『電撃G's magazine』2020年1月号購入

感想


今月はVtuber可憐の綴じ込みピンナップポスターが付くということで、20周年記念号以来、久しぶりにG's本誌を購入しました。


シスプリ関連の記事は6ページ。
Vtuber可憐のソロアルバムの広告、Vtuber可憐のアーティストデビューへの軌跡、アニメ一期のプレイバックコーナー、Brother's Dayの紹介などがあります。

毎週可憐の配信をチェックしているような古参のシスプリファンにとっては特に目新しい情報はないですが、新規への紹介という意味ではなかなか良いのではないかと。



Vtuber可憐の綴じ込みピンナップポスターはこんな感じで、両面仕様になっています。
記事の方でもVTuber可憐の見たことないポーズがチラホラあるのですが、改めて見ても可憐の3Dモデルの出来はいいですね。

他にも配信で話題になったVTuber可憐テレカの誌上通販や、読書コーナーではシスプリネタもいくつかありました。
テレカについては電撃屋のネット通販でも買えるので、それ目当てなら本誌を買う必要は特にありません。

まとめ

シスプリの特集が6ページというのは、決して少ないわけではないですが、シスプリ以外特に興味が無い僕としては、どうしても割高な感じが拭えませんね(ピンナップポスターは良い出来ですし、これについては満足してますが)。

せっかく購入したのでアンケートハガキに「もっとシスプリの記事増やしてください」って書いて送ろうかと思います。とはいえ、僕だけでは心許ないので、シスプリ好きの人は僕と一緒にアンケートハガキを送ってくれるとありがたいです。
そうすれば、今後G's本誌のシスプリ記事の割合が増えるかも(笑)