読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメ『シスター♥プリンセス』第19話~第21話の感想

第19話 愛のお弁当ですのっ

今回は白雪回。




作画は、前回と違い崩れも見受けられますが、白雪の作画に関しては頑張ってます。

兄と腕を組んで歩く白雪。とっても幸せそうです。


兄と一緒にお買い物。


重そうな白雪の荷物を持ってあげる兄。
なかなか良い兄ぶりです。


白雪先生による料理解説。
この手のデフォルメ絵は、初めてですね。


兄のためを思って料理を作るも、張り切ってたくさん作りすぎてしまい、兄にこんなに食べられないと言われショックを受ける白雪。
悪気がなかったとはいえ、これに関しては、白雪にも問題があるので、しょうがない。
兄も白雪の気持ちを考えて、ギリギリまで頑張って食べてましたしね。


ショックを受けて泣いてる白雪……と思いきや玉ねぎを切っていただけというオチ。


両手がふさがっている白雪のエプロンのポケットから、ティッシュを取り出そうとする兄。


くすぐったがる白雪。エロい……。


特に問題ない行為のはずなんですが、イケナイことをしているような気分になりますね。


ふと見せる妹の大人びた表情というのは、ドキッとしますね。


今回の話は正直微妙。
今回も5話と15話の人の脚本なんですよねぇ……。
前二回ほど酷くはなかったですが、必要性の感じられないシリアスを入れたり、山田がクソうざかったりと、見ていて楽しい回ではなかったです。
作画が比較的まともだったのが救いですね。

第20話 Christmas Love Destiny


今回は咲耶回。
しかもクリスマスのお話ときたら、これはもう神回の予感しかしないですね。
ところで、これを見てくれ、こいつをどう思う?







すごく……微妙です……。
ここ数回の良作画はなんだったのか? というぐらい酷い作画の数々。
よりによって一番お気に入りの咲耶回でこれかよ……と泣きたくなります。



数少ない咲耶のまともなカット。



他にもちらほらまともなカットはあるんですけどね、咲耶に関しては本当にさっきのぐらいしかないです。



全体的にクソ作画のなか、一人まともな花穂ちゃんのカット。
作画の人に愛されてますな。


泣きそうな亞里亞をごく自然になだめる兄。
ヘタレな兄ですが、ここ最近は、だいぶ良い感じになってきました。
このクソ回の中、唯一と言ってよい褒められる部分。

ちなみに作画だけでなく話も微妙でした。
2回続けて微妙な回を見せられてテンション下がりまくりです。
ここしばらく良回が続いたので、ようやく持ち直したかと思って、油断してましたわ……。

第20話 アニキにme two\(^o^)/〜♥

今回は鈴凛回。
鈴凛が、兄のためにメカ鈴凛を頑張って完成させようとするお話です。




今回は作画は安定してます。前回のアレは本当に何だったのか……。




本当に珍しい四葉の良カット。
ここまで、四葉は本当に作画に恵まれてないです。
花穂ちゃんとは大違いやで……。


メカ鈴凛起動。しかし、この後すぐオーバーヒートしてしまいます。


兄がパーツを買ってくれると聞いて、喜び抱きつく鈴凛



今度こそメカ鈴凛完成?


本物より可愛いとか、言うなよ? 絶対言うなよ?




メカのふりをして兄に抱きつく咲耶
なぜこの作画を前回に使わなかったし……。


とりあえず完成したものの、まだ試験運転の段階なので、すぐオーバーヒートしてしまうメカ鈴凛




メカ鈴凛の帽子を被って「メカ雛子なのー」とはしゃぐ雛子。
ここの作画やけに力が入ってます。


「メカミカエルー」困り顔のミカエルが可愛い(笑)

今回は話の展開も上手いです。
兄をサポートするためにメカ鈴凛を作ったのに、メカ鈴凛が完成したら自分が不要になってしまうこと。
この分野の勉強をするために、将来アメリカに留学したいと考えてること。
メカ鈴凛を作ったのは、いなくなった自分の代わりに兄をサポートしてほしいからだけじゃなく、自分のことを忘れて欲しくないという気持ちもあったこと。
そんな鈴凛の心情を、鞠絵が雛子に読んであげている絵本のお話と掛けて、間接的に視聴者に伝える演出は良かったです。