『家の妹』体験版の感想

作品情報

タイトル:家(うち)の妹
ブランド:Argonauts 作品ページ
ジャンル:「おかえり」と迎えてくれる妹がいる同棲ADV
発売日:2018年11月30日発売予定
販売価格:抱き枕カバー付き豪華限定版:12,800円(税別)、パッケージ版:2,600円(税別)、ダウンロード版:2,400円(税別)

この作品はうちカノシリーズの二作目で、僕は前作の『家(うち)の彼女』は未プレイです。

あらすじ

公式サイトのストーリー参照

体験版の内容

体験版のサイズは623MB。
プレイ時間は1時間半ほど。

体験版は一人暮らしの主人公のところに、妹の理帆が遊びに来ているところから始まります。
その後、兄妹の母親がノロにかかってしまい、感染を防ぐために理帆が主人公の家に2、3週間ほど住むことに。
そこからしばらく二人だけの生活が始まり、そろそろ二人暮らしも終了というところで終わり。
最後までプレイしてから、もう一度最初から始めるとHシーンが見られるようになります。

システム

画面サイズは1920*1080のワイド画面。

システムは必要なものは大体揃っていますが、ウインドウサイズの変更が出来ないのが痛い。僕の使っている1920*1080のディスプレイでは、ほぼ全画面になってしまい、記事を書きながらプレイするのが面倒でした。

右クリックでウインドウ消去がメッセージウインドウ上じゃないと効かないのは、ちょっとわかりづらかったです。
メッセージ速度が初期設定で最速になってるのは、地味にありがたいですね。

妹視点有り。
ボイスの途中で立ち絵が切り替わるのは珍しくないですが、CGの差分まで変化するのは初めて見た気がします。
サブキャラの立ち絵は『かまいたちの夜』のようなシルエット表示でボイスも無し
低価格作品なんだから、こういうところの予算や手間はガンガン削っていいと個人的には思いますね。

妹について

名前 年齢
橘木 理帆(たちばなき りほ) 兄の4つか5つ下の高◯3年生
一人称 兄呼称
お兄ちゃん、おに~ちゃん、おにーちゃん
身長 体重 スリーサイズ
156cm 不明 84/54/86
CV 原画 シナリオ
奏雨 やまかぜ嵐、桜坂つちゆ(SDキャラクター) 木葉
備考
特に無し

学園の3年生。
部活はバスケ部で部長だったが、今は部長の引き継ぎも終わり、引退している。

外ではしっかり者で通っているが、家にいる時は素で飾ったりしないので、ちょっとだらしなく、家事なども全然出来ない。
兄とはベッドで一緒に寝たりするぐらい仲が良い。

理帆の実義は体験版に実の兄妹という表現があったので、実妹で問題ないと思います。

兄について

主人公。
社会人1年生。

家族構成は両親と妹の4人家族。
一人暮らしをしていたところに、妹の理帆がやってきて、二人で住むことに。

性格は特に癖のない、よくあるエロゲ主人公。
半年とはいえ、一人暮らしをしていたので、一通りの家事は出来る。
妹に対しては、ちょっと心配性で過保護なところがあるが、優しい良い兄。
女心にはかなり鈍感。
CGで顔出ししていますが、やや童顔でかわいい感じの顔でした。

Hシーンについて

妹とは既にHしたことある状態。
妹のアソコに傷がついていないか確かめる最中に理帆が指でイッてしまい、そのまま後ろから挿入。
連発有りで1回目は中出し、2回目に出す場所は中、外選択有り。

絵はエロいですが、尺や描写はそこそこ。
卑語は伏せ字有りで、無音で消すタイプ。(おま◯こではなく、おま☓こと伏せるので、最初見た時は違和感ありました)
アヌスはモザイク無し。
バックグラウンドボイスと射精カウンター有り。
声優さんの喘ぎ声がちょっと棒な感じなのが、気になりました。

まとめ

うーん……妹は可愛いし、リアルな兄妹描写は悪くないんですが、ちょっとインパクトが弱いですね。
体験版は、ほぼ兄妹の日常描写だけで終わってしまいましたし、兄も理帆もキャラに癖が無さすぎる。
一応、伏線らしきものも張ってありましたが、正直特に気にならないし「続きが読みたい!」という気持ちになるほどでもなかったです。

思っていたよりは微妙な感じでしたが、まぁ、低価格ソフトですし、外してもそんなに痛くはないので、一応購入ということで。