鳴海 兎亜 『ワガママハイスペックOC』(ぐーたら系・毒舌、傍若無人、ヤキモチ妬き)

作品情報

ブランド:まどそふと 作品ページ

【ワガママハイスペックOC】応援中!

2017年8月25日発売。

『ワガママハイスペック』のファンディスク。
前作ヒロインのアフターストーリーや前作サブヒロインたちのルートストーリーが楽しめます。

詳しい内容については公式サイトのポイント参照。

システム

ウインドウサイズは1280*720のワイド。
システム設定は一通りのものは揃っていて特に問題なし。


お気に入りのボイスを登録出来る機能も前作に引き続き完備。
……ちょっと違うのが混じってるけど、気にしないでね(笑)

システムは前作と一緒なので、これ以上は書くことなし。

妹について

名前 年齢
鳴海 兎亜(なるみ とあ) 兄の1つ下
一人称 兄呼称
わたし お兄ちゃん
身長 体重 スリーサイズ
不明 不明 不明
CV 原画
小松アン(安玖深 音) 宇都宮つみれ
シナリオ 備考
もじゃすびい・にっし~・椿また 他 誕生日は12月3日、好きな食べ物はイモ

桜翠学園1年生。
生徒会の会計担当。

無気力でぐーたらな性格。
プログラムが得意で、暇つぶしで作ったアプリで大金を稼いでいる。

兄のことを慕ってはいるが、表面上の態度はわりと冷たい。
兄を奴隷呼ばわりして、家事や買い物などを色々とやらせている。

兎亜の実義については前作通りで実妹
ファンディスクで実義がひっくり返るなどというクソオチはありません。

今回の兎亜は、上から目線な言動が多く、傍若無人ぶりが目立つのが気になりました。

兎亜のCG枚数は11枚。
内訳はイベントCG2枚にSD絵1枚、HCG8枚。
相変わらずどのCGも可愛いです。
きぐるみを着て、兄の上に跨がるCGがお気に入り。

兄について

主人公。
桜翠学園2年3組所属の学生。
生徒会に所属して、雑用をこなしているだけでなく、『いもさらだ』というペンネームで週刊マンガの原作担当もしている。

学校の成績は、現国がトップクラスである以外は普通。
性格は真面目すぎず、不真面目すぎずで、漫画の原作担当をしているところ以外は、エロゲでよくあるテンプレ主人公タイプ。

家族構成は両親と妹の四人家族……だったが、母親が新しい父親と結婚して子供も出来たため、自立して妹の兎亜と二人暮らしをしているという、なかなか複雑な家庭環境。
生活費に関しては、兎亜のアプリ開発と兄の漫画原作で稼いでいるので問題なし。

以前に定食屋でアルバイトをしていて、料理はそれなりに出来るため、家事はほとんど兄が担当している。

妹のことは大事にしていて、何かと世話を焼いている。

前作でも妹を甘やかし過ぎなところはありましたが、今回は更に酷くなっています。
兎亜のわがままの言いなりになるシーンが増えたせいで、前作に比べると、ややヘタれた印象を受けました。

シナリオ

ファンディスクなので、共通ルートは無し。


ゲームをスタートすると、7つのストーリーから好きなものを選んでプレイ出来ます。

兎亜のアフターストーリーのボリュームは大体1時間半程度。

恋人になった後も関係は相変わらずの兄妹。
兎亜はぐーたらで口が悪く、何でも兄にやらせ、こき使う毎日。
兄もそんな兎亜を受け入れ、下僕のように兎亜に尽くす日々。

(ここからネタバレあります。未プレイの方はお気をつけ下さい)






兎亜アフターストーリーの大まかな流れは、
しかくん先生といもさらだ先生の容姿がちょっとした手違いでネットバレする。

ネットでカップル扱いされた兄とかおるこ先輩の関係にヤキモチを妬いた兎亜が、炎上騒ぎを起こし、兄が兎亜にお仕置きする。

兄の誕生日が近づき、兎亜が不審な行動を取り始める。

誕生日に兎亜が手編みのマフラーを兄にプレゼントする。

エピローグ

炎上騒ぎの件で、兄が兎亜にお仕置きするシーンは良かったですね。
今作ではヘタレな印象の強い兄ですが、このシーンではちゃんと兄らしく悪いことをした兎亜のことをしつけていましたし。
お仕置きのHシーンも喧嘩ックスっぽくて面白かったです。

普段は冷たい態度の兎亜ですが、Hの最中は素直で可愛いですね。

エピローグはびっくりするぐらい淡白。
「えっ? これで終わり?」と拍子抜けしました。





(ネタバレここまで)

他アフターストーリーの兎亜

どのキャラのストーリーでも兎亜の出番は結構あります。
他のヒロインと仲良くなったり付き合い出すと、大抵顔を出して、助けてくれたり引っ掻き回してくれたりと大活躍ですが、少し、でしゃばりすぎな印象。

特に、縁先生のアフターストーリーで、未尋と一緒に縁先生をいびりまくる兎亜はやり過ぎ感あって、普通に引きました。脅迫にスタンガンは、さすがにヤキモチが可愛いというレベルでは……。

親バレ、周りバレ

前作と特に変わりないので省略。

禁忌、背徳描写

前作と特に変わりないので省略。

エッチ

兎亜のHシーン数は4つ。

前作と同じく、卑語は伏せ字で隠し、音声は無音で薄消しするタイプ。
モザイクはやたら薄かった前作より、濃くなっているのが残念ですが、CGは相変わらずエロいです。アヌスはモザイク無し。

Hシーンの内容は、
お仕置き愛撫→後背位
きぐるみで手コキ→座位
制服姿でフェラ→後背位
裸リボンで69→騎乗位。

出す場所は、中か外を選択するタイプ。

兎亜を含め、OCでは全体的にH描写がねっとりと濃くなっていて、かなり使えるようになっています。
ここは前作からハッキリとパワーアップしていて(モザイク以外)、まどそふとの力の入れ具合がうかがえます。

特典について

今回はげっちゅ屋で購入しました。

まずは通常予約キャンペーンでもらえる「うさ耳メイド兎亜ちゃんの「妹のおっぱいに興味しんしんとか意味わかんない……」色紙」の紹介。(いつものようにモザイク掛けてますが、実物はどれもモザイクはないです)




「妹のおっぱいに興味しんしんとか意味わかんない……」とか意味わかんないですよね。
兄が妹のおっぱいに興味あるのは当たり前。
興味ないとか言ってるやつは、ツンデレかムッツリの嘘つき野郎と見て間違いないです。

げっちゅ屋特典「描き下ろし鳴海兎亜の抱き枕カバー」


表面





色々拡大。
ちなみにスジは汗で隠されてて見えないです。



裏面。





色々拡大。
こちらもスジは汗で隠されてて見えないです。


足元。スカートの三つの楕円の柄が顔に見えてちょっと怖い。




この抱き枕カバーの絵、爪がすごく可愛いと思うんですが、伝わりますかね?


ここからはげっちゅ屋特典の録り下ろしドラマCD「妹はすっかり発情してしまいました」の感想。

<あらすじ> ――最近、お兄ちゃんがあまり構ってくれない気がする。
お兄ちゃんのくせに生意気だとご立腹な兎亜は、海外から取り寄せた超強力媚薬で懲らしめてやることに。
早速コーヒーに媚薬を仕込むが、ちょっとした手違いで媚薬入りコーヒーを兎亜が飲んでしまい……。


登場ヒロイン:鳴海 兎亜(CV:小松 アン)

トラックは1つで、長さは23分39秒。
序盤は、あらすじの通り。
媚薬入りのコーヒーを飲んでしまった兎亜は、すっかり発情してしまいます。

お兄ちゃんに抱っこされて、キスやなでなでをされた兎亜は出来上がってしまい、こらしめるという名目でお兄ちゃんにフェラを始めます。
その後は当然セックスに突入し、中出し。
最後は、薬が切れて元に戻った兎亜に怒られておしまい。

中盤ぐらいまでは強がってツンツンですが、後半になると素直になって、お兄ちゃんに対しての独占欲やヤキモチを告白し始めます。
射精管理や妊娠しちゃう、お兄ちゃんの赤ちゃん産んであげるなんて台詞も出てきてグッド。

20分以上アグミオンボイスを堪能出来る良いCDでした。

他にもトートバッグや未尋の色紙とかありましたが、妹じゃないので省略

まとめ

うーん……悪くはないんだけど物足りないというのが正直なところ。

兄妹の関係が恋人になっても特に変わらないというのはいいんですが、あまりに変わらなすぎて物足りないです。
親との決着をつけるとか、Hシーンで妊娠や子供について触れてたのだから、エピローグで子供が出来るとかそういう変化が欲しかったですね。
終わってみれば、結局無印の頃と何も変わってないですし。

何だかんだ言っても兎亜は可愛かったですし、Hシーンもパワーアップしてるなど良いところもありますが、期待してたほどの出来ではなかったかなぁ……。

シナリオの出来としては、

奏恋>鷹司さん>>>未尋>兎亜>>>>>越えられない壁>>>縁先生>アーシェ>>>>かおるこ先輩

……という感じで、兎亜はせいぜい4番目というところですからね。
奏恋と鷹司さんのルートの出来は、他のキャラに比べて明らかに頭一つ抜けていました。

FDとしては無難な出来だが、それ以上ではなかった。
お気に入り度(10点満点) 9

別のキャラのレビューを読む