読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

友里 海音 『絶対★妹至上主義!!』(礼儀正しい系・電波、ゴスロリ)

実妹キャラレビュー

メーカー 脳内彼女
「絶対★妹至上主義!!」2007年1月26日発売予定!

ゲーム内容

主人公の友里信一は平凡な学生。
妹の「湊(みなと)」と二人でのんびりした春休みを過ごしていたが、
ある日、寮生活で家を離れていたもう一人の妹の「円(まどか)」が、
父の亡くなった知人の娘だという「海音(あまね)」を連れて帰ってきた。


多少のいざこざはあったものの、結局妹として家に引き取る事になった海音。
しかし、その海音は実は信一を前世の恋人の生まれ変わりと慕う電波少女だった。
海音に強引に迫られ関係を結んでしまう信一。


そして、それをきっかけに円、湊、更には隣に住む幼馴染であり、
信一を兄と慕う妹的存在の「ゆかり」までが信一に迫り始める。
妹達に次々と迫られ困った信一は、
兄としてそんな状況を何とかしようと決心するのだが…。


ここまでが共通ルートで、大体1時間半ほどです。

妹について

友里海音

名前は海音(かいおん)(あまね)。
一人称は「わたくし」。
兄の呼称は「お兄様」、「信一さん」。


電波なゴスロリ少女。
伯爵という兎の人形をいつも抱えている。
オカルト好きで、怪しい呪いのアイテムをたくさん持っている。
兄の事を前世で悪い魔女に引き裂かれた恋人の生まれ変わりと思い込んで慕っている。
料理が得意でかなりの腕前。

兄について

性格は基本的には普通のエロゲ主人公。
妹達には押され気味で、兄としての威厳が保てないと悩んでいる。
妹達に迫られると抵抗できず流されるままで、かなり情けない。


家族構成は両親と姉3人に自分、妹の湊と円+海音の9人家族。
両親は長期出張で家に居らず、姉3人は既に家を出ていてゲームには出てこない。


海音の事は最初は可愛い子だと思ってたが、電波と知ってかなり引いている。
共通ルートで媚薬と海音の誘惑によって海音の処女を奪ってしまう。

シナリオ

海音ルートに入っても、相変わらず海音に流されるまま身体を重ねる兄。
このままではマズイと感じた兄は、海音の電波な奇行の原因を探る為、
まずは海音とデートをして相手の事をよく知ることにします。
海音もそんな兄に打ち解け始め、二人は少しずつ仲良くなっていきます。


(ここからネタバレあります。気をつけてください。)




一方でゆかりは海音が何か目的があって兄に近づいている事に勘付きます。
そして海音を問い詰めるのですが、海音はとぼけて応えません。


実際に海音は兄に気に入られるように演技をしている事が海音視点からわかるのですが、
兄の方はそんな事には全然気付かずに、兄として海音に優しく接していきます。
最初は演技のつもりだった海音も、純粋な兄に惹かれはじめます。


そんなある日、事あるごとに海音と対立していたゆかりが、本気で海音を問い詰める事に。
ゆかりの剣幕に耐え切れず家を飛び出す海音。
後を追いかけてきた兄に、海音は本当の事を話し始めます。


自分が湊達の父親の隠し子であり、兄と血が繋がっている事。
母に捨てられた自分に比べて、
のうのうと何も知らずに幸せに暮らしている友里家の人間を憎んでいる事。
自分が友里家に来て兄に近づいたのは友里家の人間を仲違いさせて
引き裂く為だった事。
その為に兄を含め皆を騙してきた事。


すべてを知った兄は海音の事を受け止め、それでも海音が好きだと告白します。
普段はヘタレな兄ですが、このシナリオでは珍しく格好いいです。
他の皆とも仲直りし、友里家に受け入れられた海音はEDで兄と結婚。
子供も出来て幸せそうに微笑み、物語は終わります。

親バレ、周りバレ

両方一応ある程度。
EDで父親に結婚を反対されたという描写があるんですが、説明のテキストだけです。
その際に湊、円、ゆかりが協力してくれた事がわかります。

禁忌、背徳描写

無いですね。
兄は海音と血が繋がっている事をED付近まで知りませんし、
それを知っても兄妹である事なんかどうでもいいと言い放ちます。
海音の方も実の兄妹でHをする事自体に罪悪感を感じてる描写はありませんし、
兄と両思いになってからは兄ではなく恋人として見ています。


(ネタバレここまで)

エッチ

回想シーンは11。
その内の2つは円とゆかりのシナリオでのものです。
本番まであるのが7つ。残りの4つは手コキやフェラ止まり。
尺は普通で描写もなかなか。問題なく使えるレベルだと思います。


内容はフェラ、手コキ、足コキ、パイズリ、
正常位、騎乗位、対面座位、後背位。
他にもおまけシナリオでゆかりとの3Pがあります。


出す場所は中6、外1。
前半の内は相手は妹だから中はマズいという描写がありますが、
後半になると気にしません。

まとめ

シナリオ自体は悪くなかったんですが、実妹モノとしては失格
兄と海音に実の兄妹であるという意識が希薄すぎます。
兄妹である事より恋人である事を選んだ二人には、がっかりしました。


湊と円に比べるとどうしてもね…
お気に入り度(10点満点) 7


別のキャラのレビューを読む