『アイコトバ』体験版の感想

作品情報

タイトル:アイコトバ
ブランド:あざらしそふと+1 作品ページ
ジャンル:マッチングアプリではじまる兄と妹の純愛AVG
発売日:2019年12月20日(金)発売予定
販売価格:パッケージ版3,800円(税別)、DL版3,800円(税込、DMM専売)

あらすじ

公式サイトのIntroduction参照。

体験版の内容

体験版のサイズは1GB。

プレイ時間は2時間ぐらい。

同僚に誘われて『アイコトバ』というSNSアプリをインストールする→夜空と相互フォロワーになり仲良くなる→仙台に出張することになり夜空と会うことに→夜空が妹の卯月と判明する→卯月と昔のように少しずつ仲良くなり、一緒に買い物に出かけることに→帰宅後、卯月が兄を想ってオナニーする→出張から帰る時期が決まり、離れ離れになる前にということで卯月が社宅に食事を作りに来る→そのままお泊りして一緒に寝ることになり、卯月が兄の頬にキスをする→お別れの日が近づき、プラネタリウムに一緒に出かける途中でまた卯月に頬にキスされる→卯月にお別れのキスを迫られ、頬にキスする→卯月の気持ちに応えなかったことで兄妹に溝が出来る→卯月の誕生日にプレゼントを渡す→大阪に帰った後、卯月からお別れのメッセージがくる→仕事でもう一度仙台に行くことになる、というところで体験版は終わり。

システム

画面サイズは1280*720のワイド画面。

システムは必要なものは揃っていて、特に問題なし。
クリックやスキップで視点変更のアイキャッチが飛ばせないのが、ちょっと気になりました。

体験版でのHシーンは、卯月のオナニーと夢で卯月に手コキされるシーンの2つ。
体験版に本番のHシーンはありません。

妹について

名前 年齢
木下 卯月(きのした うづき) 兄より一回りぐらい下の高◯生?
一人称 兄呼称
わたし お兄ちゃん、拓未お兄ちゃん、タクミさん
身長 体重 スリーサイズ
158cm 不明 86/55/87
CV 原画 シナリオ
実羽ゆうき おりょう ゴタンダケイスケ
備考
生き別れの妹

主人公の妹。
学生。

家庭の事情で母方の叔父、叔母の家で暮らしており、名字も兄とは違っている。
叔父、叔母との関係は良好で、特に問題はない。
感情豊かな性格で色々な表情を見せてくれる。

SNSでの名前は夜空。
離れて暮らしていた兄とは、お互い兄妹とは知らないまま偶然SNSで知り合う。
お兄ちゃん大好きなブラコンで、兄に対して恋愛感情を抱いている。


卯月の実義は体験版で何度も実の妹と出てくるのですが、兄妹が離れ離れにならなきゃいけなかった理由が不明なのがちょっと怪しい感じ。十中八九、実妹だとは思いますが……。

妹視点あり。

兄について

主人公。
社会人。
年齢は25歳ぐらい?

家族構成は妹との2人家族。
両親は7年前の災害で亡くなっている。

昔は仙台で家族と一緒に暮らしていたが、両親が亡くなったのを機に妹と離れ離れになり、父方の祖父母が住む大阪に引き取られることに。
現在は大学を卒業し、文房具会社勤務で営業を担当している。

真面目な性格で、仕事もそつなくこなすなど有能。
女性にはモテないが、卯月から見ると格好良いらしい。

卯月のことは妹として大事に思っているが、それ以上の感情も抱き始めており戸惑っている。

まとめ

これは良いですね。
生き別れの妹ですが、子供の頃の思い出話をしたり、言葉に出さなくても相手の言いたいことがわかったり、頭を撫でたり、兄妹で似ているところがあったりなど、兄妹描写は素晴らしいです。

妹の卯月は見た目が可愛い上に、性格は甘え上手で健気、家事もしっかり出来るなど、これで好きにならない人がいるの? っていうレベル。離れ離れだった兄妹が再会して仲良くなる描写や兄妹で好きになるのは良くないという葛藤や背徳感も、妹視点を交えて丁寧にテンポよく描かれており、体験版の時点では良作の予感しかしません。

……と、こんな感じで内容的には文句をつけようがないのですが、問題は妹の実義。
まず大丈夫だとは思うし、考えすぎだとは思うのですが、絶対安心という確信が持てないので、とりあえず様子見。
発売後に実義が確定したら、購入します。

後は、義妹でも大丈夫という人に任せた(笑)