくなった人もたくさん見てきました。
(さすがに個人の例を挙げたりはしませんが)


今までエロゲに使っていたお金と時間をソシャゲやブラゲにつぎ込む人が増えた結果、エロゲの衰退が加速した。
僕は、そう考えています。

最後に

ソシャゲやブラゲにハマって、ブログやサイトの更新が停止したり、Twitterのツイートがその手のものばかりになった人を見ても、今までは余計な事は言わず、黙って様子を見てきましたが、見て見ぬふりを続けてきた自分に、今は後悔しています。もっと早く指摘するべきだったと。


どうかお願いです。
今ならまだ間に合います。
これ以上、ソシャゲやブラゲに貴重な自分の人生やお金、時間を浪費するのはやめてください。


せっかくの才能や人材が、これ以上ソシャゲやブラゲのせいで腐っていくのは、もう見ていられません。


僕がブログでこういった記事を書いても、ソシャゲやブラゲ全盛の今の流れを変えることは出来ないでしょう。
僕にそんな力はありませんから。
でも、身の周りにいる人たちの目を覚まさせることぐらいは出来るかもしれません。


この記事内ではかなりキツイ事も書きましたし、読んで不快な思いをした人もいるでしょう。
その事については、申し訳ないと思っています。


しかし、あれぐらいハッキリ言わないと、人の目って覚めないものじゃないでしょうか?
周りや表現に気を使った無難な言葉で、人の思いと言うのは伝わるものでしょうか?


残念ですが、僕の周りにソシャゲやブラゲについて悪く言う人は皆無です。


誰も言わないなら、僕が言うしかない。


そういった思いで、かなりの時間をかけて、この記事を書きました。


現在、自分のしていることが自分にとって本当に良いことなのか、よく考えてみてください。
日々に流されて、思考停止しないでください。
現実をしっかり見つめてください。


その結果、ソシャゲやブラゲを続けることを選ぶなら、僕はもう何も言いません。


最後になりますが、この記事を読んだ事で、ソシャゲやブラゲにハマっている人が一人でも、プレイを止める事が出来れば幸いです。


長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。