白咲 ひな 『SuGirly Wish HD RenewalEdition』(お兄ちゃん大好き系・おバカ、甘えん坊、健気、恥ずかしがり屋)

作品情報

タイトル:SuGirly Wish HD RenewalEdition
ブランド:HOOK 作品ページ
ジャンル:ときめきロマンティック学園ラブコメADV
発売日:2017年8月4日(原作は2011年9月30日発売)
販売価格:7,300円(税別)(ダウンロード専用)

あらすじ

公式サイトのIntroduction参照。

システム

クリックで読み進めていき、選択肢で攻略ヒロインが分岐する、一般的なエロゲ。
プレイ時間は共通ルートが3時間、個別ルート3時間ぐらいだと思います。

ウインドウサイズは1280*720のワイド。
システム設定は一通りのものは揃っているんですが、次の選択肢までジャンプ機能が無いのが辛い。
スキップ自体は速いんですが、共通がわりと長いので、飛ばすのに結構時間がかかります。

システム設定にヒロインアシスト(システム音声)という機能があります。
当然ひな一択ですね。(うるさくても愛でカバー)

ガーリートーキングという名前のヒロイン視点有り。
ヒロインの可愛い本音は破壊力が高く、ニヤニヤ出来ます。

リニューアル版の変更点

公式ページ参照

妹について

名前 年齢
白咲 ひな(しろさき ひな) 兄の1つ下
一人称 兄呼称
ひな お兄ちゃん、おにいちゃん、お兄様
身長 体重 スリーサイズ
149cm 不明 80/53/80
CV 原画 シナリオ
青葉りんご らっこ、桜はんぺん はね、モーリー、EDEN'S NOTES(桑原文彦雨野智晴)
備考
1月24日生まれ(みずがめ座)、B型

www.youtube.com
主人公の妹。
聖陽(せいよう)学園一年生。
ゲーム開始時に兄を追って入学してくる。

とにかくお兄ちゃん大好きな妹で、兄と恋人になりたいと本気で思っていて、猛烈なアタックを仕掛けてくる。
兄を手に入れるための奇行も目立ち、兄に苦労を掛けまくるが、ちゃんと説明して話せば素直に聞いてくれる。

お兄ちゃんレーダーで兄の気配を察知することが出来る、得意科目はお兄ちゃん哲学とお兄ちゃん生態学とお兄ちゃん保険体いく、ヘアピンで部屋の鍵を開けることが出来る、神出鬼没で音もなく部屋に入ってくるなど、ちょっと危険な能力を持っていて目が離せない。

攻撃力はめっぽう高いが、反面防御力は非常に弱く、兄の方から迫られるとすぐに恥ずかしがる可愛い一面も。
兄と同じ学校に入るために猛勉強し、入試でトップの成績を取るなど、努力家でもある。

ひなの実義については、公式ページ実妹と紹介されてますし、作中にも実の妹という表記があるので、実妹は確定。

ひなのCG枚数は18枚。
内訳はイベントCG10枚に、HCG8枚。
添い寝裸シーツCGと大聖堂でお祈りするCGがお気に入り。

「待たせたなお兄ちゃん! この学園で、ひなはお兄ちゃんを手に入れますっ!」


「初めまして、妹ぷらす新妻の、白咲ひなです!」


「ひな……ホントに……お兄ちゃんのことが好きなの……お兄ちゃんの一番になりたい……ずっとずっと……一緒に……いて?」

兄について

主人公。
聖陽(せいよう)学園二年生。
寮生活をしていて、寮長を務めている。

家族構成は両親と妹のひなの4人家族。
兄妹は二人とも寮生活をしており、普段は親と離れて暮らしているが、休みの日などは帰省している。

口では文句言いつつも、妹には甘いツンデレシスコンお兄ちゃん。
妹のことは手のかかる妹だと思っていて持て余し気味だが、面倒見はいい。
ひなが悪いことをした時はちゃんと兄として厳しく接するし、叱ったあとはちゃんとアフターフォローをするなど、非常に良い兄です。
というか、あの妹の面倒をちゃんと見てる時点で凄い。

(……俺、保護者やれるのかな。いや、しっかりしないと駄目だ。俺はひなにとって、兄であり先輩、見本とならんと)


「他の誰がなんて言っても関係ない。ひなは可愛い。それは、俺が……お兄ちゃんが保証してやる」


「ずっとひなの側にいる。どんなことがあってもひなの側から離れない。辛いときや苦しいときも、ひなを――ひなとその子供を支えてやる」

シナリオ

物語は春休みの自宅前からスタート。
二年生に進級することになり、寮の部屋の引っ越しに向かうところから始まります。
妹のひなと別れ、幼馴染の愛(めぐみ)と共に寮での引っ越し作業をしたり、ひなが入寮してきた後は、寮長として寮生の面倒を見たり、入学式のスピーチでひながやらかしたりという感じで進んで行きます。

共通ルートでのひなの出番は多めで、出てくるたびに騒ぎを巻き起こしてくれます。
兄とひなのやり取りは漫才みたいで面白いですが、人によってはひなをウザく感じるかも……。
かなり人を選ぶ妹だと思うので、苦手そうだと感じた人は、出来れば一度体験版をプレイして様子を見たほうが良いと思います。
『星空のメモリア』の千波が受け入れられるような人なら、まず大丈夫だと思いますが。

(ここからネタバレあります。未プレイの方はお気をつけ下さい)






ひなルートでも、相変わらず兄にアタックを仕掛け続けるひな。
兄はいつも通り適当にあしらっていたのですが、そんなある日、親友のゴートがひなに気があると言うのを聞いた辺りから、ひなを意識し始めます。
ひなの匂いがついた布団のおかげで眠れなくなったり、追いかけっこの時に事故で布団に押し倒してしまったり、ひなのいつになく真面目な告白に動揺したり、おやすみなさいのちゅーを迫られたりと、ひなをどんどん意識していく兄。
しかし、ひなのことが気にはなるものの、相手は実の妹ということで自制してしまい、関係は進みません。

ひなの方も、今のままでは兄が自分を妹としてしか見てくれないことに気づき、寮のみんなに相談して、やり方を変えることに。
一旦、兄と距離を置くことにし、礼拝堂で『大聖堂の百礼』というおまじないを始めます。
これは『深夜の大聖堂にロウソクを立てて、燃え尽きるまで祈りを捧げると願いが叶う』というもので、ひなはこれを毎晩毎晩、兄と両想いになるために睡眠時間を削りながら、一生懸命続けます。

ここからは詳しい説明は省きますが、兄の揺れ動く心情、ひなの健気さ、幼少時のひなが兄を好きになったきっかけ、実の兄妹ということによる葛藤などが、非常に丁寧に描かれています。
特にひなの告白シーンは、ひなの兄を好きだという気持ちがまっすぐに伝わってきて、本当に胸を打たれましたね。

告白後、二人は恋人になるのですが、妹で恋人というポイントもちゃんと抑えてますし、おはようのキスをし合ったり、デートしたりといったイチャラブに関する尺も充分あります。

終盤は結婚式。
二人だけの結婚式は挙げたものの、やはり本音ではウェディングドレスを着て、皆に祝福されたいと願うひな。
兄はそんなひなのために、映画部の撮影を利用して、ちゃんとした結婚式を用意します。
このシーンが思ったより尺が短かったのは残念ですが、幸せそうなひなの笑顔が見られたので良し。

エピローグもややご都合なところはありますが、綺麗に終わっています。





(ネタバレここまで)

親バレ、周りバレ

ネタバレなので隠します。構わない人は反転して読んでください。
ヒロインや親友たちは、ひなの想いを知って兄妹が両想いになれるように積極的に応援してくれます。二人の関係は学校にも広まって噂にもなりますが、多少の悪意はあっても深刻にはならないです。親バレはなし。

禁忌、背徳描写

両想いになるまではかなりあります。
兄もひなも兄妹で恋人というのが世間的に認められない関係だというのは理解していて、ひなの方はあまり気にしていないのですが、兄の方はかなり悩みます。
ただ、ひなと両想いになった後は、ちゃんと覚悟を決めて迷わないし、実際の障害のようなものはほとんどないので、付き合ってからの背徳感はあまりないです。

他ルートのひな

ひな目当てなら他のヒロインのルートをプレイする必要はまったくありません。
……というより、むしろプレイしないことを推奨します。

幼馴染の愛ルートではひなの出番が多めなんですが、完全に幼馴染の噛ませ。
空回りしながらお兄ちゃんに無謀なアタックを続けては、兄に返り討ちに合うひなが見てて辛い……。
愛も愛で、幼馴染であるひなの兄に対する気持ちを昔から知っているのに、それに対する配慮や遠慮は皆無で自分の恋愛のことしか考えていません。
しれっと兄と恋人になって、ひなのことは放置。(ひなはひなルートで愛のことを気遣ってくれたのに……)
ひなもいつの間にかフェードアウトしたと思ったら、EDでは何の説明もなく脳天気に二人を祝福しています。
ひなが好きな人は、不快になるだけなので絶対に読まないほうが良いです。

愛以外のシナリオもこれといって見せ場などなく、いつの間にか兄のことを諦めて、ヒロインとの仲を認めてくれます。
ひなルートの「ひなはお兄ちゃんだけは絶対に譲らないもん」という台詞はなんだったのか……。

まとめ

こういうおバカ系の妹は大好きです。

ひなは、とにかく一途なのがいいですね。
お兄ちゃんに対する気持ちは本物で、まっすぐに愛情をぶつけてくるのが、見てて気持ちいい。
やや行き過ぎな面もありますが、それも兄に対する愛情ゆえと思えば、微笑ましく感じられます。
ひなルートに入ってシリアスに入り始めた辺りのひなは、今までとのギャップもあって、非常に健気で可愛く感じました。

ひなの奇行に戸惑いながらも、最終的にはそんなひなを受け入れる兄の器の大きさも、グッド。
ひなと恋人になってからの兄は、本当にブレなくて格好良いです。

とにかく、ひなのあの性格を受け入れられるかどうかが分水嶺
それさえ大丈夫なら、問題はないと思います。

ひなの兄に対するまっすぐさは筋金入り。どんと受け入れましょう
お気に入り度(10点満点) 10

別のキャラのレビューを読む

おまけ

jitsumai.hatenablog.com
僕がプレイした際のTwitterでの呟きを別記事にまとめました。
良かったら参考にしてみてください。