建部 綺 『絶対★妹原理主義!!』(キモウト系・お兄ちゃん大好き、家庭的、巨乳)

作品情報

タイトル:絶対★妹原理主義!!
ブランド:脳内彼女 作品ページ
ジャンル:兄とは永遠に報われない生き物なのさAVG
発売日:2010年10月29日
販売価格:パッケージ版8,800円(税別)、ダウンロード版4,600円(税別)

脳内彼女の過去作『絶対★妹至上主義!!』の流れを汲む、妹たちとのHな日々が中心の抜きゲです。

あらすじ

公式サイトのSTORY参照。

妹について

名前 年齢
建部 綺(たけべ あや) 不明
一人称 兄呼称
私、綺 お兄ちゃん、拓馬
身長 体重 スリーサイズ
不明 不明 不明だが胸は大きい
CV 原画 シナリオ
小倉結衣 あおぎり ぺんた 西田一、生田あわる、芳井一
備考
特になし

主人公の実妹
建部家の次女で学生。

性格は家庭的で優しい……が実は怒ると怖い。
家事は万能で、兄と二人で建部家の家事を担っている。
本気で兄のお嫁さんになりたいと思っているほどお兄ちゃんが大好きで、妄想癖あり。

「えへへ……お兄ちゃんと結婚、二人っきりの教会で結婚式挙げて……ハネムーンは南の島で……」


「私、お兄ちゃんに喜んで貰えるなら、なんでもしちゃうからね♪」


「ふふ……我慢できないんだ、いけないお兄ちゃんだね」

兄について

主人公。
建部家長男で学生。

家が古武道の道場なので、子供の頃から武道の修行をしていて実力もなかなか。
両親が既に亡くなっている現在は建部流の当主だが、父の死後に建部流は凋落したため、門下生は一人もおらず家族のみ。
妹たちとの生活費を稼ぐために、幼馴染のゆかなの家が運営している新聞配達所でトレーニングを兼ねたアルバイトをしている。

性格は武道家らしく体育会系で真面目。体を鍛えることが好きで修行にも熱心。
だが、才能では妹の瑞に劣り、実力もまったく及ばない。

妹たちに対しては過保護で心配性、自覚なきシスコン。
兄として妹たちのために日々頑張る良き兄だが、妹たちの気持ちには鈍感で、その努力も空回り気味。

綺のことは優しい妹として特に可愛がっていて、何かと甘い。

シナリオ

綺ルートは大体3時間ぐらい。

綺ルートに入ると、兄は性的に迫ってくる綺の過激な愛情表現を何とかしようと考え始めます。
綺の行動の原因は欲求不満やストレスだと考えた兄は、綺の希望でデートをして欲求を解消させることに。しかし、結局Hになだれ込んでしまい上手くいかず、綺の兄への行き過ぎた愛情の強さを思い知らされる羽目に。

綺に何度もエッチなことをされるうちにとうとう我慢できなくなった兄は、綺に誘われ処女を貰うことに。妹と関係を持ってしまった兄は罪悪感を覚え、一旦距離を取ろうとするのですが、避けられてることに気づいた綺の悲しそうな表情を見て、綺を大事にしていこうと決意します。

(ここからネタバレあります。未プレイの方はお気をつけください)





ここまでは健気で可愛い妹だった綺ですが、この辺りから段々様子がおかしくなっていきます。他の姉妹が揃って用事で出かけてしまい、家で兄と二人っきりになった綺は、兄を誘惑し自分の身体の虜にしようとしてきます。

「お兄ちゃんを満足させられる女の人は、この世界で私だけ……お兄ちゃんには、私しかいないんだよ……」
「ふふ……お兄ちゃんはもう、私のモノ……絶対、絶対離さないからね…………んむっ……」
「でもお兄ちゃん。もし……もし、他の女の子と浮気なんかしたら……絶対に許さないから」

こんな関係はいけないと思いつつも、綺の身体に溺れてしまう兄。そんなある日、兄はゆかなと買い物に出掛けることに。それを尾行していた綺は、電車の中で兄にHなことをしてきます。

兄は最近の綺の考えと行き過ぎた行動を注意するのですが、綺は悪びれもせず、恋人ではなく身体だけの関係でもいいからずっと一緒にいたいと言いだします。そんな関係は間違っていてこのままでいいわけがないと考えた兄は、今度こそ綺とのHを拒否しようとします。

一週間Hせずに耐えられたら身体の関係を迫ったりしないという約束を綺と取り付けた兄は、綺の誘惑をかわしつつ、ひたすら耐えます。我慢し過ぎて様子がおかしくなり始めた兄を心配した瑞やゆかなの協力により、綺が妹だということにこだわり過ぎていて、自分の素直な気持ちを伝えていなかったことに気づく兄。

それに対し綺の方は、公園でゆかなと兄がキスしているのを見かけたショックで、今までの自分が間違っていたことに気づき、やっぱり兄妹で結ばれるはずがないと兄を諦めようとします。

そんな綺を見た兄は、今まで自分が大事に守ってきた家族、常識、理性、世間体、兄としての立場、そういったもので誤魔化せないほどに綺を男として好きになってしまったことを認め、綺に好きだと告白し、キスをします。

今までの性欲ありきではなく、気持ちを確かめ合うセックスをする二人。ラストは子供もできて三人で幸せになるという、絵に描いたようなハッピーエンドです。

綺BADエンドについて

綺との賭けに負け欲望に屈した兄は、責任を取るために綺の気持ちを受け入れ愛する決心をします。その直後、綺が配達所のゆかなの元にいきなりやってきて新聞配達を辞めさせられることに。

「お兄ちゃんは私のモノなんだよ? なのにどうして他の女と話してるの? 笑ってるの? 同じ空気を吸ってるの? そういうの見てるだけでもう我慢出来ないの。これ以上されたら自分でも何するか分からないもの。ちょっとやりすぎかなって、思うかもしれないけど……恋人ってそういうものだよね。四六時中一緒に居て欲しいと思うから、ほんの少し離れるだけで、不安になっちゃうの。お兄ちゃんはもう私のモノだもん。私の恋人なんだから、私が不安になるような事なんて、絶対にしないよね。ねえしないよね? お兄ちゃん」

兄に対して異様な独占欲を発揮する綺に対し引き気味の兄は、綺について幼馴染のゆかなに相談することに。しかし、隠れてゆかなと会っていたことが綺にバレてしまい、兄がゆかなと浮気したと勘違いした綺に薬を飲まされて気絶させられます。

目を覚ました主人公が見たのは、兄に愛されない自分を捨ててゆかなになりきり、兄の上で腰を振る綺の姿。そしてベッドの下で血塗れになっているゆかなの腕。綺の狂気の姿にショックを受けた主人公は、現実を受け入れられず、おかしくなってしまいます……。

ハッキリいって後味悪いし、好きになれないエンドです。
どうせやるならゆかなじゃなくて、血を分けた姉妹を手にかけるぐらい突き抜けた方が綺の狂気性が光ったように思いますね(描写されてないだけで実際は手にかけてるのかもしれませんが、想像の域を出ません)。





(ネタバレここまで)

親バレ、周りバレ

ネタバレなので隠します。構わない人は反転して読んでください。
妹やゆかなたちに綺とエッチしたことがバレますが、妹たちは勝負は綺の勝ちということであっさり納得しますし、ゆかなも二人の関係に反対するどころか後押ししてくれます。

禁忌、背徳描写

そこそこあるかな?
ハッピールートの最後の方では、世間の非難や軽蔑を覚悟で兄妹で愛し合うことを決めますし。ただ、実際は障害など面倒な部分を端折ってめでたしめでたしなので、ご都合主義な感じがしてイマイチに感じました。

まとめ

「ゲーム中盤までの綺」は普通に可愛かったです。
ハッピーエンドまでのシナリオも決して悪くない出来ですし、少し病んだぐらいの綺なら、まだ兄への強すぎる愛情として受け入れられました。
でも、BADエンドでの綺の姿にはドン引き。
あれを見た後にハッピーエンドを見ても、どうにもスッキリしないです。

最初から最後まで可愛い妹だったら普通に受け入れられたと思う
お気に入り度(10点満点) 7

別のキャラのレビューを読む