読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメ『シスター♥プリンセス』第6話~第10話の感想

実妹アニメの感想 シスタープリンセス

第6話 お兄ちゃんは王子様♥

今回は、豪華賞品をお兄ちゃんにプレゼントしようと、プロミストアイランドで行われる演芸大会に兄妹みんなで参加するお話。


ぴょんと飛び跳ねる花穂ちゃん。


今回も作画怪しいです……。


作画も良いところは良いのですが、場面ごとの差が本当に激しい。




朝まで一緒にお手伝い……。隙あらばお兄様を誘惑する咲耶……恐ろしい子!!
今回はかなり咲耶が目立っています。





序盤は怪しい作画でしたが、中盤あたりからは持ち直します。


妹たちが必死で頑張ってるにも関わらず、緊張で舞台に出ることが出来ないヘタレ兄。
こ、○したい……。

今回は、お兄ちゃんのヘタレぶりが際立つ話でした……。
場面によっては、まだ山田の方がマシに見えるぐらいだから、困る。

第7話 恋する季節

今回は咲耶にスポットを当てたお話。
咲耶が兄との関係を真剣に考えているのが、よくわかるお話でした。
兄妹では結婚出来ないこと、兄にその気がないことを理解したうえで、悩んでいるのがいじらしいですね。

これで、もうちょっと兄が格好良ければいいのですが、あまりにヘタレすぎてね。
なんでこんなダメ男を……もっと他に良い男がいるだろ、と思ってしまいます。


美しい……。


咲耶のウェディング姿。ケ、ケバイ。
咲耶好きの僕もさすがにドン引きですよ……作画スタッフ真面目に仕事しろ!!

この咲耶のウェディング姿を見て「お昼ごはんはまだ?」「えー、僕お腹ペコペコだよ、まいったな」「シーツを被ってただけだろ?」と言い放つ空気読めない兄はマジで○んでいい。


そりゃ咲耶もこんな顔しますよ。


山田の妄想とはいえ、こんなシーン入れなくても……。
アニメスタッフのセンスは本当にもう……ね。


結婚式の予行演習ということで、誓いのキスを求める咲耶



年少組の作画気合入りすぎ(笑)

第8話 いつの日かふたりで


雛子を脚立のてっぺんに昇らせて、ドジっ娘の花穂が補助をするという危険過ぎる絵面。
更に近くを衛がローラースケートで滑ってるって……こんなの事故を起こしてくれと言ってるようなもんでしょう。
そもそも脚立って危険だから一番上に乗ってはいけないんですよ?
もし、衛がうっかりぶつかって、雛子が脚立から落ちて怪我でもしたらどうするのか。
アニメスタッフは「危険予知(KY)」という言葉を知らないんでしょうか?
最初から年長組にやらせるか、せめて、年長組を一人補助につけましょうよ……。







鞠絵回だけあって、気合入った作画の数々。



いつもはヘタレな兄も、今回は珍しく兄らしいところを見せています。
鞠絵が熱を出した時も、鞠絵のために雨の中、貝を探しに海へ飛び出す行動力を見せましたしね。


結局貝を取ってきたのはミカエルでしたけど(笑)



鞠絵も眼鏡がなければ可愛いのに……って言ったら眼鏡好きの人に怒られそう。




良い鞠絵回でした。
毎回このクオリティなら、僕も文句などつけないんですが……。

第9話 夏がきました

今回はプール開きの話……待望の水着回だーー!
……と思いきや、兄が泳げないことを気にして、終始うじうじしているという、非常にうっとうしい回でした。




山田の妄想。
だから、なぜ、わざわざ視聴者を不快にさせるような真似をするのか……。
視聴者に喧嘩売ってるんでしょうか?





衛が可愛いのだけが救いの回でした。

第10話 頑張って、あにぃ!






前回は肩透かしを喰らいましたが、ようやくまともなサービスシーンが。
そうそう、こういうのでいいんだよ。(偉そう)








衛メインの回だけあって、当然衛の作画は頑張ってます。
怪しいところも結構ありますが、抑えてるところは抑えてる感じ。
泳げない兄の練習に、一生懸命付き合う健気な衛の姿に癒やされます。


このね、控えめな大きさがいいの。わかります?



せっかく衛が何度も練習に付き合ってくれて、ゴーグルまで買ってくれたのに、ヘタレて練習をサボる兄。
見てて非常にイライラします……。


寂しそうにプールサイドに佇む衛の姿がマジ泣ける……。



皆で遊んでいる時に溺れてしまった亞里亞を助けようと、咄嗟にプールに飛び込む兄。


ようやく面目躍如かと思いきや、亞里亞は結局咲耶が助けて、兄は情けない泳ぎしか出来ない役立たずぶり。
ちょ、おま! せめて、ここは格好良く助けろよ!!


妹たちに応援されながら、ショボい泳ぎを披露する兄が情けなさ過ぎる……。


こんな兄にも優しく接する衛、マジ天使!! な回でした。