『ビンカン最強! ふたごシスターズ』の感想

作品情報

ビンカン最強! ふたごシスターズ

ビンカン最強! ふたごシスターズ

「お兄ちゃん!
「にーさま! 妊娠確定Hして下さい!」」
 仲良く声を揃えて、お尻を並べて、秘唇を
くぱぁっと広げて、中出しをせがんでくる、
双子シスターズ。
 女神様のイタズラで発情ボディにされてし
まった妹たちへ……兄の理性はもう限界!
 夏穂と秋穂を代わる代わる貫いて、何度も
何度も注いでしまう!
「お兄ちゃん、夏穂のなかでたくさん射精し
て、種付けしてね」「ずるいです……秋穂に
は、ねーさまよりいっぱい出してください」

上記はAmazonの内容紹介より転載。
18禁のエロラノベです。
全1巻。

文体は三人称で妹たちの視点もあり。
卑語は✕で伏せるタイプ。

妹たちについて

夏穂


名前は四季神 夏穂(しきがみ かほ)。
主人公の妹。
秋穂とは双子で姉の方。
兄の1つ下で、高校2年生。
兄から引き継いだ生徒会長を務めている。

一人称は「あたし」
兄呼称は「お兄ちゃん」「おにいちゃん」

髪型はポニーテールで勝ち気な性格。
胸はE~Fカップ

小学生の頃から兄のことを男の人として大好きで、えっちして欲しいと願っている。
妹の秋穂のことは大好きで仲も良いが、お互い相手に対してコンプレックスを抱えているので、兄に関しては対抗意識を燃やしている。

秋穂


名前は四季神 秋穂(しきがみ あきほ)。
主人公の妹。
夏穂とは双子で妹の方。
兄の1つ下で、高校2年生。
生徒会副会長を務めている。

一人称は「私」
兄呼称は「にーさま」

髪型はロングで性格はのんびり屋。
胸のサイズは姉と同じ。

姉と同じく、小学生の頃から兄のことを男の人として大好き。
夏穂のことは好きで仲も良いが、自分とは違い活発な姉に対してコンプレックスを抱えており、姉への対抗意識から兄とのHにも積極的。

実の兄妹という表現があるので、妹たちが実妹なのは確定。

兄について


主人公。
名前は四季神 颯太(しきがみ そうた)。
高校3年生。
元生徒会長。

家族構成は両親と妹2人の5人家族。
マンションで家族揃って暮らしていたが、物語開始時に両親は仕事の都合で海外に行ってしまう。

妹たちのことは大好きで可愛がっているが、最近妹たちのアプローチが激しくなってきて困っている。

感想

冒頭で両親が海外に行ってしまい、このままでは可愛い妹に手をだしてしまいそうだと神社の神様である四季神姫命に相談する兄。
四季神姫命は、面白半分で妹たちにマゾの快楽が目覚めるまでビンカンになってしまう呪いを掛け、兄は妹たちの性感帯を目覚めさせる身体にさせられてしまいます。

恋愛の神様であり、SMの神様でもある四季神姫命からSM教本とSMグッズをもらった兄妹は、神様の命令でSMエッチをすることに。元から兄のことが好きだった姉妹はノリノリですが、兄は戸惑い気味。

この後はお約束の展開で妹たちとのHが続くんですが、妹たちの性欲が強すぎて痴女っぽく、読んでてどうにも引いてしまいます。文章も微妙に日本語が怪しかったりして読みづらく、イマイチ作品に入り込めませんでした。

SMエッチといっても、ほとんどが普通のHですし、おもらしや、指マン、拘束オナニー、バイブをアソコに入れて走らせるなどライトなものばかりです。

まとめ

微妙ですね。
パッと見は悪くなさそうな感じですが、実際読んでみると面白くないです。

兄はあまり格好良くないし、神様は傍若無人でムカつくし、妹は痴女っぽいしで、どのキャラも魅力が感じられなくて、感情移入しづらかったですね。

ラストは一応ハッピーエンドなんですが、兄妹は性欲のままにただHしてただけで、神様や母親が勝手にお膳立てしてくれるので、努力で得た幸せという感じがせず、素直に良かったなぁと思えませんでした。

残念ですが、この作品は僕には合わなかったです。