読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『イモコン』第11話「決着」の感想

実妹ラノベ・漫画の感想

ganma.jp


感想はネタバレ有りなので、先に11話を読んでから読むことをお勧めします。

感想

なん……だと……。
いや、この展開はまったく予想出来なかった。
まさかこう来るとは……。
各キャラの流す涙には熱いものを感じますね。


しかし、この急展開は、打ち切りフラグが立ったようで、非常に嫌な予感がします。
お願いだからこんなところで終わらないで、続いて欲しいです。
この四ヶ月間、二週間ごとに更新されるこの漫画をもの凄く楽しみにしていたので。
……っていうか、第1話の表紙の兄妹まだ全員出てないじゃないですか。(赤いリボンの眼鏡の女の子が未登場)


杵島兄妹の2つ目の絆艶舞、「ツヴァイ ニーダーブレンネン」ですが、
ツヴァイ(zwei)はドイツ語で数字の2。
ニーダーブレンネン(niederbrennen)はドイツ語で焼き払う、全焼するの意味。
「アインス キルシュ・ブルーテ」で数字の1が出てきたことと、絆艶舞は2種類まで設定出来るというところから、アインスは1つめ、ツヴァイは2つめという意味ですかね。
よって日本語に訳すと「アインス キルシュ・ブルーテ」は「第一艶舞 桜花」
「ツヴァイ ニーダーブレンネン」は「第二艶舞 全焼」という感じでしょうか。


って……冷静に絆艶舞の訳をしてる場合じゃない。


打ち切り反対!! 絶対反対!!


GANMA!さん、お願いだからこんなところで『イモコン』を終わらせないでください!!


jitsumai.hatenablog.com