『お兄ちゃんと恋する私 2020』の感想

内容紹介


yumemiさんがネットで公開している兄妹漫画を、同人誌にまとめたものです。

B5 無線綴じ 表紙マットPP / 94ページ (本文90ページ)

BOOTHで購入しました。


キャラクター紹介。
兄の名前は仲上 悠希(なかがみ ゆき)。
妹の名前は仲上 久花(なかがみ ひさか)。

妹のキャラ紹介には「実の兄である悠希に恋をしている」とハッキリ書いてあります。
妹の実義だけでなく、恋をしていると明言しているのは珍しいですね。

兄は高校3年生、妹は高校1年生で同じ学校に通っています。
妹の兄呼称は「お兄ちゃん」。

感想

内容は兄妹の日常がメインですね。


妹はお兄ちゃんが大好きですが、お兄ちゃんは妹の気持ちには気づいていません。




お兄ちゃんは無自覚系イケメンとでもいうのか、サラッと妹をドキドキさせるような行動を取りますね。
これは妹が好きになってもしょうがないなという説得力があります。


お姫様抱っこもあり。



子供の頃の思い出もしっかりと押さえています。

この作品には、衣鈴(いすず)ちゃんという久花の友達の女の子が登場します。



よくあるパターンだと、この子がお兄ちゃんに好意を持ったりするのですが、この作品の場合はそんなことはなく、いわゆる見守りポジションというやつですね。
久花の兄に対する気持ちにも気づいており、二人の邪魔になったりはしません。


同様に兄にも藤吾(とうご)という男友達がいるのですが、こちらも同じような感じです。
このあたり、わかってる感ありますね。

描き下ろし漫画は2ページ。
この同人誌を兄妹が見たらという、本編とは関係ないおまけ漫画です。
ちょっとした兄妹のスキンシップあり。

あとがき

お兄ちゃんは格好良い、妹は可愛い、余計なお邪魔虫は出てこない、子供の頃の思い出など兄妹描写も良いと、非常に良い感じの作品です。

描き下ろしの2ページ以外はほとんどネットで読めますし、値段のことも考えると、正直購入する必要性は薄いのですが、作者さんを応援するという意味で購入しました。

作者さんの更新頻度も高めですし、兄妹モノとしても非常に安心して読める内容なので、気に入ったという方はぜひ購入してみてください。

良質な兄妹モノを描く作家さんは貴重なので、本を購入したり、感想書いたりして、どんどん応援するべきだと、個人的には思います。

作者さんの関連リンク

Twitter

pixiv

BOOTH