友里 円 『絶対★妹至上主義!!』(真面目系・お説教、言葉責め)

作品情報

タイトル:絶対★妹至上主義!!
ブランド:脳内彼女 作品ページ
ジャンル:妹によるHなイタズラ満載AVG
発売日:2007年1月26日
販売価格:8,800円(税別)

あらすじ

作品ページのSTORY参照。

妹について

名前 年齢
友里 円(ともさと まどか) 兄の2つ下
一人称 兄呼称
兄さん、お兄ちゃん
身長 体重 スリーサイズ
145cm 40kg B69/W51/H68
CV 原画 シナリオ
カンザキカナリ 結城しん、遊月ことな 蒼夜、結月、影花
備考
複数妹

主人公の実妹
友里家の5女。

性格は真面目でしっかり者。
非常に頭が良く、特待生として全寮制の有名学園に入学するほど。
将来は東大に入って官僚になり国家の中心になるという目標を持っている。

だらしない兄と姉の代わりに家を取り仕切っていて、よくケンカをする二人にお説教をしている。
姉の湊やゆかりに比べ、胸が小さいのを気にしている。

兄について

主人公。
学生。

性格は基本的には普通のエロゲ主人公。
妹達には押され気味で、兄としての威厳が保てないと悩んでいる。
妹達に迫られると抵抗できず流されるままで、かなり情けない。

家族構成は両親と姉3人に自分、妹の湊と円+海音の9人家族。
両親は長期出張で家に居らず、姉3人は既に家を出ていてゲームには出てこない。

円の事はちょっと苦手。
自分と違いしっかり者の円には頭が上がらず、いつも説教されている。

シナリオ

主人公の友里信一は平凡な学生。
妹の「湊(みなと)」と二人でのんびりした春休みを過ごしていたある日、寮生活で家を離れていたもう一人の妹の「円(まどか)」が、父の亡くなった知人の娘だという「海音(あまね)」を連れて帰ってきた。

多少のいざこざはあったものの、結局妹として家に引き取る事になった海音。
しかし、その海音は実は信一を前世の恋人の生まれ変わりと慕う電波少女だった。
海音に強引に迫られ、そのまま関係を結んでしまう信一。

そして、それをきっかけに円、湊、更には隣に住む幼馴染であり信一を兄と慕う妹的存在の「ゆかり」までが信一に迫り始める。
妹達に次々と迫られ困った信一は、兄としてそんな状況を何とかしようと決心するのだが…。

ここまでが共通ルートで、大体1時間半ほどです。
共通ルートで兄が海音と関係を結んだ場面を目撃した円は、優柔不断で誘いを断りきれない兄に対して、オシオキと称してHなことをし始めます。
この時点では好意でするのではなく義務に近い感じ。

「あくぅ、ま、円……やめろ、俺たちは兄妹なんだぞ」
「それがどうだって言うんですか?」
「妹だからこそ、こうして兄さんの心配をしてあげてるんじゃないですか」
「それとも、海音とするのは良いのに、私とは嫌だと言うんですか?」

(ここからネタバレあります。未プレイの方はお気をつけ下さい)





円ルートに入ると、兄は兄の威厳を回復させる為に頼りがいのあるところを見せようと思い立つんですが、洗濯を下着漁りと誤解され罰として円の目の前でオナニーをさせられたり、海音の誘いに乗りそうになって円に怒られたりと、うまくいきません。

「ふふっ、男って単純……」
「兄さんは本当に変態ですね。どうしようもない男です」
「感じてる時や、射精してる時の兄さんの顔、可愛かったですよ」

円は「私が兄さんの性欲を解消してあげれば、兄さんは海音の誘いも断れるようになるし、妹達を女性として見ることもなくなりしっかりする」というかなり無理のある理屈で、兄に抱かれようとします。妹の初めてを兄がするわけには…と躊躇する兄ですが、円に挑発されて結局は抱くことに。
これをきっかけに兄は円のことを女性として意識し始めるようになります。

一方、湊は円の弱みを握ろうとして見てしまった日記によって、円の兄に対する気持ちを悟り、素直になれない円と兄の仲を取り持つために協力することに。湊は、「昔は大人しくて甘えたがりで素直だった円がなぜ変わってしまったのか」を確かめるために、兄、海音、ゆかりと協力して円の精神を海音の催眠術で昔に戻し、原因を探ることにします。
催眠術は成功し、円は兄をお兄ちゃんと呼んで慕ってた頃に戻って兄に甘え始めます。そして、円が変わったのは「しっかり者になれば兄が結婚してくれると約束してくれたから」ということも判明します。

円の想いを知った女性陣は、複雑な気持ちに。
兄の方も円が自分のことを本気で好きかもしれないと知って、どうすればいいのか? 自分の円に対する気持ちは兄としてなのか、それとも恋愛感情なのか? と悩みはじめます。

円の方は一晩経って元に戻るんですが、催眠で昔を思い出した影響なのか今までと違いしおらしくなり、いつものような強気な態度が取れなくなってしまいます。

そんな態度を湊に恋だと指摘された円は、兄と妹でそんなことが許されるはずがないと自分の気持ちを抑え、兄と距離を取ることに。その後、ゆかりと兄が抱き合ってるところを見てしまった円はショックを受け、部屋に篭もります。誤解を解こうと部屋にやってきた湊に本心をぶつける円。

ゆかりになら兄を任せられると思っていたのがそうじゃなかったこと。
兄の事が好きだと自覚してしまったこと。
社会の決まりを破ってまで兄との恋を貫く勇気が無いこと。

皆に迷惑はかけられないと思いつめて、家を出て行こうとする円を優しく慰める湊。
ここは円ルートで一番好きなシーンです。

その後、ぎくしゃくした二人は湊の手助けでお互いの気持ちを確かめあい、身も心も結ばれることになりEDへ。
素直になった円は本当に可愛いです。




(ネタバレここまで)

親バレ、周りバレ

ネタバレなので隠します。構わない人は反転して読んでください。
親バレは無し。湊、ゆかりは二人の気持ちを知って身を引いて応援しますが、海音だけはEDでもまだ諦めてはいない様子。EDで兄の学校に飛び級編入してきた円が、クラスの皆に堂々と彼女だと宣言するシーンがありますが、ドタバタな感じで明るく終わります。

禁忌、背徳描写

兄妹で好きになることに悩むシーンはありますが、それほど深刻な感じはしません。
それなりにある程度です。

まとめ

シナリオがいいですね。

円は最初は堅物な印象だったんですが、話が進むにつれてどんどん可愛くなっていきました。
子供の頃の思い出や兄を好きになった理由、お風呂でバッタリなど、妹モノの基本も押さえてますし、効果的なキスシーンの使い方も上手い。エッチの描写がわりと濃い目なのも嬉しかったです。

二人だけでなく、周りの人たちも上手くシナリオに絡んで来るのも良かったですね。特に湊の活躍は、円シナリオを盛り上げるのに欠かせないものでした。
兄妹だけでなく、姉妹の絆も感じさせる作品というのは、なかなか見当たりません。『シスターまじっく!』もそうでしたが、このメーカーの作品は複数妹という設定を上手く使っているので好きです。

初めてのキスシーンは萌えた
お気に入り度(10点満点) 10

別のキャラのレビューを読む