『モウソウスピーカー ~Hな妄想が聴こえてくるよ~』体験版の感想

作品情報

タイトル:モウソウスピーカー ~Hな妄想が聴こえてくるよ~
ブランド:SATOR
ジャンル:女の子のエッチな妄想バレバレADV
発売日:2019年9月27日発売予定
販売価格:7,800円(税別)

あらすじ

公式サイトのストーリー参照。

体験版の内容

体験版のサイズは237MB。

体験版は憂巳(うみ)のオナニーシーンから始まります。
そこから時間が巻き戻り、妹を含めたヒロインたちの登場、憂巳に演劇部に誘われて最初は断るがやはり受けることにする、文化祭用の脚本を考えて憂巳に見せるがダメ出しされ、最初のオナニーシーンにたどり着くというところまでがプロローグ。
OPムービーが流れたところでプロローグは終了し、そこからは選択肢が出て、各ヒロインのHシーンを1つ見たところで体験版は終了。

プレイ時間は1時間ぐらいでした。

システム

画面サイズは1280*720のワイド画面。



システム設定は最低限のものしかありませんが、必要なものは揃っていて、特に問題なし。

妹について

名前 年齢
大内 早千(おおうち さち) 兄の1つか2つ下?
一人称 兄呼称
アタシ、私 お兄ちゃん
身長 体重 スリーサイズ
150cm 38kg 82(D)/52/70
CV 原画 シナリオ
風花ましろ ちぜ、他 佐鳥メロメ、Titan22
備考
9月18日生まれの乙女座、A型

主人公の妹。
学生で兄とは同じ学園に通っている。

昔は内気で大人しい妹だったらしいが、今ではすっかり勝気で生意気な妹に。

態度は生意気ですが、妹の好感度自体は最初からMAX。
兄に処女を上げたいと内心考えていて、わざと胸チラして兄を誘惑してきたりします。
兄と恋人のような関係になりたいのに、兄妹ではなれないことに悩む可愛いところも。

妹の実義については、体験版で血が繋がっているという表現があったので、実妹と思われます。

兄について

主人公。
学生でD組所属。
部活はゲーム部で、自分でシナリオを書いてアドベンチャーゲームを作ったこともある。

性格は可もなく不可もない普通のエロゲ主人公だが、ヒロインたちにはなぜか強烈な好意を寄せられている。
妹のことは生意気な妹だと思っていて、妹への態度もかなり雑であしらう感じ。

Hシーンについて

体験版のHシーンは4つ。

憂巳のオナニーを見ながら一緒にオナニーする

憂巳に顔面騎乗されてクンニ→正常位でH(中出し)

早千にクンニ→寝バックで挿入(中出し)

ランニングしている霞純(かすみ)を電動ローターで責める→立ちバックで挿入(中出し)

Hシーンの描写は悪くないのですが、テキストが短すぎで使いづらそう……。
卑語はテキスト、ボイス共に無修正。
アヌスはモザイク無し。

まとめ

恋愛ゲームというよりは抜きゲー寄りですね。

このゲームの面白いところは、女の子の心の声が表示されるのはプレイヤーだけで、主人公やヒロインにはそれがわからないところ。
てっきり、主人公には隠された女の子の声が聴こえるという設定だと思ってたので、意外でした。
ただ、その女の子の心の声が腹黒すぎるうえに、発情した痴女過ぎてドン引きですね。
主人公を巡る女の子同士の駆け引きがわかるのは面白いですが。

妹に関しては、生意気なところが可愛いですが、ちょっとビッチっぽいところは好みが分かれそう。
なぜ兄のことが好きなのか理由が説明されないところも気になりました。

新規ブランドということで未知数なところはありますが、体験版をプレイする感じでは悪くなさそう。妹は可愛いですし、兄妹描写もいい感じだったので購入します。

おまけで僕が体験版をプレイした時のTwitterの呟きを置いておきます。参考にどうぞ。