読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高槻 菜乃 『シスターまじっく!』(ダウナー系・巨乳、素直クール)

メーカー 脳内彼女
シスターまじっく! 3月27日発売!

ゲーム内容

主人公の「高槻武晴(たかつき たけはる」は学生アルバイター
母を早くに無くした主人公は、
海外出張中の父に代わり
3人の妹の「晴菜(はるな)」、「菜乃(なの)」、「乃々美(ののみ)」の面倒を見ながら暮らしてきたが、
最近はその妹たちが下着姿でうろついたり、一緒にお風呂に入ってきたりと
兄である主人公を誘惑するようになり、男として、兄として、色々困る毎日を送っていた。


欲求不満なのか見知らぬ女の子との淫夢まで見るようになっていたある日、
その夢の女の子が現実に現れる。
魔界の王女だと名乗る女の子「ネリス」は、
主人公が実は魔界の王の因子を受け継ぐ魂を持っていて、自分はあなたの妹だと告げる。


実は高槻家の妹たちは全員魔女で、兄を誘惑していたのは魔王として覚醒するのを防ぐ為だった。
妹たちに「魔王の魂を封印する為には私たちの誰かを妊娠させて子供を作らなければいけない」
と言われ困惑する主人公。


妹にそんな事が出来るわけがないとあくまで拒む主人公に対し、
妹たちは主人公に「妹でしか射精できない呪い」をかけ、色仕掛けで迫ってくる。


こうして、妹たちによるお兄ちゃん争奪戦が始まった!!

妹について

高槻菜乃

名前は菜乃(なの)。
一人称は「わたし」。
兄の呼称は「兄さん」。


感情に乏しいダウナー系。
料理洗濯が得意で高槻家の家事担当。
ナイスバディの持ち主で特に胸が大きい。


兄のベッドに下着姿でもぐりこんだり、
お風呂に入って兄の身体を洗おうとしたりと迫ってくる。
晴菜と同じく兄とHする事に躊躇はなく、かなり積極的。
独占欲はかなり強い。

「兄さんを取られたくないの……誰にも、例え姉さんやノノにも……」
「忘れて。道徳とか背徳とか関係ない……わたしだけを見て」
「遠慮しなくていいの。妹は兄さんのためならどんなことでも出来るんだから」

兄について

亡き母に妹たちの事を頼まれた事もあり、兄として妹を守ろうという意識は強い。
一般的な常識と倫理観を持っている為、妹たちの誘惑に流されつつもなかなか落ちない。
家計の足しにする為に、製菓工場でドーナツの箱詰めのアルバイトをしている。


菜乃の事は妹として好きで恋愛感情はない。
ストレートに気持ちを伝え迫ってくる菜乃に困惑している。

シナリオ

菜乃ルートに入ると、兄は菜乃を説得してHな事をやめさせようとします。
兄妹でHな事をするなんておかしいと主張する兄に対し菜乃は、

「わたしは兄さんが好きだから、好きな男の人にしてあげるように兄さんを愛したい」
「このままでは兄さんは魔王になる。でも、兄さんの性格上わたしたちを孕ませるなんて出来ない。
だから、あらゆる手をつくして兄さんの常識を壊すことにした」
「兄さんがわたしを孕ませたい、そう思えるまでわたしの身体で堕落させてあげる」

と言って兄を誘惑してきます。


菜乃に「菜乃で射精しないと興奮が収まらない呪い」をかけられ、
我慢できずに菜乃を抱いてしまい後悔する兄。
その後、兄は晴菜に口移しでご飯を食べさせられる場面を菜乃に目撃されます。
「処女をささげても、それでも姉さんには勝てないの?」と悲しそうに呟く菜乃。


そんなある日、
最近二人が仲がいいと感じた晴菜が兄に「菜乃と付き合ってるの?」と聞いてきます。
この時点ではまだ菜乃への気持ちはあいまいで、特に付き合ってるわけではないのですが、
兄はこの誤解を利用して他の妹が迫ってくるのを牽制しようと考え、それを認めてしまいます。


この嘘が原因で菜乃を本当に恋人にする事になってしまう兄。
恋人になれたと嬉しそうにする菜乃に対して兄は、
「他の妹達を牽制する為の嘘で本心ではない」という事を言い出せず、罪悪感を感じます。
この辺の兄の優柔不断な態度は見ててイライラしました。


菜乃と恋人になった事は他の妹たちにも周知の事なんですが、
晴菜はまだ諦めてないのか、菜乃の目の前でお休みのチューと称して兄に濃厚なキスをしてきます。
兄が晴菜のキスに感じてたのを見抜いた菜乃は兄を問い詰めます。

「わたしが恋人のはずなのに……」
「兄さんは優しいから妹みんなが甘えちゃうの。兄さんも妹を拒めずに流されちゃうだろうし」
「キスくらいならわたしはいいと思ってたの……でもやっぱり兄さんのああいう顔をみるのは嫌」
「兄さんはわたしが世話するの、他の誰かになんて取られたくない」
「妹から恋人になれたと思ったのに……やっぱり姉さんがいいの?」


(ここからネタバレ強くなります。気をつけてください。)




そして、再び兄を誘惑しにくる晴菜。しかし、なぜか兄の身体は反応しません。
その原因が菜乃が兄にかけた呪いのせいだと気付いた晴菜は菜乃と口論に。
一触即発の雰囲気を察した兄は二人の間に割って入ります。
しかし、うまくいかずにすれちがう兄と菜乃の心。

「そう、兄さんはわたしより姉さんたちを選ぶのね」
「結局わたしは兄さんにとって恋人じゃなくて妹に過ぎないのね」

どうしても兄が自分だけのものになってくれない。
思いつめた菜乃は結界の魔法を発動し、兄を「兄と菜乃二人だけの世界」に連れて行きます。
その世界で菜乃は兄を自分の事だけしか考えられなくなるように洗脳。
ここはちょっとキモウト成分が入ってます。

菜乃「兄さんはわたしでしか満足しない」
兄「……そうだ俺は菜乃としかHできない」
菜乃「兄さんはもうわたししか見えない」
兄「……そうだな俺は菜乃のことで頭がいっぱいだ」
菜乃「兄さんはわたしだけのもの……」
兄「……そうだよ、俺は菜乃だけのお兄ちゃんなんだ」
菜乃「ふふ……もう余計なこと考えないでね」

兄は菜乃の思い通りに妹たちの存在を忘れ、菜乃だけを愛するように。
そこにネリスがやってきて兄の眼を覚まさせ、この世界から抜け出す方法を教えてくれます。
そして、兄は菜乃にこの世界のほころびを見せ、現実に帰るように説得。
目を覚ました菜乃は、泣きながら今まで隠していた自分の内心を告白します。


姉や乃々美と同じではなく、兄の特別になりたかった事。
身体を重ねたのはその為だった事。
何も変えられない自分に嫌気が差し、やり直すためにこの世界を作った事。
家事や姉妹の世話をしてたのは、兄に自分が必要だと思われたかったからだった事。


自分が菜乃の事を全然わかってなくて、
はっきりしない態度が菜乃を不安にさせ追い込んでしまった事に気付いた兄は
ようやく覚悟を決めて自分の気持ちに素直になり、
これからは自分が菜乃を守っていく、菜乃と一緒に生きたいと告白。
気持ちが通じ合った二人は愛し合い、菜乃は妊娠します。
現実の世界に戻り、姉妹達とも仲直りしてEDです。


ちなみに菜乃と二人だけの世界を否定しないとBADEND。
菜乃以外の妹達の存在が消えた世界が現実となり、菜乃と二人だけの生活。
壊れた菜乃と兄のただれた生活で終わる後味の悪いENDです。
こんな余計なモノいりません。




(ネタバレここまで)

親バレ、周りバレ

菜乃が妊娠した後に、菜乃が父親にメールですべてを報告。
電話口で父親は激怒して勘当を持ち出しますが、
菜乃は平然と結婚するから問題ないと返します。
根本的な解決にはなってませんね。その後、結局認められたのかはわかりません。
周りバレは姉妹達以外の登場人物が出てこないのでありません。

禁忌、背徳描写

晴菜の時と大体同じでそれなりにあるんですが、
兄がヘタレな分そっちが気になって薄まっている印象を受けました。

エッチ

菜乃の回想シーンは12。本番まであるのが6つ。
内容は手コキ、パイズリフェラ、フェラ、フトモモコキ、
正常位、騎乗位、座位、後背位、背面側位。
特殊なシーンとして、
魔法の失敗で自分を姉だと思い込んだ菜乃とのH、
変な薬草を食べさせられ身体が子供になってしまった兄と菜乃のお姉ちゃんプレイ、
魔法を使った母乳プレイ、BADENDでの兄を魔法で3人に増やしての4P。


エロい事はエロいんですが、
大半は兄がヘタレで更にマニアックなシーンも多いので、個人的には使えませんでした。
出す場所はたまに外がありますが、ほとんどは中。
このゲームの場合、「魔王化を防ぐ為に妹を妊娠させなければならない」という目的があるので、
中に出す事はそれほど気になりませんでした。

まとめ

終盤で兄が菜乃を説得するシーンは良かったです。
ただ、そこ以外は兄のヘタレな態度のせいであまり楽しめなかったかな。


菜乃は、晴菜に対してコンプレックスを感じてたり、
独占欲が強かったり、兄と恋人になれて嬉しがるところなど、
いいところもあるんですが、どうもハマりきれませんでした。
ビジュアルがあまり好みじゃないのと巨乳が好きじゃないというのも関係してるかもしれません。


微妙に姉キャラっぽいのもイマイチな原因の一つかも。
お気に入り度(10点満点) 7


別のキャラのレビューを読む