読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメ『シスター♥プリンセス』第11話~第13話の感想

実妹アニメの感想 シスタープリンセス

第11話 アニキとシークレットツアー

今回は、夏の思い出作りのために、鈴凛の作ったメカで皆で海へお出かけする話。



鈴凛メイン回です。

相変わらず幼少組の作画は気合入ってますね。


咲耶はいつも通り。


はだけた肩がちょっちエロい。


鈴凛が作ったプロトメカ4号。
タイムボカンシリーズに出てきそうなデザインですね。
船としてだけでなく、潜水も出来る優れもの。今回はこれでお出かけします。


楽しそうな妹たちを見るとほのぼのしますね。



こうして見ると鈴凛も結構美人。


わりと大胆な鈴凛咲耶と血の繋がった姉妹だなぁって感じがします。



鈴凛はいてない疑惑。


乗っていた船が浸水。率先して何とかしようとする兄、偉い。
いつもこうだといいのに。


兄一人に任せるだけでなく、妹たちも協力。
兄妹力を合わせるって、良いですね。

頑張りましたが、結局遭難して皆とはぐれてしまうところで、次回に続く。

第12話 バカンスはラブよ

伝説のウニメ回です。

「兄くん」
「千影ちゃん……」
「迎えに来たよ」
「そう、千影ちゃんはウニになったのか……」
「僕はどんな魚になるのかな」

まるで意味がわからんぞ!! 


兄が踏んだウニから手が伸びてきて……


ウニの中から千影が!!
やっぱり意味がわからんぞ!! 電波ゆんゆんです。
ちなみに周りの黒い線は集中線ではなくウニのトゲです。


妹たちと再会。
白雪と雛子がリボン、春歌は帯、咲耶は胸を強調した結び方など、水着にそれぞれ個性があって芸が細かいですね。


咲耶はいつも通り。本当にブレないな、この子は。


作画スタッフには絶対熱烈な花穂好きがいると思う。


珍しくちゃんと描かれた四葉
ここまでまともなカットが全然なかったのでキャプも撮れなかったのデス……。


白雪も珍しくちゃんと描かれてます。


ここしばらく影が薄い可憐も。


鈴凛。集団の時の作画は酷いんですが、個人のカットは結構頑張ってます。




咲耶に夜這いをかける兄……ではもちろんなく、不安そうな咲耶を落ち着かせる兄。
こんなイケメンな兄は初めて見たぞ。


千影のこれはマジでビビった。


千影も微妙に作画には恵まれてないんですが、これは良い。



雛子が風邪を引かないように布団を掛けてあげる兄。
ちゃんとお兄ちゃんしてて偉い!



お兄様にサンオイルを塗って欲しいとせがむ咲耶
可愛い以外の言葉が出てこない。


バナナボートで兄にしがみつく可憐。
間違いなく当たってる。



気合入りまくった鞠絵のカット。めっちゃ美人。

実は遭難じゃなくて、プロミストアイランドに戻っていたというよくあるオチで終了。
前回と今回は比較的良い出来でした。

第13話 お兄ちゃんとの夏

今回で1クール目終了ということで、第13話は今までの総集編です。
お兄ちゃんが各妹たちとの思い出を振り返ります。


まるで息を吸うように兄を誘惑する咲耶


兄の方も最近では満更でもなさそうです。


お絵かき雛子。


弓道中の凛々しい春歌。


居眠り四葉


日焼け跡をあにぃに見せる衛。


「ねぇ、あにぃ。あにぃはこんな日焼けした女の子は嫌い?」
と唐突に兄に迫る衛。
この妹たちには兄を誘惑する遺伝子が刻まれているに違いない。


うーん、可愛い。日焼け跡がエロくてたまらんね。


笑顔の花穂ちゃん。めっちゃ癒される。


見返り美人亞里亞

作画は使い回しの嵐でしたが、各カットは頑張ってたと思います。

これでようやく半分ですね。2クール全26話なので、まだまだ続きますよ。