読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。』第13話「妹が兄に恋なんてするわけない」の感想


第13話は二期の第2話以来の、原作者である伏見先生の脚本。
原作11巻の高坂兄妹の過去編をアニメ化したものなんですが、実際はアニメオリジナルに近い話になっています。



小学生の京介が家に帰ってくると、妹の桐乃が泣いています。
「お友達のお人形壊しちゃって喧嘩しちゃった、嫌われちゃったぁ、どうしよう……」
と泣きながら話す桐乃に対し、



頭に手をポンと置き、
「桐乃、俺に任せろ」
と自信満々に言う京介。
この頭に手をポンと置く仕草は、この後、何度も出て来ます。
どうも、これは京介の癖みたいですね。
高校生になってからも、桐乃に対して、よくやってますし。



そんな兄を不思議そうに見上げる桐乃。



兄が壊れた人形を直してくれたのを見て、嬉しそうな桐乃。
小さい頃の桐乃はお兄ちゃんっ子で、なんでも出来るお兄ちゃんに憧れていた。





徒競走で一番になったお兄ちゃんを見て、
「お兄ちゃんすごーーい」
とはしゃぐ桐乃。
親父の「よしっ」て感じの手が微笑ましい。



お風呂に入ってきた桐乃にびっくりして逃げ出す京介。



「お兄ちゃん、なんで一緒にお風呂に入っちゃダメなの?」
と不満気に尋ねる桐乃。



「もう、俺、子供じゃねーしっ」
と年頃の男の子らしく拒否する京介。



京介にそう言われても
「お兄ちゃんと一緒にお風呂入るぅ」
と、なお食い下がる桐乃。
そんな兄妹を見てクスクス笑う母。
何とも平和な子供時代です。



しかし、京介も大きくなるにつれて、妹とばかり遊んでられないと、桐乃と距離を置き始めます。
それでもたまには桐乃と一緒に出かけてあげる京介。
桐乃と二人で田村家に遊びに行きます。



田村家で魔法少女モノのアニメを見てご満悦な桐乃。
「ふひひぃ、可愛いなぁ……」
この頃から既にオタク化の片鱗が……。



麻奈実と仲良く勉強する京介を見てショックを受ける桐乃。



いきなりキレだした桐乃を見て
「何キレてんのお前?」
と不思議そうに尋ねる京介に対し、
「もう知んない! バカ!」と可愛くヤキモチを妬き、どこかに行ってしまう桐乃。



そんなある日、いつものように遊びに行こうとする京介に、ついていこうとする桐乃。


最初はダメだと拒否する京介ですが、
必死に食い下がる桐乃を見て、
「ついてこられたら、お前も連れてってやるよ」
と条件を出し、走りだします。




必死に兄の後を追いかける桐乃。



しかし、兄との差は歴然で、どんどん離されていき、ついには転んでしまいます。



兄を見失い、雨の降る中を泣きながら一人で歩く桐乃。



そんな桐乃の前に現れる京介。
「よ、何泣いてんの?」
いや、お前が置いてったからだろ。


ちなみに原作では転んだ妹に気づかず、そのままどこかへ行ってしまったはずですが、アニメでは桐乃を見つけ出します。
原作者自ら変えたということは、さすがにこの時の京介は酷いと感じたのでしょうか?
僕はこの年頃の男の子なんて、あんなもんだと思いますが。



「泣いてない!」
と意地を張り、



「探しに来たの?」
とちょっぴり怒りながら尋ねる桐乃。
ようやく、今の桐乃っぽくなってきました。



「んなわけねーだろ」
と否定する京介。
いや、そこは肯定しとけ。
京介もだんだん今の京介っぽくなってきました。



「ほら、帰ろうぜ」
と桐乃の頭に手をポンと置く京介。
この仕草は今回2回目。



お風呂場で今日の京介の事を思い出し、ムカつく桐乃。
桐乃が京介を見返してやろうと決意した瞬間です。




これ以降、桐乃は勉強や陸上を頑張り始め、チート桐乃になっていきます。




しかし、桐乃が努力を始めて凄くなっていくのとは裏腹に、京介はどんどん堕落していきます。


そんな兄を見かねて、昔は格好良かったのに、一体どうしちゃったのかと問い詰める桐乃ですが、




「もうやめたんだよ、そういうのは。人生平穏が一番だって」
という京介の言葉にショックを受けます。




「あんたなんか、あんたなんか……あたしの兄貴じゃない!」
涙を流しながらブチキレ、走り去る桐乃。



(あたしは凄い兄貴に憧れてた。そんな兄貴を見返したくて、認めてもらいたくて、色々がんばってんのに――
なんでとうのあんたが、怠けて、カッコ悪くなっちゃってんのよ!)



怒りのままにその足で麻奈実の元に駆けつけ、
「あんたでしょ、絶対そう! あんたが兄貴になんかしたんでしょ! あたしの兄貴を返せーーーーーーっ」
と叫ぶ桐乃。



しかし、見事に返り討ちに遭い、泣きながらふらふらと街中をさまよう桐乃。



そんな桐乃を見つけ出し、駆けつける京介。
このシーンは、小さかった頃、桐乃が京介に追いつけずに泣いていたのを見つけ出したシーンとの対比になっていますね。



帰ろうぜと手を差し伸べる京介。
しかし……。



「気安く話しかけないんでくんない! 兄貴じゃないくせにキモいんですけど!」
と京介を拒否する桐乃。
ここから本格的な「冷戦」が始まります。



麻奈実の言葉を思い出し、怒りでソファーをガンガン蹴りつける桐乃。
「桐乃ちゃんが憧れてた「凄いお兄ちゃん」なんて最初からいなかったんだよ」



その言葉を否定する桐乃。
「そんなことないもん。兄貴は、あたしの好きなお兄ちゃんは、いつか絶対帰ってくるもん!」



時は流れ、中学1年生になった桐乃。
モデルの仕事を始め、あやせと初めて仕事で出会った時の会話。
「あたしの方がちょっとだけ先輩だから、わかんないことがあったらなんでも聞いて」
「ホントに?」



「任せなさい」
と胸を叩く桐乃。
この台詞とポーズは明らかに京介の影響でしょう。



あやせにモデルの仕事を始めた理由を尋ねられる桐乃。
「それはね、憧れてた人の真似なんだ」
「憧れの人?」



「うん、今はもういなくなっちゃったんだけど、いつかその人が帰ってきた時、たっくさん自慢してやるんだ。
どうだ、もう、あたしの方が凄いんだぞーって」
「そーなんだ、また会えるといいね、その人に」
「うん」




「お兄ちゃんに恋する妹なんて、気持ち悪いでしょう?」
そんな麻奈実の言葉について悩んでいた時に、桐乃は『妹めいかあ お兄ちゃん大好き』というエロゲーに出会い、衝撃を受けます。



怪しい変装をして、妹モノのエロゲーが紹介されている雑誌を読み耽る桐乃。



エロゲーには、お兄ちゃんを好きになってもいい世界。
お兄ちゃんが妹を好きになってくれる世界。
お兄ちゃんと妹が結ばれる世界がありました。



そんな世界を初めて知ってはしゃぎまくる桐乃の姿を見てくれ、こいつをどう思う?














すごく……キモいです……。



ってか本名プレイ(笑)



あたしには誰にも言えない秘密がある。
(実の兄を好きなことですね)



自分では、もう、どうしようもないもの。
(兄への恋心でしょう)



「人生相談があるのっ!」



「人生相談? お前が? 俺に?」



そう、だってさ、失くしたものを見つけたと思ったから。
(失くしたものというのは、「いつか絶対帰ってくるはずの、あたしの好きなお兄ちゃん」)



とんだ勘違い。
あたしの憧れてた人は最初からどこにもいなかった。



「そっか……桐乃……友達作るか?」




あいつは一緒に悩んで友達を作ろうとしてくれた。




「桐乃、お前はよく頑張ったよ」




平凡な兄貴のままで人生相談を聞いてくれた。




「ここにある全部が桐乃なんだよっ!
一つでも欠けたらアイツじゃ無くなっちまうんだ!」



「これ見て、まだ認めねぇってほざくんなら、俺が桐乃の代わりに親父をブッ飛ばす!」




いつだって必死になって妹を守り続けた。



「俺に任せろっ!」
今の兄貴は昔みたいに自信満々、そんな風には言ってくれない。



「ねぇ、人生相談……



あるんだけど」



今の兄貴は自分が平凡なやつだってわかってて、凄いやつじゃないって思い知ってて、
それでも嫌々、渋々、妹のためにこう言うのだ。



「ったく、やれやれ、しょうがねぇなぁ」



「桐乃、俺にまかせろ」

まとめ

やっぱり原作者脚本回は格が違う!
うん、今回の話については、もう言いたいことは言ったので、今更、まとめで特に言う事がない。
後は、8月18日から全世界同時放送される14〜16話を楽しみに待つのみ。
教会の「例のシーン」と「エピローグのあのシーン」だけはしっかり再現してください。
あの2つのシーンをアニメで見られたら、もう死んでもいい。