『はぴねす!2 Sakura Celebration』体験版の感想

作品情報

タイトル:はぴねす!2 Sakura Celebration
ブランド:ういんどみるOasis 作品ページ
ジャンル:はーとふる魔法学園ADV
発売日:2019年2月22日(金)発売予定
販売価格:9,800円(税別)

あらすじ

公式サイトのストーリー参照

体験版の内容

体験版のサイズは約1GB。

プレイ時間は4時間ぐらい。

体験版は、バレンタインの直前に花恋が街にやってくるところから始まり→妹の熾月が留学から帰ってくるのを、主人公と瑞月で迎えにいく→熾月の歓迎会の準備→魔法で人助け→熾月の歓迎会→バレンタイン当日→学校が休校になってみんなで遊びに行く→新学期、洗面所で裸の熾月と遭遇→新学期初日というところで、一旦終了。Hシーンが解放されます。
ここまでのプレイ時間が大体2時間ぐらいで、この後もう少し続きがプレイ出来るんですが、ここから妙に長くて、さらに2時間ぐらいかかりました。共通ルートが終わって花恋ルートの序盤ぐらいまでで、体験版は終了。

システム

画面サイズは1280*720のワイド画面。

システムは必要なものは揃っていて、特に問題なし。
スキップがやや遅めなのが気になりましたが、次の選択肢まで飛ばせるシーンジャンプ機能もありますし、そこまで問題ではないでしょう。

妹について

熾月

名前 年齢
一条 熾月(いちじょう しづき ) 兄の1つ下、高○1年生?
一人称 兄呼称
兄さん
身長 体重 スリーサイズ
156cm 不明 B78(A)/W52/H82
CV 原画 シナリオ
杏子御津 こ~ちゃ 元長柾木、セロリ、ちゃとら
備考
7月7日生まれ(蟹座)、B型

主人公の妹で、瑞月の双子の姉。
桜ヶ丘学園1年生。

スコットランドの魔法学院に2年間留学していたが、物語の冒頭で帰国してくる。
魔法の実力はかなりのもの(ClassはC)で、雑誌に載るほどの有名人。
マジックワンドの名前はアルバ(人格は男)。

人付き合いは苦手で、態度はそっけないが、不器用なだけで内面は優しい。

妹の瑞月とは仲が良いが、過剰なスキンシップには引き気味。
胸が小さいのを気にしている。

兄のことは好きなようだが、なかなか素直になれない。

瑞月

名前 年齢
一条 瑞月(いちじょう みづき ) 兄の1つ下、高○1年生?
一人称 兄呼称
わたし お兄ちゃん
身長 体重 スリーサイズ
154cm 不明 B88(E)/W55/H85
CV 原画 シナリオ
猫村ゆき こ~ちゃ 元長柾木、セロリ、ちゃとら
備考
7月7日生まれ(蟹座)、O型

主人公の妹で、熾月の双子の妹。
桜ヶ丘学園1年生。

人懐っこく、社交的な性格。
料理が得意で母親が仕事で忙しい時は代わりに作っている。

姉の熾月のことは大好きで、よくくっついている。
姉と違って魔法の才能はあまり無い。

兄のことは大好きで、スキンシップも激しい。

サブキャラみたいなので、攻略出来るかどうかは怪しい感じ。
公式サイトのCGを見る限り、Hシーンはあるようですが……。

妹たちの実義について

最初の方に妙に怪しい描写がありましたが、体験版を最後までプレイした限りでは、二人とも実妹と見てよさそうです。詳しくはTwitterの呟きのまとめを見てください。

兄について

主人公。
桜ヶ丘学園2年生。

家族構成は義理の両親と妹2人の5人家族。
本当の両親は兄妹が幼い頃に事故で亡くなっていて、今の両親とは義理の関係。
義理の父親は仕事で海外に行っているので不在、現在は義理の母親(本当の母親の妹で正確には叔母)と妹たちと一緒に暮らしている。
楓子先輩という許嫁がいるが、お互いの母親が勝手に決めただけで、正式なものではない。

真面目で困っている人を放っておけない性格。
人より運動神経が優れていて、いろいろな部から入部を頼まれるほどだが、本人にその気はなくすべて断っている。
魔法はあまり得意ではないが(ClassはD)、身体を強化する魔法ぐらいは使える。

女の子には密かに人気があるらしいが、親しい人間以外にはそっけなくクールなので、距離を置かれている。

妹たちのことは、普通に可愛がっているし、良い兄です。

Hシーンについて

Hシーンは花恋と璃乃の2つのみ。

描写はそれなりですが、尺はちょっと短めですね、主人公がやけに早漏なのが気になりました。

まとめ

なかなか良いですね。
主人公の子供の頃の話や熾月の御咲神社へのこだわり、真白の正体など、伏線が上手く散りばめられていて、先が気になるように作られています。
テキストも読みやすいですし、なかなか面白かったです。

兄妹描写は若干弱めですが、妹たちの実義も大丈夫そうですし、とりあえず購入します。

おまけ

twitter.com