各記事やコンテンツへのリンク集

読者参加型の記事

皆さんの実妹モノの感想や報告の募集とまとめ 2020/05/13更新

お勧めの実妹キャラ作品

お気に入りの実妹キャラ

実妹モノの感想や報告の募集、アンケートなどを実施中です。よろしければご協力ください。

続きを読む

『BLマンガ脳妹×少女マンガ脳兄』2巻の感想

完璧な兄と腐女子の妹によるすれ違いコメディ、完結!!
「兄をBLマンガのモデルにしている妹」と「妹が少女マンガを描いていると思っている兄」。なんとか兄にバレずににBLマンガを描く妹だったが、「推しカプの攻め」にそっくりな「兄の同僚」が家にやってきて!?そして、妹がついに兄に「妄想」をカミングアウト――…!?ついに決着する、兄と妹の勘違いの行方とは…!コミックスでしか読めない描き下ろし37pも収録!!

上記はAmazonの内容紹介より転載。

jitsumai.hatenablog.com
天城兄妹については1巻の感想で書いたのでそちらを見てください。

内容と感想

完結巻です。


前巻に引き続きKindleで購入しました。


2巻では第11話から第19話(最終話)が収録されていて、15、16話は単行本描き下ろしです。


中表紙のイラスト。
兄妹の目と髪の色が同じなのはわかってる感ありますね。
おそらく最終話の後の二人だと思います。


兄妹描写は2巻でもいい感じです。

単行本描き下ろしの15、16話は主人公兄妹と小林兄妹、兄の後輩の村雨の5人でバーベキューに行くお話。
BL関係の話や兄と村雨の料理対決などはありますが、兄妹の絡みはあんまりないです。


兄に恋人が出来たと勘違いして、もやもやする妹。
まぁ、兄に負けず劣らず妹も鈍いので、いつも通りすれ違ってますが。

最終話の19話では、妹が兄に、兄をBL漫画のモデルにしていることをカミングアウトしようとするのですが、結局最後まですれ違ってうやむやのまま。


兄妹の関係は仲良し兄妹のままで進展はないですが、最後は一応いい感じの雰囲気で終わります。

あとがき

2巻は新キャラの村雨や小林くんの出番が多くて、その分、兄妹の絡みが少なめだったのが残念。

この漫画はすれ違いコメディ、BL、兄妹などの要素があるのですが、結局作者はどれがメインで描きたかったのか、イマイチよくわからなかったです。
兄妹の関係も最後まで曖昧なままですし、焦点がぼやけたまま終わってしまったなぁという印象。

素材は悪くなかっただけに、中途半端で終わってしまったのはもったいない感じがしますね。

VTuber可憐の「シスタープリンセス~お兄ちゃん♡大好き~」#55(体幹つよつよブランケット回)の感想

感想

www.youtube.com

冒頭でハロウィンの話をする可憐ちゃん。
今年のハロウィンは満月で、46年ぶりだそうです。
そして次にハロウィンが満月になるのは38年後。
その頃まだ生きているお兄ちゃんたちは、どれぐらいいるんですかねぇ……。


先週ファンアートが紹介された辻永ひつじお姉ちゃんについて紹介する可憐ちゃん。
姉弟モノの漫画も描いてるそうですが、残念ながら義理のようです。


今週のおこづかいゲージ特典は、ハロウィン仕様のケーキ。
ゲージが満タンになると、これを可憐ちゃんが食べられます。
さすがに運営も、3週連続で○○になっちゃうシリーズをやるのはやめたみたいですね。


今週のファンアートその1。
衛特集ですね。
どのイラストも衛らしい特徴を捉えていて上手いですね。

フリートークは忘れ物の話。
今日の収録に来る時に、ICカードと財布を忘れて困ったという話をしてました。


可憐のお部屋のことをうっかり現場と言ってしまい、「どうでもいいじゃないですか」と開き直る可憐ちゃん(笑)。

漫画やコントみたいな失敗をしたことがありますか? というお兄ちゃんからの質問メール。
団地に住んでいた頃に階段から滑り落ちたという話をする可憐ちゃん。
また痛い話を……。
動画のサムネの団地妹は、ここのことですね。



友達がいないというお兄ちゃんからのメール。
このお兄ちゃんに対し、「(配信動画のチャットに)今すぐカモン、カモーン」「ヘイ、カモーン」と妙にノリ良く誘う可憐ちゃん。



3週間ぶりにおこづかいゲージが100%になり、可憐ちゃんも素直に喜んでいます。
やっぱりゲージが溜まって可憐ちゃんが喜ぶのが一番ですね。


今週のファンアートその2。

真ん中の春歌のは力作ですね。
リピュアのキャラクターズパート「揺れる想いを短冊に…」の春歌を描いたものです。

右のはサザエさんパロですね。
真ん中のウニに挟まれた千影はgif動画になっていて動きます。

先週ウニちゃんに騙されそうになった話を蒸し返す可憐ちゃん。
可憐ちゃんって結構根に持つタイプですよね(笑)。

左の衛は、いつもの常連さんのやつです。
元ネタはSincerely Yoursに掲載されているマーチングバンドのやつかな?

今週のスペシャルコーナーは、「お話しします お兄ちゃん」。
お題は「ビックリマン」。

今のビックリマンのチョコって、昔のチョコとは全然味が違うらしいです。
僕も子供の頃以来食べてないので、今度試しに買って食べてみようかと思います。
余談ですが、ビックリマンアイスはすごく美味しかった記憶がありますね。


味覚も年老いていくと言われカッチーンと来る可憐ちゃん。
最近怒りっぽいですね(笑)。

「オホォーー」
お題が一つしか読めなくて、奇声を上げる可憐ちゃん。
今週の可憐ちゃんは妙にテンション高いです(笑)。
イルカ声も連発してました。


「イエーイ!」
おこづかい特典のケーキを前にして喜ぶ可憐ちゃん。


エアケーキをお兄ちゃんたちに見せる可憐ちゃん。


嬉しそうにケーキを食べる可憐ちゃん。
「めちゃくちゃ美味しい」と喜んでました、良かったですね。


「(おばけの)お兄ちゃん食べられなかった」
食べるとは、性的な意味ではないです(当たり前だ)。


今週のギフト。
特別ギフトはひよこでした。


「はんぺいたぐーん」
ひよこ繋がりで『Gu-Guガンモ』ガンモのモノマネをする可憐ちゃん。
古い……けど、僕を含め知ってるお兄ちゃん結構いました(笑)。

お知らせで可憐ちゃんが言ってましたが、可憐ちゃんと花穂ちゃんの番組の2回目は、今週中に収録する予定だそうです。
来週の月曜日ぐらいに公開かな?


『シスター・プリンセス』B2タペストリーシリーズ 鈴平ひろの紹介。


『シスター・プリンセス』VTuber可憐1周年記念 可憐にゃんもふふわブランケットの紹介。
体幹つよつよブランケット」と可憐ちゃんが呼んでいたのですが、めちゃくちゃ語呂いいですね(笑)。


「じゃん!」
体幹つよつよブランケット」の現物を見せる可憐ちゃん。



エアブランケットをお兄ちゃんたちに見せようと必死に振り回す可憐ちゃん。

VTuber可憐 ~アフタートーク#55~

ここからはファンクラブのコンテンツについて。
今週のアフタートークは、「お話しします お兄ちゃん」でメールが1枚しか読めなかったということで、その続き。
お題は「学校の係」。
可憐ちゃんのクラスでは、アヒルや鶏の生んだ卵がもらえる生き物係が人気だったそうです。
他にも給食係が人気だったそうですが、今考えるとなぜ人気だったのかわからないと首を傾げてました。

妹ポラロイド#56 ~3人で下校編~

今週の妹ポラロイドは、可憐ちゃん、花穂ちゃん、咲耶の3人が一緒に下校するというもの。

3人とも楽しそうで、すごく絵になる1枚ですね。
仲良し姉妹というのは、よいものです。

VTuber花穂 ~今週の妹ボイス#55~

今週の妹ボイスは、花穂ちゃんがお出かけするボイスです。

VTuber花穂 ~今週のプレミアム妹動画#55~

上記の動画版。

最後のいってきますで、花穂ちゃんが手を振るところが可愛いですね。

あとがき

今週はおこづかいゲージがちゃんと溜まってよかったですね。
やっぱり特典が良いとお兄ちゃんたちも、ギフト投げてくれますね。
最初の頃以来やってない時間延長の特典も、またやって欲しいです。

そういえば、先週か先々週あたりから、可憐ちゃんのテンションが妙に高い気がしますが、なにか良いことでもあったのでしょうか?
まぁ、楽しくやってくれてるなら、何でもいいんですけど。

来週からは11月ということで、そろそろ衛と亞里亞のボディのお披露目が近そうですね。
来週の月曜日はちょうど亞里亞の誕生日ということで、そこに合わせてくる可能性もあるかと思いましたが、可憐ちゃんと花穂ちゃんの番組の方が可能性高そうかな?
実際どうなるかはわかりませんが、楽しみです。

jitsumai.hatenablog.com

『きゅーぽん8』とダブルスエードB2タペストリー(きゅーぽん8凛子)購入


『きゅーぽん8』とダブルスエードB2タペストリー(きゅーぽん8凛子)を購入したので感想などを。

『きゅーぽん8』

こころナビ』に登場する実妹キャラ凛子の、兄との初体験を描いた18禁同人誌です。
二次創作ではなく、制作者本人たちによるセルフ同人誌です。

jitsumai.hatenablog.com
凛子についてはこちらの記事で語っているので、詳しく知りたい方はどうぞ。

同人誌はとらのあなメロンブックスの通販で購入できます。
僕はメロンブックスの方で購入しました。

表紙


表紙は大人しめ。
凛子ファンに向けてならこれでも問題ないと思いますが、そうじゃない層にアピールするにはちょっとインパクトが弱い気がします。
かといってエロエロな表紙にするというのも凛子のイメージ的に違う気がするので、難しいところですが。

中表紙(1P)

表紙のブラ無しバージョンです。
よく見ると口元が不満そうなへの字になっています。

キャラクター紹介(1P)

凛子、兄、小春のキャラクター紹介。
凛子は中○生なので、学年のところが●●で伏せ字になっていて細かい(笑)。

小説(1P)

凛子視点の小説です。
時間軸は兄と付き合い始めた後で、凛子の心情が語られています。
現在の兄との関係に少し迷いがあって、この後の漫画の前日譚のような感じになっています。

ちゃんと兄のことを実の兄と書いているところはさすが。

漫画(25P)

この同人誌のメインですね。

兄妹で付き合うと決めてから三ヶ月後。
いつものようにモニター越しにオナニーを見せつけ合う疑似セックスを続けていた兄妹ですが、兄の方は直接触れ合えないことが不満の様で、しばらくひとりで考えたいと言われてしまいます。

このまま関係が自然消滅してしまうのではと焦った凛子は、ラウンダーの蘭煌(ランファン)を使って、自分がネットのサブリミナル映像ウイルスによる暗示にかかったと兄に伝え、それを解くには兄が一番エロいと思うプレイを自分にさせないといけないと思い込ませ、Hなプレイに誘います。

それを素直に信じた兄は凛子に、アソコにバイブを入れたままコンビニの接客をやらせるというプレイを命じます。

刺激が強すぎて気絶してしまった凛子を看病してくれた兄に真実をバラした凛子は、兄をHに誘い、二人は初体験をすることに、というのが大まかな内容です。

Hシーンではちゃんとコンドームを付けたり、キスシーンも多めでラブラブな雰囲気だったりと良い感じでした。
「もう……兄ちゃんじゃなきゃ無理だと思うから」のところと、初めてが痛くて「おっきすぎ……縮めてよ」と涙目で言う凛子の表情は特にお気に入りです。

気になったのが、ラストページの凛子のモノローグですね。

(初めての相手と添い遂げるなんてまぁないわけで、いつか……兄ちゃんは普通に結婚する相手に巡り会うだろう。ただの……初めて付き合ったカノジョ、たまたま妹っていう意外な相手だっただけ。でも……どうせならいい恋にしようよ。未来で笑い合えるような恋に……これからもよろしくね、兄ちゃん)

ここは初めて読んだ時「えっ?」って思いましたね。
凛子は兄との関係を一時的なものと考えてるの? 将来的には別れるつもりなの? と。


これに関してはTwitterで茉森さんが解説しています。
「実際そう進むかどうかは兄次第」ということで、将来的に必ずそうなるというわけではないとのことなので安心しました。

現実的にはそうかもしれませんが、僕的にはやっぱり物語はハッピーエンドが見たいので、兄妹の恋愛関係が一時で終わるというのは悲しすぎますね。

あとがき(1P)

作画担当の亜方さんによるあとがき。
凛子の描き下ろしイラストと数点のラフ、亜方さんのコメントがあります。

キャラデザや絵柄の変化に関しては、僕は特に気にならなかったですね。
キャラクター紹介のページの凛子は、凛子らしい雰囲気がよく出ていて、個人的にはお気に入りです。

凛子が想像したかもしれない小春以外の方々バージョンのコーナー(2P)

タイトルまんまですね(笑)。
漫画の中で凛子が小春と兄とのHを想像するシーンがあるのですが、それ以外のルファナ、夢、みまり、アイノバージョンの描き下ろしHイラストがあります。

あとがき(1P)

シナリオ担当の茉森さんのあとがき。
こちらにも亜方さん描き下ろしの凛子イラストあり。

こころナビ』発売からかなりの時間が経過していますが、ネット事情はまだまだ『こころナビ』には追いついていない感じですね。
あと10年か20年もすれば、『こころナビ』のようにアバターでネットのオープンワールドを歩き回るような世界がやってくるのでしょうか?

ダブルスエードB2タペストリー(きゅーぽん8凛子)

メロンブックス専売商品です。
上記のメロンブックスの通販で購入しました。


全体図。
写真だと伝わらないかもですが、実物を見るとまるで凛子が本当にそこにいるかのような臨場感があります。


上半分アップ。


下半分アップ。


表情アップ。
同人誌の表紙とは表情が違い、笑顔になっています。
普段は仏頂面なことが多い凛子が、兄の前で見せる貴重な笑顔。


胸アップ。
18禁じゃないので、胸は下着で隠れてます。
シンプルなデザインのブラですね。


下半身アップ。
おへそは微妙に隠れてます。


黒ストアップ。
半脱ぎですね。
左足の肌色の部分は破れてるのかな?
光の反射に見えなくもないですが。


タブレットに写っているのは蘭煌(ランファン)です。


ヘッドホン。
こころナビ』の舞台は未来の世界ということで、当然無線ですね。

以上です。
一般タペストリーということで、エロさに関しては物足りないですが、令和の時代に凛子の新作グッズが発売されるということだけで十分満足です。

あとがき

こころナビ』の発売から17年。
当時はソフ倫の規制もあって本番なし妹だった凛子ですが、こうして同人誌で補完されるというのは感慨深いものがありますね。

同人誌という形も悪くないのですが、欲を言えばエロゲで見たかったなというのが正直なところ。
このご時世ですし、今のエロゲ業界の状況を考えると色々と難しいとは思いますが、いつか『こころナビ』のリメイクをエロゲでプレイしたいですね。

本編のシナリオはそのままでいいので、おまけのHシーンで今回の同人誌のエロゲバージョンが見られると最高なんですが。

『春音アリス*グラムWパッケージ』CGクリアファイル配布イベント開催

『春音アリス*グラムWパッケージ』CGクリアファイル配布イベント開催

イベントページ
2020年10月30日(金)~無くなり次第終了

対象店舗でPCゲームソフトを購入するともらえます。
梢のクリアファイルもありますが、絵柄はランダムなので狙ってもらうのは難しそうです。