『Strike Out』の感想

今月発売のヤングアニマル嵐(2017年NO.11)に掲載されている読切作品です。

甲子園を目指す兄妹のお話なんですが、思いの外良かったので紹介。
左が妹のすすき(中学三年生)。右が兄の風輝(かぜき)(高校二年生)です。
兄はピッチャーでエース。


この作品でまず目を惹かれるのはキャラの表情ですね。




特に妹であるすすきは感情豊かで、様々な表情を見せてくれます。


次の対戦相手のバッターから、妹と付き合う許可を求められた兄の答えを聞いた時の、このすすきの表情は特に印象的。
普段明るい分、ゾクッと来ますね。(すすきは別にヤンデレキャラとかではないです)

兄妹描写も良いです。
すすきは兄に好意を持っているのは明らかですが、口が悪く素直になれないタイプ。

兄の方は、妹の気持ちに薄々気付いているっぽいですが、やや突き放したところが見えます。

……が、妹と付き合いたいという相手のバッターを無茶苦茶気合入れて抑えようとするこのシーンから、本当は妹を大事に思っていて手放したくないという気持ちが垣間見えます。


妹がマネージャーになったところを想像した時の、この表情も良いですね。


兄妹の子供の頃の想い出もバッチリ抑えてます。

まとめ

兄妹愛か兄妹恋愛か、微妙な辺りを揺れ動く兄妹の心理描写が秀逸。
最後はちょっと切ない終わり方ですが、希望を感じさせる読後感は悪くないです。
個人的にはかなり気に入ったので、良かったらチェックしてみてください。


作者さんの別の作品。
こっちは妹モノじゃないですけど、一応紹介。
新人さんのようですが、絵は上手いですし、なかなか光るものを感じます。