読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『電撃G'sマガジンキャラクターコレクション シスター・プリンセス 〜お兄ちゃん大好き♥〜 3.衛』の感想

作品解説

シスター・プリンセス』の原作者である公野櫻子先生による描き下ろし小説。
全12巻からなる『キャラクターコレクション』のうちの1冊で、衛視点の独白形式によるエピソードが7編掲載されています。

衛について

名前 推定年齢 一人称 兄呼称
12~14歳 ボク あにぃ
身長 誕生日 星座 CV
150cm 10月18日 天秤座 小林由美子

スポーツが大好きでボーイッシュな女の子。
スポーツはボード系が得意で球技は苦手。
兄と一緒に遊んだり、スポーツをしたりするのが大好きで、女の子扱いされるのを嫌がっている。

1 あにぃとスノボの夢

前半は、女の子じゃなくて男の子に生まれたかったとボヤく衛の独白。
小さい頃は男の子や兄と一緒に遊んでいたのに、大きくなるにつれて、女の子であることを理由にだんだん距離が出来てしまったことを不満に思う衛の心情が語られます。

後半は家族でスキーに行くお話。
お父さんと“抱っこスキー”をしたり、兄にスキーを教えてもらったのがきっかけで、雪山やスノボが大好きになったというエピソードです。

2 衛ちゃんの身体検査

学校で行われた身体検査のお話。

「あああ、あの、ボク、まだブブブブラジャー、して……ないんです!」

この台詞にクッソ萌えた衛好きは多いはず。

ボ、ボク、ブラジャーなんてしたら……ますますあにぃに女の子扱いされるよ。ボクは……ボクは、いつまでもあにぃと一緒にいたいから、……そんなもの、そんなもの絶対しないんだぁっ……うわーーん!!

衛はノーブラ。
非常に重要なことなので覚えておきましょう。
衛好きにとっては常識ですぞ。

なんでリピュアのキャラクターズパートはこの話をやってくれなかったのか……。
安西先生……!! 恥じらう衛が見たかったです……。

3 洞窟探検へレッツゴー

兄と二人で海水浴に行くお話。

小さな洞窟を見つけて、最初は張り切って探検してたのに、だんだん怖くなってきて、兄にしがみつく衛が……ね。
いつも元気な衛が、不意に見せる女の子らしさに、ぼかぁもう、完全にノックアウトですよ。


このP.37のこの衛の挿絵はめっちゃ可愛いです、萌えます。

4 自転車がやってきた!

新しく買ったMTB(マウンテンバイク)に大はしゃぎする衛のお話。

その時ボク、なんだか自分が恥ずかしくなっちゃったよ。スポーツにはケガとかってつきものだし、ボクも擦り傷や打ち身なんかしょっちゅうだけど……でも、ほかの人を危ない目に合わせるようなコトしたらイケナイよ! ボク、自分が考えが足りなかったこと知って……ちょっぴり悔しかったんだ! ……でも、だから、それ以来……ローラーブレードは絶対に道ではやらないって決めたんだよ。

うーん、偉い。
そんな衛なのに、ウニメでは家の中で所構わず滑りまくってましたよね、8話とか。
こういうところ、ウニメのスタッフはわかってなくて、嫌でした。

細かいことですが、この本の1話や7話では衛の両親に対する呼称が「お父さん、お母さん」だったのに、この話では「パパ、ママ」になってます。作者のミスなんですかね?

5 2人でショッピング?

“お兄ちゃんの日”に兄と二人でキャンプに行くことになった衛が、キャンプ用品を揃えるために、ショッピングに出掛けるお話。

兄とのキャンプに思いを巡らせ、一人で大はしゃぎしている衛を見ていると、衛もやっぱりシスプリの妹だなぁと思いました。

ショッピングには一人で出掛けるのですが、偶然居合わせた兄と一緒にショッピングすることに。
タイトルに?マークがついているのは、そういうことですね。

6 キャンプへ行こう!

兄と二人で行ったキャンプのお話。

二人で釣りや水切りをするところまでは順調だったのですが、カレー作りは衛が大失敗。
運動は得意な衛ですが、料理は全然ダメなようです。

7 サッカーをやるときは……

リピュアの衛のキャラクターズパートの元になったお話。

サッカーで失敗したのと、男の子たちにもうちょっと女の子らしくしてればいいのにと陰口を叩かれたことで、衛は落ち込んでしまうのですが、そこに現れた兄の対応が良かったです。

「あにぃは……ボクがもっと女の子らしい方が……好き?」


そしたらあにぃは……ホントに突然の質問だったのに……なにバカなこと言ってるんだって笑って、「どんな時も、そのままの衛でいいんだよ」って……言ってくれたんだ。

両親を含め、周りからは女の子らしくしなさいと言われるなか、兄だけは当然のように衛のことを肯定して、そのままでいいと言ってくれる。
そりゃぁ、衛だって兄のことを大好きになりますよね。

原作の兄は、妹達が好きになるだけの格好良さや優しさを持ち合わせているのが良いですね。

まとめ

萌えとシリアスのバランスが取れていて、挿絵も良いのが多いという、衛好きにはたまらない内容です。
衛好きなら絶対に読むべし!