読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメ『シスター・プリンセス RePure(リピュア)』第1話の感想

実妹アニメの感想 シスタープリンセス

今回からリピュアの感想を書いていきます。
知らない人のために一応説明しておくと、リピュアはシスプリアニメの続編。
いわゆる二期ってやつです。
2クールあった前作と違い、今作は1クール全13話です。

OP

主題歌はcan/gooさんが歌う『まぼろし』

だれっよっり~っ あなったっの~ こ~えがっきっきったっくって~♪

というイントロが印象的な曲です。
























見よ、この美麗な作画の数々。
しかも、カットじゃなくてちゃんと動きます。
ウニメとは違うのだよ、ウニメとは。
リピュアは、もうOPのセンスからして違いますね。

ハートデイズ

リピュアのアニメは少し特殊な構成で、Aパートが「ストーリーズパート」、Bパートが「キャラクターズパート」に分かれています。

「ストーリーズパート」は前作と同じくお兄ちゃんと12人の妹の物語。
ただし、前作にあったオリジナル要素はほぼ消えていて、山田やじいやなどは出てきません。


可憐のウェディングドレス姿から始まる第1話。
相手はもちろんお兄ちゃんです。


顔こそ前作の兄と同じですが、中身は別物でかなり落ち着いた性格です。
前作とキャラや声が違うので、前作を知ってると、最初はかなり違和感あります。


お兄ちゃんに綺麗だよと言われて恥じらう可憐。
可愛すぎる。


「可憐は世界で一番の幸せ者です」
残念ながら夢なんですけどね……。



リピュアの作画は本当に綺麗です。


お兄ちゃんに抱きつく可憐。



可憐以外の作画も綺麗です。
前作の場合、綺麗なのはカットだけでしたが、リピュアは動きも綺麗でグリグリ動きます。
しかも、一部だけでなく、全編こんな感じです。




さらに集団でも崩れません。



前作では作画に恵まれなかった千影も綺麗。


リップを鈴凛に見せる咲耶



香水を吟味する春歌と白雪。


「あ、あにぃ……ボクの匂い、嗅いでみる?」
衛も可愛いです。


服を汚してしまった可憐を助けてくれたお兄ちゃんに感謝して、抱きつく可憐。


良い雰囲気ですが……


そこに他の妹たちが登場。二人の時間はここまでです。

メインは可憐でしたが、妹は全員登場して、それぞれ軽く見せ場もあります。
可憐のモノローグも多く、原作の雰囲気をかなり再現していますね。

ED

EDの主題歌はcan/gooさんが歌う『君と生きていく』
正直、あまりシスプリのイメージと合ってないです。
カットもずっと同じカットが続いて地味。

可憐

Bパートの「キャラクターズパート」は原作の単行本『キャラクターコレクション』を映像化したもので、お兄ちゃんとの関係も、Aパートの「ストーリーズパート」とは違い、1対1です。なので、他の妹は一切出てきません。

今回の可憐の「キャラクターズパート」は「可憐ちゃんとロケットの秘密」が原作。
可憐がおばあちゃんから貰ったロケットのお話が中心で、おばあちゃんも昔、自分のお兄ちゃんのことが好きで、可憐と同じようにロケットにお兄ちゃんの写真を入れていたというエピソードです。






作画も本当に綺麗で、絵柄もかなり原作に近いです。
Aパートもそれなりに綺麗ですが、Bパートは更に一段上の作画ですね。

可憐のモノローグといい、作画といい、原作の雰囲気を見事に再現してます。
可憐は本当にお兄ちゃんのことが大好きなんだな、ということが伝わる良いお話でした。

りピュアの第1話はオリジナル描写で萎えまくった前作とは大違いで、原作を知っている人には、「これぞ、シスプリ!」と言える感涙モノの出来です。
特にBパートの出来は珠玉で、スタッフのシスプリという作品やキャラに対する愛を感じます。
音楽が岡崎律子さんというのも、また素晴らしい。
これが、まだ後12話も残ってると思うと、「たまらんぜ、うひひっ」て感じですね。