9-nine- ドラマCD『天と翔の白蛇九十九神社夏祭り!!』の感想


コミックマーケット94及び公式通販で販売されていたドラマCD『天と翔の白蛇九十九神社夏祭り!!』の感想です。
僕はコミケに行けなかったので、公式通販で購入しました。

内容と感想

トラックは3つ 収録時間は計38分9秒とやや短め。エロはなし。

01.目指すは悪代官! よいではないか~ 13分20秒
02.白巳津川のお祭り男とは俺のことさ 16分46秒
03.線香花火のように儚げに  8分3秒

トラック1は夏祭りに行く前のお話。
時代劇で悪代官がやるあーれーっていう帯回しを天がやりたいと言い出し、兄が付き合うという内容。兄妹の掛け合いの面白さは相変わらずで、天のボケとツッコミが冴えまくっています。

トラック2は浴衣の着付けを手伝ってくれた都と一緒に3人でお祭りを満喫するお話。
都もいるので、天のテンションはやや落ち着き気味ですが、逆に兄のテンションは高め。兄妹の仲の良さを都に指摘されて照れる天が可愛かったです。

トラック3はお祭りを満喫した後の帰り道。
都は先に帰ったので兄妹二人だけで花火をやることに。
最後はお互いちょっとデレて、兄妹仲良く家路につくところで終わり。

ぶっちゃけドラマCDってあんまり面白くないのがほとんどなんですが、これは本当に面白かったです。
エロゲによくあるドラマCDと違い、主人公である兄もボイス有りなので、掛け合いのテンポが非常に良い。この兄妹の掛け合いは、本当に楽しくて良いですね。
2500円とやや高かったですが、ジャケットは描き下ろしですし、満足しました。