各記事やコンテンツへのリンク集

読者参加型の記事

皆さんの実妹モノの感想や報告の募集とまとめ 2020/05/13更新

お勧めの実妹キャラ作品

お気に入りの実妹キャラ

実妹モノの感想や報告の募集、アンケートなどを実施中です。よろしければご協力ください。

続きを読む

VTuber可憐の「シスタープリンセス~お兄ちゃん♡大好き~」#43(語尾にぴょんぴょん回)の感想

感想

www.youtube.com


「ねぇ、お兄ちゃん、今日はこのまま離れ離れになりたくないです。可憐のおうちにお泊まりして……ください」
冒頭のモノローグいいですね。
可愛い妹にこんなことを言われて断れる兄がいるだろうか、いや、いない。


今週のギフトはうな重です。
うなぎがやたらリアルですね。
可憐ちゃんが絶対上げ底だと指摘してましたが、実際裏側を見ると上げ底になってます。

8月ということで、8月生まれのお兄ちゃんたちへ恒例のおめでとうの言葉が。
8月生まれのお兄ちゃんたち、おめでとうございます。

今週のおこづかいゲージ特典は、EDで可憐ちゃんがうさぎさんになって語尾に「ぴょん」をつけるというもの。
先日やった語尾に「にゃん」をつけるに続く第2弾です。


「あっ、腹立つー」
運営からの手紙の最後の一文、「よろしくぴょん」に腹を立てる可憐ちゃん。
運営の煽り力もなかなかですね(笑)。

「大体、うさぎ、ぴょんって言わないからね」
正論(笑)。


8月になったということで、お部屋も模様替えされています。
相変わらず枕やクッションが2つありますが、可憐ちゃんとお兄ちゃん用ってことでいいのかな?
フラワーロックは懐かしいですね、今でも売ってるんでしょうか?

後ろにあるタペストリーとウインドチャイムはアニメのシスプリ1期に出てきたものだそうです。


短時間で見つけてくるお兄ちゃんたちすげぇ……。


今週のファンアートその1。
一番左は前回のうなぎネタですね。

真ん中は眉毛がギフトだった時に可憐ちゃんが言った台詞ですね。
可憐ちゃんの圧が凄い(笑)。

一番右はファンクラブの妹ボイスの再現らしいです。

フリートークは前回のうなぎの話の続き。
前回の配信のコメントで一部のお兄ちゃんたちが、(緑茶だけじゃなくて)日本酒でもやるよねというのがあったらしく、そのコメントを見た可憐ちゃんが実際に日本酒で試してみたらしいのですが、「緑茶の勝利!」ということで、断然緑茶の方がうなぎは柔らかくなって骨は感じなかったそうです。

可憐ちゃんが作ったあつ森の島に行ってみたいので、夢番地を公開して欲しいというお兄ちゃんからのメール。
可憐ちゃんの島は他人のアイデアをパクリまくったパクリ島だから、公開は無理らしいです(笑)。

DMMスクラッチの景品が届いたというお姉ちゃんからのメール。
(部屋が和室で、壁が砂壁なので)「こんなところに飾ったら清楚系妹の可憐ちゃんが汚れちゃう。あっ、でもVTuber可憐は清楚系じゃないから平気かw」というメールのコメントが、煽り力高くて笑いました(笑)。


今週のファンアートその2。

一番左のひまわり可憐ちゃんが被っている帽子ですが、今回の模様替えで被っている可憐ちゃんの帽子と同じで、可憐ちゃんがびっくりしていました。

真ん中は、前回うっかり可憐ちゃんが咲耶を呼び捨てにしてしまった時のネタですね。
個人的には呼び捨てもありだと思います。
遠慮がない感じでいいですよね。

一番右の可憐と白雪のイラストは常連のお兄ちゃんですね。
Twitterもよく見かけます。


おこづかいゲージ100%達成。
ちょっと嫌そうな可憐ちゃん(笑)。

今週のスペシャルコーナーは「教えて下さい お兄ちゃん」。
脱サラ野菜農家お兄ちゃんからのメールで、「かれん」という名の新品種のトマトが発売されたという情報が。


投稿時間に注目。
20時23分と、あっという間に見つけてくるお兄ちゃん凄い。

食味(しょくみ)が読めない可憐ちゃん。
「また両親に怒られる。可憐のOSが両親に怒られる」と慌てる可憐ちゃんが可愛かったです(笑)。

「17世紀のペストのパンデミックで大学が休講になってステイホーム中にニュートン万有引力を発見したそうです。可憐ちゃんはステイホーム中に何か発見しましたか?」というお兄ちゃんからのメール。
ステイホーム中に何もしてなかった可憐ちゃんは、「そもそもニュートンと可憐を比べないで欲しい」と困り顔でした(笑)。

栃木県の足利市にある「足利シューマイ」を紹介してくれたお兄ちゃんからのメール。
片栗粉と玉ねぎを練って蒸しただけというシンプルで独特なシューマイで、ソースをかけて食べるそうです。
機会があったら食べてみたいですね。

EDではお待ちかねのぴょんぴょんタイム。


「ここからはうさぎさんになって、語尾に「ぴょん」をつけておしゃべりします、ぴょん」


「たくさんのギフト、本当にありがとうございます、ぴょーん」


「この番組や可憐のことをTwitterで呟いたり、ファンアートをアップする時には、ぜひ#VTuber可憐を付けてください、ぴょーん」


「この番組で紹介するかもしれませんので、よろしくお願いします、ぴょん」


「詳しくはご利用の電子書籍ストアで、シスタープリンセスで検索してみてください、ぴょん」


「はぁ、終わった! ふふふ」
やっと終わって嬉しそうな可憐ちゃん。
お疲れさまでした。



「おやすみなさい、ぴょん、ぴょん」
ここ可愛かったです。

VTuber可憐 ~アフタートーク#43~

ここからはファンクラブのコンテンツについて。
今週のアフタートークの内容は、ふつおたで紹介しきれなかったメールの紹介。

お兄ちゃんからのリクエストで、以前やった壁ドンをもう一度披露してくれました。
相変わらず口で「ドン!」って言ってます(笑)。


壁ドンをリクエストした白玉餡蜜お兄ちゃんがこのアフタートークを見てくれてるか心配していた可憐ちゃんですが、ちゃんと見てくれたようです。

妹ポラロイド#44 ~可憐と花火編~

今週の妹ポラロイドは、浜辺で花火をする可憐ちゃんです。

3Dモデル的に仕方ないとはいえ、長袖とハイソックスで花火は暑そう……。
可憐ちゃんに半袖モデルを用意してあげてほしいですね。

VTuber可憐 ~今週の妹ボイス#43~

今週の妹ボイスは、友達と好きな人の言い合いっ子になった時に、可憐ちゃんが好きな人はお兄ちゃんと言ったら他の子におかしいと言われてしまい、友達にお兄ちゃんが世界一だということをわかってもらうためにお兄ちゃんの写真を見せることにしたので、一緒に写真を撮って欲しいというボイスです。

これはおそらく、可憐ちゃんのキャラコレの「愛の記念写真を撮ろう」が元ネタですね。

VTuber可憐 ~今週のプレミアム妹動画#43~

上記の動画版。

場所は可憐ちゃんの部屋ですね。
それ以外は普通に喋っているだけなので、特に語るようなことはないです。

あとがき

今週はぴょんぴょんのインパクトが凄かったですね。
あの微妙に投げやりでやけくそな感じが(笑)。

毎回運営の無茶振りにちゃんと答えてくれる可憐ちゃんの頑張りには、頭が下がる思いです。

『電撃G's magazine』2020年9月号購入

感想


9月号購入しました。
(先月号の記事はこちら


今月の綴じ込み両面ピンナップポスター。
咲耶がモデルのような格好良いポーズを決めています。
咲耶に見下されたいとか思ったのはナイショ。


もう1面は背中合わせの可憐ちゃんと花穂ちゃん。
肩と髪の毛がくっついているのがいいですね。
二人の仲の良さと距離の近さを感じます。


特集の表紙。
「大きなラブでハートを狙い撃ち♡」というキャッチフレーズとともに、銃を撃つ構えをする咲耶
左手でしっかりと右腕を固定しているのが本格的です。

今月の特集の内容は、
表紙(1P)
折口良乃先生の妹応援インタビュー(2P)
折口良乃先生による『シスプリ』読書レポート(1P)
シスプリ電子書籍の紹介(1P)
リピュアでアニメ化されたキャラクターズのエピソード紹介(1.6P)
Brother's Talk(0.4P)
トリビュート企画第3弾(1P)の計8P。

ラノベお兄ちゃんこと折口良乃先生の妹応援インタビューは、ほとんどシスプリの話ですね。
マイシスは鞠絵と千影だそうです。
モンスター娘のお医者さん』では、主人公の妹のスィウというキャラが登場するらしく、ちょっと気になってます。

折口良乃先生による『シスプリ』読書レポートはオリジナルストーリーズ。
亞里亞や雛子が、もはや妹というより娘を見るような感覚というのはわかるなぁ(笑)。


トリビュート企画の3回目は伊能津先生。
ラブライブシリーズの公式イラストレーターだそうです。

イラストは赤い靴を履いた花穂ちゃん。
そこはかとない色気と可愛らしさが同居した素晴らしいイラストですね。
背中に2つついてるリボンをほどきたいがオシャレで可愛い。

赤い靴は花穂ちゃんのキャラコレのエピソードに出てきたものです。
よく見ると、左袖にはシスプリマークも付いてますね。

『シスター・プリンセス』B2タペストリーシリーズ 伊能津
花穂ちゃんのイラストは、今月の誌上通販でタペストリーとして販売されています。
上記のリンク先からも購入できますので、イラストが気に入った方はどうぞ。

あとがき

トリビュート企画のイラストは毎回いいですね。
もはやG's magazineは、この企画とポスターのために買っているようなものです(笑)。

jitsumai.hatenablog.com

アニメ『カードファイト!! ヴァンガード外伝 イフ-if-』イフ10「食べきれない!!超能力でフードファイト!?」 の感想

感想

www.youtube.com
(動画の公開は期間限定なので、お気をつけください)


元の世界の「ヴァンガードですべてを決める」という慣習に驚くエミ。
カードゲームの漫画やアニメではよくあることですが、冷静に考えるとおかしな話ですよね。



馴れ馴れしい男子学生に部活の勧誘を受け、断るエミ。
妹に触れて良いのは兄だけなんですけど(怒)。


断ったのに、しつこく勧誘してくる男子学生に困惑するエミ。
この学生は伊吹が追い払ってくれます、伊吹グッジョブ!


フードファイト部の部室に入っていった伊吹とスイコの悲鳴を聞いてびっくりするエミとシュカちゃん。


伊吹とスイコが不在の中、ジャマーの疑いのあるエルに、二人だけで挑むことに不安を覚えるエミ。


兄のアイチのことを知っているらしいエルに驚くエミ。


「自分だけは不思議な力を持っているって信じちゃってる人?」


「知ってる。中二病って言うんでしょ?」
「シュカちゃん、ストレートすぎるよぉ」
エルの中二っぷりに、ツッコむ二人。


しかし、せっかくのツッコミはエルに華麗にスルーされます。


「あっ! 妄想だってわかってたんだぁ」
「シュカちゃーん」
エルのひとり語りに容赦なくツッコむシュカちゃんとそれを止めるエミ。


半分バカにしていたエルのゴッドハンドの力(本物)に驚くエミとシュカちゃん。


「私も昔の優しいアイチのままでいてくれたらって、


でもそれはあの人と同じで、勝手に世界を変えようとしているってこと?」
自分の望みを叶えようとして、結果的に世界を変えてしまったことを後悔するエルを見て、自分たちが今までやってきたこともエルと同じではないかと感じるエミ。


「私とエミちゃんはいろんな世界の歪みを正してきた、自分たちの願いのために」
「なん……だと」
「それが悪いことだなんて思わない」

そんなエルとエミを見て、それが悪いことだなんて思わないと主張するシュカちゃん。


「エミちゃん、私を信じて!」


「うん、信じるよ。世界を書き換えてもいいんだ!


何度でも、何度でも、何度でも書き換えて、


本当のアイチのところに辿りつく。そう決めたんだもん!」
シュカちゃんを信じ、改めて世界を書き換える戦いを続けることを決意するエミ。


「一番星の向こうから、

キラキラ愛の星を届けます。


魔法少女エミ、

カードの妖精シュカ、


ラクルパワーでお手伝い、ブラスター・ペア!」
今回の変身口上です。


二人で戦いを挑み、エルに力を使わせようとするエミとシュカちゃん。


エルの力で、伊吹とスイコが飛ばされた世界にやってきたエミとシュカちゃん。
ステッキにまたがるのは、魔法少女のお約束ですね。


歪みの原因であるジャマーをみつけ、臨戦態勢のエミとシュカちゃん。



敵の攻撃を受け、張り付けにされてしまうエミ。


エミを助けようとしたシュカちゃんのカードも敵に弾き飛ばされてしまい、悔しさでジタバタするエミ。
可愛い(笑)。


「エルさんはこんなことを望んでいない!」
自分は孤独な男の妄想を現実にしてやっただけだと主張するジャマーに対し反論するエミ。


「わかっていたらつまらない。何があるかわからないから、


わたしたちは何度でも世界を変えるんだ!


いつか本当のアイチを取り戻すために!!」



燃える展開ですね。
このあたりのエミの作画、かなり気合入ってます。


エミの召喚したヴァンガードが披露するマジックを見守る面々。



あっけない幕切れ。
ここの作画可愛いですね。


「シュカちゃん、わたしたちは大丈夫」
「うん、諦めない。何度失敗しても。何度世界を犠牲にしても」


「えっ?」


「行こっ、エミちゃん」


「あっ、あーっ、シュカちゃん、ちょっと待ってー」
綺麗に終わるかと思いきや、世界を犠牲にしてもと、不穏なことを呟くシュカちゃん。

あとがき

今回も面白かったですね。
エミもいつものようにアイチ、アイチ言っていて良かったです。

シュカちゃんは、どうも何か大事なことを隠しているようですが、どうなることやら。

www.youtube.com
期間限定見逃し配信は2020年8月7日まで。
今からでもまだ間に合います。

www.youtube.com

jitsumai.hatenablog.com

『shin-neko ~再会した妹との新たな関係~』体験版公開

『shin-neko ~再会した妹との新たな関係~』体験版公開

体験版ページ
体験版のサイズは288MBと小さめ。
時間が出来たら、プレイして感想書きます。

ギャラリーの方も新規CGが公開されています。