2013年5月発売の実妹ゲーム雑感

『お嬢様はご機嫌ナナメ』

「お嬢様はご機嫌ナナメ」応援中!
2013年5月24日発売予定
桜咲 花(さくらざき はな)が実妹


絵はいいですよね、絵は。
ロイヤルブーケの事があるので、ensembleってだけで嫌な予感しかしないんですが、
偏見は良くないですよね、偏見は。(どの口が言うんだか)

『LOあんぐる!!』

はむはむソフト LOあんぐる!!応援バナー
はむはむソフト LOあんぐる!!応援バナー
はむはむソフト LOあんぐる!!応援バナー
2013年5月24日発売予定
光野 繪里(ひかりの えり)、未来(みく)、弥子(やこ)が実妹



正直に言いましょう。JSの妹に手を出す兄には引く。
ただロリ妹がそこに存在するだけで、JITSUにはこの程度のスルーが可能です。

『星ノ音サンクチュアリ』

ま〜まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』
2013年5月31日発売予定
葛城 璃杏(かつらぎ りあ)が実妹


第一印象はテンプレエロゲにテンプレ妹。
こういう妹は、さすがに、もう食傷気味。せめて、何か一捻り欲しい。

『レミニセンス REMINISCENCE』

『レミニセンス』応援中です!
2013年5月31日発売予定
島津 秋(しまづ あき)が実妹


このゲームに関しては、どうもよくわかりません。
エロゲとしては面白そうな感じがするし、
妹に関しても期待できそうなんですが、発売延期の連続が不安材料。
僕は大抵の作品の妹は実義を見極められる自信があるんですが、
実妹?と書いてるのは公式サイトの客観的な情報であって、個人の主観ではない)
秋の実義に関しては、なぜか確信が持てません。何とも不思議な作品です。

『Magical Charming!』

Magical Charming! 応援中!
2013年5月31日発売予定
夏本 諷歌(なつもと ふうか)が実妹


妹は可愛いですね、悪くは無いと思います。
ただ、ほのかに漂う百合臭が気になります。
百合自体は好きですが、実妹モノとは相性が悪い。

『妹ぱらだいす!2〜お兄ちゃんと5人の妹のも〜っと!エッチしまくりな毎日〜』

妹ぱらだいす!2 応援中!妹ぱらだいす!2 応援中!妹ぱらだいす!2 応援中!
妹ぱらだいす!2 応援中!妹ぱらだいす!2 応援中!
2013年5月31日発売予定
七瀬 桃花(ななせ ももか)、理々奈(りりな)、柚(ゆず)、千春(ちはる)、しずくが実妹


ソースは忘れましたが、妹たちは前作の妹の子供たちなんでしたっけ?
実妹モノでこういう続編が出るって珍しいですね。
サンプルCGを見ると、妹たちの胸が大きすぎて奇乳の傾向があるのが、生理的に受け付けないです。
前作は未プレイなので、普通にスルーで。

『ゆめこい〜夢見る魔法少女と恋の呪文〜』

『ゆめこい〜夢見る魔法少女と恋の呪文〜』応援中です!
2013年5月31日発売予定
七森 胡桃が実妹


妹が抜群に可愛いですね、これはなかなか良さげな感じがします。
今のところ特にこれといった欠点が見つかりません。

『待雪の花〜Snow drop〜』

『待雪の花〜snow drop〜』応援中です!
2013年5月31日発売予定
聖澤 美結(ひじりさわ みゆ)が実妹


作品からインモラルな雰囲気が漂ってますね、背徳感は高そうです。
ただ、医師が妹に変なことしそうで怖すぎる。
医療行為だから仕方がないとはいえ、妹の裸を他の男に見られるというのは、
あまり気分がいいものじゃないですね。

まとめ

5月も4月に負けず劣らずの妹激戦区ですね。


5月の作品では『ゆめこい〜夢見る魔法少女と恋の呪文〜』が一番期待出来そう。
次点が『Magical Charming!』かな。
『星ノ音サンクチュアリ』は面白みはなさそうですが、無難な感じ。
『LOあんぐる!!』『妹ぱらだいす!2〜お兄ちゃんと5人の妹のも〜っと!エッチしまくりな毎日〜』は個人的にはスルーですが、
客観的に見れば別に悪い作品ではないと思います。
お嬢様はご機嫌ナナメ』はブランド的に発売日まで様子見が無難でしょう。
『レミニセンス REMINISCENCE』『待雪の花〜Snow drop〜』は判断保留。


発売日が2ヶ月以上先となると、まだ情報が出揃っていなくて判断が難しい。
今後評価が変わる可能性が高いので、現時点では話半分ぐらいで聞いておいてください。

今後の実妹ニュースについて

とりあえず雑感はここまで。
6月以降発売の作品については、現時点で判断するには早すぎるので、雑感は無し。
以降は通常運転の実妹ニュースに戻ります。
今回は再開記念ということで特別に全作品を紹介しましたが、
基本的に気に入った作品のニュースしか扱う気はないので、今後はほとんどの作品はスルーします。
興味の無い作品に手間暇かけるほど、時間が余っているわけではないので。