『わんでいずにゃんがーしすたー~中学2年生~』の感想

作品情報

シスコンブラコン猫耳兄妹漫画です。
猫耳な妹が落ち込んだりして髪を切って…
兄に可愛いと思われたい妹の話です。


続き物ではありません。


あとがきペーパー付き。


オフセット/ A5/ 44P

上記はBOOTHの商品説明文から転載。
「北海道COMITIA10」で頒布された「わんでいずにゃんがーしすたー」シリーズの同人誌です。
僕はBOOTHの通販で購入しました。

感想

今回は妹が中学2年生、兄が高校3年生の頃のお話。
髪が短い今のしまも可愛いですが、髪が長い頃のしまは清楚な感じが可愛いですね。


髪のお手入れで、ちゃんとブラシと櫛を使い分けているところ、


ラブラブ兄妹と言われて口では否定しながらも、髪をいじりながら照れてるところ、


「(髪ってこんなに)鬱陶しかったっけ」のモノローグで髪と自分を掛けてるところ、


お兄ちゃんがかわいいと言ったアイドルが出てきて、反射的にチャンネルを変えるところ、

「兄がしまの髪を見るのは毎回眼鏡を外した時」というのがラストの台詞に繋がるところなど、細かい描写が上手いなと感心しました。


兄の描写も、妹の分の紅茶が無いことに気付いて淹れてきてあげたり、


妹の髪に無頓着で鈍感と見せかけて、髪型を変えた妹の存在にすぐ気付いたり、


髪を変な風に切られて落ち込んでる妹のフォローをしたり、


妹の欲しい言葉をちゃんと掛けてあげたりと、無自覚イケメンなところがいいですね。

今回はわりとシリアスな話なんですが、ラストのしまの表情のおかげで読後感はさわやかでした。


あとがきペーパー。
お兄ちゃんのシスコンぶり(笑)
裏には1P漫画が掲載されています。
「それに――」に続く言葉は今回の話を読めば容易に想像つきますね。お兄ちゃんにかわいいって言われたのがよっぽど嬉しかったようです。


BOOTHでの購入の際に、BOOSTしたら付いてきたペーパー。
同封の兄妹プリクラ風イラストは、さすがにここに載せるわけにはいかないので割愛。

まとめ

毎回クオリティが高いこのシリーズですが、今回は特に心理描写に力が入っていましたね。

感想で書いたところ以外にも、ちょっとでも可愛く見えるように髪型の細かいところまでこだわるところ、兄の好みが短いほうが好きと知って悩むところ、毎朝苦労してセットしている髪なのに、兄にいつも通りと軽く言われてショックを受けるところなど、思春期な妹の女の子心理が丁寧に描かれてて、可愛かったです。

感想を書くに当たって、以前の同人誌も読み返してみたのですが、絵の方も初期に比べると格段に上手くなっていて、凄いなと思いました。