読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実妹ゲームにおける兄の重要性

実妹ゲームというと、とかく妹のキャラが重視されがちですが、
同じぐらい重要なのが兄のキャラだと思います。


どんなに妹が可愛くてツボにハマったとしても、
兄が気に入らなくて感情移入出来ないと、妹の魅力も半減
逆に、上手く良兄と良妹が組み合わされば、妹の魅力は何倍にも跳ね上がります


例えるなら兄の存在は妹の魅力を左右するスパイスのようなもの
妹の魅力を生かすも殺すも兄次第です。


という事で、妹を引き立てる良兄とその逆のダメ兄について考えてみます。

良兄の特徴

妹を大事に思っている。
(基本中の基本。普段は妹なんてという態度を取りつつ、
心の底では大事にしてる兄なんてのは個人的にツボ)
妹の幸せを考えることが出来る。
(妹を好きになった時とか妹の彼氏について考えた時に、妹の幸せを願える兄は好印象)
兄としての自覚がある。
(「俺はアイツの兄なんだ」は色んな場面で使える良兄の基本台詞)
兄自身に魅力がある。
(何かの信念を持っている、努力家である、人に優しいなど妹が好きになるのも当然と思える兄)

ダメ兄の特徴

妹の気持ちに鈍感過ぎる。
(鈍いも、度が過ぎるとイライラします)
肝心なところでヘタレる。
(妹が傷ついたり危険な目に遭ってる時に、役に立たない兄って……)
近親相姦について深く考えない。
(何も考えずに妹とH三昧、おまけに中出しし放題、
こんな兄には「近親相姦ナメんな」とツッコミたくなります)
妹を性的な目で見る事に罪悪感が無い。(両思いになった後は除く)
(兄失格。こんな兄は問題外)

実際の実妹ゲームにおける兄達の例

良兄の典型としては『Φなる・あぷろーち』の兄ですね。
この兄は正に理想的な兄でした。


多少欠点はありますが、
『で・る・た!〜おねだり天使とひとつ屋根のした〜』『かみぱに!』
『星空のメモリア』『たいせつなうた 〜恋する夢歌姫〜』
辺りもいい兄でしたね。


逆に兄が妹の足を引っ張った例としては、
『絶対★妹至上主義!!』『ヨスガノソラ』『あかね色に染まる坂』
これらの作品は兄がもうちょっとマシだったら、もっと高く評価されてたと思います。

まとめ

兄なくして妹なし。
二人揃ってこそ兄妹なんです。
良兄のいる実妹ゲームは大抵がいい出来ですよ。


別のコラムを読む