読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメ『シスター♥プリンセス』第26話の感想と総括

実妹アニメの感想 シスタープリンセス

第26話 約束の島

いよいよ、最終回です。


「僕はプロミストアイランドに戻る」
ようやく島に戻ることを決意した兄。
なおも引き止める燦緒に対し、
「僕は妹たちからたくさんのものをもらった。だから、今度は僕が妹たちにしてあげる番なんだ」
うん、よく言った! 偉い!


せっかく島に帰ってきたのに、波に攫われ海で溺れてしまった兄とその兄を助ける可憐。
ここは1話の出会いの場面の再現ですね。
これまでは他の妹の影に隠れて、いまいち目立たなかった可憐ですが、最終回ではさすがにメインヒロインの風格を漂わせています。












兄が島に帰ってきたことを感じ取る妹たち。
前回は暗い表情ばかりでしたが、ようやく笑顔が戻ってきました。



さすがに最終回だけあって、作画も気合入ってます。
集団でも崩れません。


「やっぱりここが僕の家なんだ。妹たちのいるここが」
この兄については、散々ヘタレ、ヘタレ言ってきましたが、最終回ではなかなか立派な兄に成長しました。




寝ている兄を起こしに来た可憐。
妹モノといえば、やっぱりこのシチュエーションですよね。





ここの四葉の作画は素晴らしい。






他にも良いカットがチラホラ。


今まで何度も意味ありげに出てきた黄色い帽子の女の子。
妹たちとの約束を思い出させるために、兄の思い出から出てきた存在らしいです。(ネタバレ)





EDのカット。
妹の名前とキャストが、ちゃんと絵と合ってます。


これからも妹たちとの生活は続いていくって感じで終わり。

総括

さて、最後まで観終わったので、まとめましょう。
シスプリのアニメは、良いところと悪いところがハッキリしているのが特徴です。

良いところは、まず声優さんの演技。感想では特に言及しませんでしたが、これは終始安定していました。
他にも気合入ったカットの数々は、素晴らしかったです。
昔見たTV版では、もっと作画が酷かった記憶があるのですが、このBlu-ray版を見ると、円盤化の際に作画はかなり修正されたみたいですね。
それでも酷いところは酷いですし、特に集団の場面になると作画は怪しくなりますが、一人だけのカットの時は良いカットがたくさんありました。

作画ランキング
順位 名前
1位 花穂
2位 亞里亞
3位 雛子
4位 白雪
5位 春歌
6位 鞠絵
7位 可憐
8位 鈴凛
9位
10位 咲耶
11位 四葉
12位 千影

花穂は他の妹たちに比べるとダントツで恵まれていましたね。
他にも亞里亞や雛子など幼少組の作画は良いカットが多かったです。
逆に不遇だったのが、四葉と千影。
この二人は良いカットが本当に少なかったイメージ。
そのせいでキャプもあまり撮れませんでした。
咲耶も、出番こそ多いのですが、人気のわりに作画に関してはあまり力が入っていなかったイメージがあります。
それ以外は団子。

このアニメの悪いところは何と言ってもアニメオリジナルキャラ。
その代表格が山田。存在自体が不快なうえに、やたら出番が多く、毎回出てきては兄や妹たちに絡んでくるんですよね。
こっちは妹が目当てで見てるのに、なんでスタッフが考えたアニオリキャラを頻繁に見なきゃならんのか……。
山田は、アニメ放送当時、2chのアニメ実況スレで山田が出てくるたびに「山田氏ね」というカキコが大量にされていたぐらい、視聴者に嫌われてましたね。

他にも前半の主人公のヘタレぶり(後半はだいぶマシになりましたが)や終盤に出てきて鼻に付く言動を撒き散らす燦緒、1話丸ごと出張ってくる15話の爺さんなど、このアニメのスタッフは視聴者をイライラさせるのが趣味なのか? と言いたいぐらい、不快なキャラが多いです。

シスプリアニメの最大の欠点はアニオリキャラを前面に押し出しすぎたことでしょう。

原作のファンがアニメ化の際に望むのは、好きなキャラに声がついて動くことやお気に入りのエピソードが、アニメで見られることなどであって、アニメオリジナルキャラの登場や活躍なんて大多数の人は望んでいません。

このアニメのスタッフは、そこのところを理解していなかったように思います。

最後にお話について。
このアニメは、オリジナルの設定とストーリーがそもそも面白くなかったですね。
帽子の女の子については、ラストで上手くまとめていたことと、最初は頼りなかった兄が、妹たちと過ごすうちに、だんだんと成長していくところだけは評価してますが。
妹たちとのエピソードは、キャラによって出来不出来が大きかったです。

ベストエピソード
順位 名前
1位 第17話 おキューですわ……ポッ♥
2位 第26話 約束の島
3位 第22話 兄チャマ、チェキデス♥
4位 第16話 花穂、がんばっちゃう!
5位 第4話 くまさんどこ?

第17話はお話、作画共に最高。春歌自体はそこまで好きってわけじゃないんですが、春歌というキャラの魅力を存分に引き出した作画とお話は文句の付けようがない出来でした。
第26話は最終回だけあって作画は一番力が入っていました。前話まではシリアスな話が続いて暗い気持ちにさせられましたが、そのストレスを妹たちの笑顔で一気に解消してくれたお話ですね。ラストの終わり方も後味良いです。
第22話はお気に入りの四葉回なうえに、作画、話ともにレベルが高かったので。可愛い四葉がたくさん見られて兄チャマは大満足でした。
第16話と第4話は妹の成長ぶりと兄の良兄ぶりが、見てて楽しい回でしたね。

ワーストエピソード
順位 名前
1位 第15話 亞里亞のおリボン
2位 第20話 Christmas Love Destiny
3位 第24話 さよならの予感
4位 第23話 はじめてのお客様
5位 第5話 アニキとメール\(^◇^)/

第15話は本当につまらなかった。アニオリキャラが出て来る回は大体つまらなかったです。
第20話は妹たちの中でも1、2を争う人気キャラである咲耶回にも関わらず、お話、作画とも最低に近い出来。
第23話と第24話はつまらないシリアス展開なうえに、燦緒の存在がとにかく不快。兄も煮え切らない態度を続けるので、見ててイライラしました。
第5話は総集編でもないのに、作画を使いまわしまくったうえに、必要性のない無駄シリアスを入れてくる脚本家のセンスにブチ切れ。

総括はこんなところでしょうか?
良いところと悪いところがハッキリしているのがこのアニメの特徴と、総括の最初に書きましたが、このアンバランスさが、シスプリのアニメに妙な味わいとインパクトをもたらしているのも事実。
これがごくごく普通の出来だったら、おそらくシスプリのアニメは、そこまで話題にならずに、消えていったことでしょう。

まぁ、どう見てもクソアニメであることは動かしようのない事実なんですけどね。

決して、良作や傑作ではないですし、人に勧められるような出来ではないんですが、一度見ると忘れられないような不思議な魅力があるというのが、僕のアニメ『シスター♥プリンセス』という作品に対する印象です。