読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『アニメ版 ヨスガノソラ』第12話(最終回)「ハルカナソラヘ」の感想

実妹アニメの感想 ヨスガノソラ

最初に

今回の感想には作品やキャラに対する過激な批判が含まれます。
そんなの気にしないという人だけお読みください。















感想

もういい、このハルは○ね、今すぐ○ね!!
今までも色々酷かったハルだけど、穹に暴力を振るったのはさすがに許せない!!
もうね、このアニメの脚本書いた人は何考えてんの?
いくら何でもハルの改悪が酷過ぎる。


まあ、ヘタレで穹の気持ちが全然わかってないのは原作通りですけど、さすがにここまでムカつくキャラではなかったはずです。


原作のハルは、二人だけの生活を守る為にわがままな妹の穹の面倒もしっかり見て、不平一つ言わずに今まで一人で頑張ってきたという事情があるから、多少ダメな部分があってもまだ許せたんですが、アニメ版のハルは全然そんな風に見えません。


僕には他の女の子にフラフラしまくって穹を放ったらかしにし、セックスばっかりしてたというイメージしかないです。


ハァ……ハルさえいれば他には何もいらないという覚悟完了でちょっとキモウト入った穹の描写については何の問題もないんですけどねぇ……。
なんでハルに関してはこんなにも酷いのか。
このアニメのスタッフはハルに何か恨みでもあるんですかね?
奈緒に自分の穹に対する気持ちを告白して真摯に謝る姿「だけ」は良かったですけど。


あと、湖のシーンの改悪も酷い
ここは原作の裸シーツシーンに続く穹ルートの見せ場であるはずなんですが、穹とハルのあの緊迫感のあるやり取りが全くなく、あっさり溺れたけど、やっぱり助かって終わり。
なぜ二人が助かったのかの説明もなく、一度は二人で死のうとしたハルが助かった途端に考えを翻し、いつの間にか二人が和解しているという展開に、僕の頭には?マークが飛び交いました。
原作を知ってる僕でさえそうだったのに、アニメしか知らない人には、果たして二人の心情が理解出来たんでしょうか?


最終回で原作より優れていてるかなと思えるのは、委員長が二人の関係に嫌悪感をむき出しにし、最後まで二人の関係を認めないという部分とラストの結末です。
原作の委員長はあっさりと自分の態度を謝り、二人とすぐに和解してしまいましたからね。
アニメ版での委員長の態度は近親相姦という禁忌に対する世間の嫌悪感や冷たさをよく表現出来ていたと思います。


春日野兄妹が奥木染での生活を捨てて、二人で外国へ行ってしまうという結末も、後味は悪いですが、原作とは別のエンドと考えれば、これはこれでありだと思います。

まとめ

このアニメは評価が難しいですね。
ハルの改悪、過剰なエロ描写、ルート分岐方式、原作のイメージをぶち壊すCパートに関しては嫌悪感しか湧きませんが、
オープニングテーマの『比翼の羽根』、音楽や背景などの演出、穹の描写、春日野兄妹の子供の頃の描写、最終話直前までの穹ルートなどは良かったりするんですよね。
良い部分と悪い部分の落差が大きすぎて非常に評価しづらいんですが、これだけは言っておきたい。


このアニメのルート分岐方式の採用は大失敗だったって事です。


素直に穹一人をメインヒロインにして作ってくれれば良かったのに、
なんでこんな出来になっちゃったんですかねぇ……。
ルート分岐方式とハルの改悪にゴーサインを出した人は猛省してください
この二つさえ無ければ、もっと素晴らしい作品に仕上がっていたと思います。