『あかね色に染まる坂 長瀬湊の恋色』の感想

あかね色に染まる坂 長瀬湊の恋色 [二次元ゲーム文庫] (二次元ゲーム文庫 (GB-001))

あかね色に染まる坂 長瀬湊の恋色 [二次元ゲーム文庫] (二次元ゲーム文庫 (GB-001))

内容について

18禁ゲーム『あかね色に染まる坂』に登場する実妹キャラ「長瀬 湊」のアフターストーリーを書いた小説。



文庫版と新書版と2種類あるようですが、僕が入手したのは文庫版です。
ページ数は249ページとボリュームはなかなか。
表紙は涼香先生描き下ろし。挿絵は原作と違う人が描いてます。
挿絵は正直微妙なので、期待しない方が良いです……。

帯に「シリーズ累計6万部突破!!」と景気の良いことが書いてありますが、本の発行日を見ると2010年4月23日 第5刷発行となっていて、なかなか売れてるようです。

感想

小説は準一視点の三人称。
湊が兄を起こすところという始まりからして、掴みはOK。
兄妹描写も良いし、最初から両想いということでイチャラブもたくさんあります。
実の妹表記もちゃんとあるし、至れり尽くせり。

Hシーンも兄が自分の快楽より、妹を気持ちよくさせるのを優先したり、兄妹だから相性が良いという描写があったり、湊は恥ずかしながらも兄を気持ちよくさせるために一生懸命だったり、妹にお仕置きと称して責められる足コキプレイがあったり、妹メイドがご主人様に騎乗位でご奉仕プレイの最中なのに、兄さんって呼んじゃったりと萌え燃えです。

兄も普段はおちゃらけていますが、決める時はちゃんと決めてくれて格好良いです。
湊の妊娠騒動の時は、ちゃんと自分の覚悟を見せて妹を安心させてあげるし、湊との関係について父親を説得する時も、ビシッと自分の意見を述べて父親を論破します。
シスコンぶりも素晴らしく、本当に湊の事を好きで、大事にして、可愛がっているのが全編通して伝わってきますね。

湊も相変わらずの可愛さですね。
しっかり者だけど何だかんだで兄には甘いところ、兄の為なら何でもしてくれる健気なところ、恥ずかしながらもHには積極的なところ、兄のためなら父親相手でも容赦ないところ、ここぞという時のお兄ちゃん呼び、結婚してもやっぱり妹でちゃんと兄さんと呼んでくれるところなど、湊の魅力全開です。

原作の登場人物も、メインキャラはミコトちゃん以外は全員登場しますし、恋人になった長瀬兄妹の事を応援してくれる心強い仲間として描かれていて、出番もそれなりにあります。余計な3Pや湊以外のキャラとのHもないので安心。

まとめ

PC版の湊シナリオは微妙な出来でしたが、この小説版は素晴らしい出来です。
ちょっとHシーンが多すぎな気もしますが(本編の半分ぐらいはHシーンだったんじゃないでしょうか?)、目に付く欠点はそれぐらいで、妹とのイチャラブ、萌える兄妹描写、濃厚なHシーン、父親の説得、皆に祝福されての結婚式、妊娠描写有りと妹モノのツボはしっかり抑えてます。(どうせなら出産描写まで欲しかったですが、さすがに高望みし過ぎでしょう)

聞くところによると、PSP版の湊シナリオも良い出来らしいので、機会があればプレイしてみたいですね。

PC版の湊シナリオは黒歴史なので抹消小説版こそ正史!!

jitsumai.hatenablog.com



『あにメカ』の感想

あにメカ ? (バンブーコミックス)

あにメカ ? (バンブーコミックス)

内容

全2巻。
ロボット?な兄とその妹が巻き起こす、ちょっとHなドタバタラブコメディ4コマ漫画。

変に期待させてもいけないので最初に書いておきますが、この作品地雷です。
その事を念頭に置いて、ゆめゆめ忘れないように、お気をつけください。

妹について


名前は佐々木 ゆゆ子(ささき ゆゆこ)。
高校1年生の16歳。
一人称は「私」
兄呼称は「お兄ちゃん」「おにいちゃん」「お兄たん」
元気で明るい性格。
黒髪ロングの美少女で胸も大きめ。
当然男子にもモテるが、シスコンの兄の妨害のせいで、彼氏が出来ないのが悩みの種。

ロボット?な兄をおかしいと思っており、冷たく当たる事もあるが、素直になれないだけで、実際はかなりのブラコン。
料理の腕は壊滅的で、ゆゆ子の料理を食べるとなぜか爆発する。
心霊現象が苦手だったり、音痴だったりと何気に欠点が多い。
「兄がロボットなら、妹は実妹じゃないのでは?」と思うかもしれませんが、これについては後述。

わずか2巻の物語ですが、ゆゆ子の衣装のバリエーションがなにげに凄い。
浴衣、ネコ耳、水着、バニースーツ、学ランにサラシ、メイド服、振袖、巫女服、ツインテール姿、ウェイトレス姿、魔女っ子姿、鬼娘と、これでもかと可愛い姿を詰め込んでます。

兄について

名前は佐々木 一悟(ささき いちご)。
高校3年生の18歳?(作中でハッキリとは書かれてないので、推測)
外見はロボっぽく、言葉も「ギー」とか「ギギギ」だが、なぜか妹を含め、他の人にはこれで通じる。
頭が取れたり、目からビームを放つなど奇行が多いが、妹以外の人間からはちょっと変わってる人ぐらいに思われてる程度で、周りに普通に馴染んでいる。

家族構成は両親と妹の4人家族。
両親とは普通に同居している。

超シスコンで、妹に近づく男は目からビームを発射したりして、容赦なく撃退する。
妹の事は大好きだが、恋愛感情ではなく、兄としての独占欲に近い。
妹に迫られたりすると動揺するヘタレな一面も。

鏡見姉弟について


この漫画には主人公兄妹以外に、鏡姉弟というのが登場し、姉のネネは一悟に、弟の晶はゆゆ子に恋心を抱いていて、事あるごとに二人にアタックしてきます。
基本的に兄妹には相手にされてないし、アタックはほとんどギャグ調で結局酷い目に遭うことが多いのですが、この姉弟は準レギュラーで出番がかなり多いうえに、2巻の後半辺りになってくると、兄妹の方も満更でもないという態度を取り始めるので、兄妹モノとして楽しみたい僕にとってはかなり邪魔な存在に感じました。

ちなみにこの姉弟の関係に恋愛要素は微塵もなく、姉(ドS)におもちゃにされる弟(ドM)という感じの関係ですので、そっち方面に期待してはいけません。

感想

特に印象に残った回を紹介していきます。

ACT.14

バレンタイン回にして、この作品一番の神回
ネネが作った惚れられ薬チョコを食べてしまった一悟。
その姿を見たゆゆ子が兄を大好きなブラコンになってしまい、お兄ちゃんにベタベタしまくるという素晴らしい回です。


す、素晴らしい!
薬の力で兄を好きになるなんて邪道?
いやいや、大丈夫。無問題。
実はネネが作った惚れられ薬は失敗作で、ゆゆ子はプラシーボ効果で、兄に対して素直になっていただけというオチなので。

ACT.37

雪山で遭難した兄妹が裸で身体を温め合うという話。


これは出オチで、モノローグもこの時点では誰のものかわからないので、「まさか相手は晶とかいうオチじゃないだろうな?」と疑心暗鬼になりながら読み進めていたのですが、ちゃんと相手は兄だったので安心。


まぁ、当然未遂に終わるわけですが……。

ACT.39

妹の可愛さを皆に知らしめるため、兄が勝手にゆゆ子をアイドルオーディションに推薦応募し、ゆゆ子がアイドルになってしまうというお話。
結局、ゆゆ子の音痴が理由でアイドルを辞めることになるのですが、

「私はお兄ちゃんの1番でいれたらそれでいいの…」
あのツンツンだったゆゆ子がサラッとこんな台詞を言うとは……感涙。

ACT.40

最終回です。
兄の正体に改めて疑問を持ち、必死で探ろうとするゆゆ子。
しかし、ネネに「一悟さまが例えロボットでもただの人間でも、ゆゆ子さんの兄で家族で大切な人なことは何も変わりありませんわよね☆」と諭され、兄の正体を探ることは諦めます。
そして、昔の事を思い出すゆゆ子。

天使がゆゆ子の兄への幼い恋心を封印するために奥の手を使い、兄の姿がロボットに見えるようにしてしまったという事実が明かされます。
1話の開始時点で、ゆゆ子には4歳の頃から兄はロボットに見えてたみたいなので、この設定は明らかに矛盾してるんですが……。
他にも兄の背中のコンセントプラグの存在、胸の自爆ボタン(ゆゆ子ではなく晶が認識している)の説明もつかない。まぁ、ギャグ漫画の設定に細かくツッコむのも無粋ですが……。
あと、兄のことが好きなゆゆ子を変な子呼ばわりする天使の存在は色んな意味で許せん。

……とまぁ、色々言いたいことはありますが、とりあえず置いといて、問題はこの後。


兄がネネと付き合ってるっぽかったり(よりによって恋人つなぎ……)、


ゆゆ子が晶と付き合ってるっぽい描写が入って、完結。

こ、こんな余計な描写いらねぇ……。
2巻の途中辺りから、兄妹の鏡見姉弟に対する態度が、満更でもないという感じになってきて、嫌な予感はしていましたが、まさかこう来るとは……。


上の画像はACT.39のものですが、兄が人間に見えないということは、まだゆゆ子が兄を(恋愛的な意味で)好きということになります。
しかし、最終回で兄が人間に見えるようになったということは、つまりゆゆ子の兄への恋心が消えたということになりますよね?
このオチだと、僕にはどうやってもそういう風にしか解釈出来ないのですが、ややこしいのが、最後に兄がロボットになっているところ。
兄が本当にロボットだった場合、ゆゆ子が実妹という事実が揺らぐんですよね。
この辺、明らかにぼかしてあって、確証が持てません。

まとめ

最初に書きましたが、地雷です。
結局最後は、兄も妹も他の人と良い仲になります。
兄も妹も最初はお互いブラコン、シスコンで、散々期待を持たせておいて、最後にまっ逆さまに叩き落とすこのオチは酷い……。
まるで某作品みたいですね。(特大級の地雷なので、間違っても手を出さないように)

他にも、冒頭で妹が他の男子と付き合ってキスまでしそうな関係になっていたり、妹の下着姿や裸などを晶やモブの男子に見られたり、ネネにゆゆ子がキスされたり、(不可抗力とはいえ)兄がネネを押し倒したり、ネネの頬にキスするシーンもあったりと微妙にイラッとさせられるシーンが多いです。

妹の実義も曖昧ですし、どうにもすっきりしない、読後感の非常に悪い作品です。

兄妹描写は良いし、子供の頃の思い出描写もちゃんとあるし、妹は本当に可愛いんですけどねぇ……もったいない。



『お兄ちゃん、朝までずっとギュッてして!』ちんぽじぶろぐ更新、『シスコン兄とブラコン妹が正直になったら』1巻重版決定

『お兄ちゃん、朝までずっとギュッてして!』ちんぽじぶろぐ更新

ちんぽじぶろぐ

直筆サインプレゼントキャンペーン、おにギュ抱き枕カバー企画、6月12日のニコ生などについて書かれています。
live.nicovideo.jp

『シスコン兄とブラコン妹が正直になったら』1巻重版決定

重版キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

いやー、めでたい。
発売から1週間で重版決定は、なかなか良いペースなんじゃないですかね?
世の中には良い作品なのに売れないということも多いですが、この作品はそんな悲しい目に遭わなかったようで何より。

僕もブログでバンバン推しまくったんで、自分の事のように嬉しいです。
この調子で、一人でも多くの人にこの作品を読んで欲しいですね。

jitsumai.hatenablog.com

余談ですが、重版出来は「じゅうはんしゅったい」と読むのが正しいそうです。
僕も、今日初めて知ったんですけどね(笑)



『イモコン』第69話「ありがとう」の感想

ganma.jp

感想はネタバレ有りなので、先に69話を読んでから読むことをお勧めします。

感想

維坐兄妹VS日高兄妹戦続き。

「ほんと“ありがとう”」

「“兄妹”っていいね」

「私はなりたい。誰よりも…強くて美しい妹になりたい」

「してやる。オレが“世界一”の妹にしてやる!!」

いやぁ、今回は名台詞のオンパレードですね。
熱い展開で燃えます。

展開といい、作者さんのあとがきといい、なんか最終回めっちゃ近そうな雰囲気で心配ですが……。
この戦い終わっても、まだ、続きますよね?

ブログ9周年です

今日で、このブログを開始してから9年経ちました。
最近は毎日更新をずっと続けているので、感慨に耽るような暇もないし、そんな暇があるなら一つでも多くの記事を書けって感じですね。

まぁ、とにかく今は積みゲーの消化が最優先です。
どんどんやる事こなして、バンバン記事を書いていくので、もうしばらくお付き合いください。

次回はいよいよ、10周年ですね。
1年後はこのブログどうなってるのかなぁ……。
今年中に、積みゲーを含め、溜まった記事は全て片付ける予定なので、それが終わった時、果たして燃え尽きるのか、まだ続ける気力が残ってるのか?
自分でもわからないというのが、正直なところです。