『妹とラブる!』『もっと!妹とラブる!!』の感想

内容

友人達から次々に聞かされる
恋バナラッシュに焦った直希は、
妹である雪花と月花から、
女の子にモテるためのレクチャーを受けることに!
手取り足取りの密着レッスンで兄の理性&股間は大沸騰!
さらに妹たちの弱点を刺激して逆にメロメロにもしちゃったり★


小柄で人懐っこい雪花は直希に密着して
女の子の接し方を教えてくれたり、
一見クールながらデレるとすごい月花も
弱点を狙い撃ちでもうアヘっちゃう★
二人の妹とのエッチまみれのレクチャーは学校内でも!
調理室で体育倉庫でラブジュース散らしながら乱れちゃいます!

上記はAmazonの内容紹介より転載。
18禁のエロラノベです。
全2巻。

妹について

雪花


主人公の上の妹。
名前は宝條 雪花(ほうじょう ゆきか)。
陽宮(ひのみや)学園1年生で、兄の2つ下。
学校の成績は学年1位になるほど良い。

一人称は「あたし」
兄呼称は「お兄ちゃん」「おにいちゃん」
背は低めで、童顔、胸も小さめ。
性格は無垢で、昔から兄に懐いていて、今も慕ってくれている可愛い妹。
おもらし有り。

実の妹という表現があるので実妹は確定。

月花


主人公の下の妹。
名前は宝條 月花(ほうじょう つきか)。
陽宮(ひのみや)学園1年生で、兄の3つ下。
姉の雪花とは約1歳違いだが、誕生日の関係で学年は同じ。
バスケ部に所属していて、1年生でエース。

一人称は「わたし」
兄呼称は「兄さん」
黒髪ロングのポニーテール。
姉と違い大人びた容姿で、背も高くスラっとしたモデル体型で胸も大きい。
クールな性格で、兄に対しても冷たいが本当は……。

兄について

主人公。
名前は宝條 直希(ほうじょう なおき)。
高校3年生。

家族構成は両親と妹2人の5人家族。

優秀な妹たちに比べると平凡。
上の妹である雪花とは仲がよいが、下の妹である月花とは距離がある。
年頃の男子らしく、彼女が欲しいと思っているが……。

感想

複数妹モノ。
友人に彼女がどんどん出来ていき、焦りを感じた主人公が、妹にモテるための秘訣や女子への接し方について教えてもらおうとしたのがきっかけで、姉妹とHすることになるお話。

言葉巧みに兄を誘惑してくる雪花がエロいですね。
兄はもちろん相手は妹だからと拒もうとするのですが、ちょっとずつ兄の抵抗を崩していき、キス→愛撫→セックスと持ち込む小悪魔ぶりと、そのセックスを月花に目撃されたシーンはゾクゾクしました。

けど、この作品が面白かったのは、この後月花とHするまでですね。
クールビューティーだと思っていた月花の豹変ぶりが極端すぎて、冷めてしまいました。

姉妹とHした後は、二人とデートしたりHしたり、二人の妹のどっちを選ぶか兄が悩んだり、雪花の友達の葵ちゃんに告白されたりという感じで進んでいくのですが、普通すぎてあんまり面白くないです。

とどめは1巻のラストの展開ですね。
葵ちゃんの告白は好きな人がいるからとちゃんと断った兄ですが、好きな人が妹と知った葵ちゃんが諦めきれずに自分も妹になると言い出して、兄をお兄様と呼んで迫ってくるんですね。
ここで兄がきっぱり断ってくれればいいんですが、妹が好きという事情を知られた弱みもあり、邪険に出来ず受け入れることに。

続編である『もっと!妹とラブる!!』では、葵ちゃんを含めた妹3人でイチャラブすることになるのですが、偽妹である葵ちゃんは、そもそも妹じゃないし、それを受け入れる兄や妹たちもなんだかなぁって感じで、全然楽しめませんでした。

実妹二人の怒りを買う結果になってしまいそうだが、しばらくは葵に――言い方は悪いが防波堤、あるいは目眩ましになってもらうという考えが浮かんだ。
(略)
今後、学校で妹たちとベタベタしすぎて、変な噂が立ってはまずい。それを未然に防ぐためにも、二人とは少し距離を置いて、葵と親しくする姿を見せつけるのだ。うまく周囲が葵を直希の恋人と思ってくれれば、禁忌の関係がバレる危険も減ってくれるはず。

このお兄ちゃん最低だな……。
これに納得して協力しちゃう葵ちゃんが、都合の良い女過ぎて見てられない。

実妹二人の方も、葵ちゃんと仲良くする兄を見て嫉妬するのはいいんですが、兄にHなことされるとすぐふにゃっとなっちゃって簡単に許しちゃうし、この作品は女の子たちが都合良すぎるのが、僕には合わなかったです。

あと、苦手なアナルセックスもあるんですが、この作品も喘ぎ声がやっぱり酷い。

「んぐぉぉぉぉっ、おぼっ、おぐっ、んんぉぉぉっっ! あひっ、いひはぁっ!」


「んもぉぉぉっ、おひっっ、おひぃぃっ、ひゃあぁぁっっ! んもっ、もぃっ、いぐっっ……まらイクッッ、いぐのぉぉっ、おにいっ、ひゃあぁぁっっ♥」


「んぐあおぉぉぉぉっっっ! んぉふぅぅぅっっ、ふぐっっ、んぃぃぃいっっっ……いふぅぅっっ、いぐっ、あんんんぅぅぅっっ! いぐっ、いっぐぅぅぅっっっ!」

僕には理解できないんですが、他の人は、こういった下品な喘ぎ声で興奮したり、燃えたりするものなんでしょうか?
兄妹モノの兄は、「兄なんだから妹の全てを受け入れてやる」みたいな台詞を言ったりしますが、僕はどう頑張ってもこういった境地には達せる気がしません……。

まとめ

微妙でしたね……。
妹二人だけが相手なら、内容が面白くなくてもまだ許せたんですが、偽妹の葵ちゃんが普通に妹として受け入れられてる時点で、僕には無理です。

やっぱりお兄ちゃんには妹以外とHして欲しくないなぁというのが、僕の偽らざる本音。
妹以外の女の子と喜んでHしているお兄ちゃんも、それを受け入れる妹も見たくないです……。