『僕たちは繁殖をやめた』4巻の感想

この記事には作品の重大なネタバレがありますので、お気をつけください。

生き別れの“兄妹”は運命的に再会する。
ただの男女として──。
決して結ばれてはならない二人が織りなす
禁断純愛ラブストーリー!!


ミスコンに出場した瞳の宣伝効果で上映会は大成功! ところが、上映を
鑑賞した心&瞳の父親・孝太郎は、二人の距離の近さに疑念を抱く。
一方、二人の仲を嗅ぎ回っていたミスコン出場者・幸子は、心の優しさに
触れ、次第に彼に惹かれるようになっていた…。
家族バレに三角関係――、“秘密の交際”は波乱続き!

(上記はAmazonのあらすじより転載)

内容紹介と感想



今回も単行本とKindle両方で購入しました。

表紙は瞳、銭丸、幸子です。
3人とも頭に花を飾って、ドレスを着ていますが、ミスコンをイメージしたイラストなのかな?


裏表紙。
内容が内容だけに、今回はエロ推しですね(笑)。


目次。
4巻は第26話から34話までが掲載されています。
ミスコンの続きから、瞳と一緒に住むことになるところまでですね。

おまけで巨匠と銭丸の番外編も2編あり(Webで公開されたもので、描き下ろしではありません)

各話の感想については、連載時に書いているので割愛。
jitsumai.hatenablog.com

読み直してみて、いくつか気になったところだけ、抜粋していきます。


これは結局なんだったんですかね?
どう見ても二人きりの旅行フラグだと思ったのですが……結局デパートでのデート(父親の尾行付き)だけで終わってしまいました。


連載時に読んだ時は気づきませんでしたが、今思えばこれは瞳の心境についての伏線でしたね。


アプリのコメント欄を見て気づいたのですが、瞳がカヌレを1つ食べてるので、箱の方は1つ減ってないとおかしいですね。
これは単行本でも特に直ってません。
まぁ、瞳は食いしん坊ですし、すでに2箱目を食べてるという解釈もできますが。

ここからは、乳首修正について。
先に書いておきますが、ブログの都合上モザイクを掛けてます、悪しからず。どうしても見たい方は、素直に単行本を購入することをお勧めします。


第29話「プール」から。
Web版。


単行本。
ぼんやりとですが、乳首が見えています。


第33話「お泊り」から。
Web版。
この回はサービスシーンたっぷりだったので期待が高まります。


単行本。
……見えてねぇ。


Web版。


単行本。
……。
アプリでは胸の谷間ですらダメなんですかね?


Web版。


単行本。
ここはさすがにちゃんと乳首見えてます。
カウント+2。


Web版。


単行本。
ここも見えてますが、遠いので小さくしか描かれてないです。
カウント+2。


Web版。


単行本。
ちゃんとお尻見えてます。
アプリはお尻でもダメなのかな?
アップルは結構審査が厳しいらしいですが。


Web版。


単行本。
ここもハッキリ見えてますね、湯気の意味が無い(笑)。
さすがに下の湯気は消えませんでした。
単行本だと心が胸を触ってるのがハッキリわかって、なかなかエロいです。
カウント+2。


ということで、答えは6個でした。
思ったより少なかったですね。
ちなみに冒頭の瞳の母親のアレは特に修正なかったので数えてません。


次巻予告。
5巻は3ヶ月後の2022年2月9日(水)発売予定。
相変わらずのハイペースですね。
これを書いてる現在、5巻分のストックは本編3話と番外編2話分しか溜まってないせいか、予告もふわっとした内容(笑)。

最後に残念なお知らせですが、今回描き下ろしはありません。
3巻ではあったから期待したのに……ちなみにTwitterでのカウントダウンのイラストや漫画などもないです。
3巻の発売から2ヶ月しか経ってませんし、連載が忙しくて余裕なかったのかな?

5巻では描き下ろしがあることを祈っています。

jitsumai.hatenablog.com
jitsumai.hatenablog.com
jitsumai.hatenablog.com
jitsumai.hatenablog.com