和泉 妃愛 『ハミダシクリエイティブ』(甘やかし系・声優、しっかりもの、お兄ちゃん大ちゅき)

2021年7月15日 特典CDについて追記しました。

作品情報

タイトル:ハミダシクリエイティブ
ブランド:まどそふと 作品ページ
ジャンル:学園に来ない女子と見過ごしがちな青春を探す学園恋愛ADV
発売日:2020年9月25日発売
販売価格:9,800円(税別)

あらすじ

公式サイトのSTORY参照。

システム

クリックで読み進めていき、選択肢でシナリオが分岐する、一般的なエロゲ。
プレイ時間は、共通ルートが5、6時間、個別が3、4時間ぐらい。
総プレイ時間は20時間ぐらいかな?
結構細切れにプレイしたので、正確さにはあまり自信ありませんが……。

ウインドウサイズは1280*720のワイド。
システム設定は一通りのものは揃っていて、特に問題なし。

裸立ち絵あり。
裸パッチもあります。

妹について

名前 年齢
和泉 妃愛(いずみ ひより) 兄の1つ下、高○1年生?
一人称 兄呼称
私、わたし、わたち お兄、おにい、おにぃ、お兄ちゃん、おにーちゃん
身長 体重 スリーサイズ
不明 不明 不明だが、胸のサイズは普通
CV 原画 シナリオ
柳 ひとみ 宇都宮つみれ 甲木順之助
備考
9月5日生まれ

主人公の妹。
千玉(ちだま)学園1年生。
現役の人気声優で、芸名は小泉 妃愛。
愛称はひよりん。

性格は明るく社交的で、誰とでも仲良くなれるタイプ。
ひよこが好きで、語尾にひよひよとつけたりする。

兄と同じ学園に通っているが、声優の仕事が忙しく、授業にはほとんど出られていない。
話が進むと、兄の生徒会の副会長になることに。

兄を甘やかすのが大好きで、食事やお弁当を作ったり、ソシャゲのガチャのお金を出してあげたりしている。
重度のブラコンではあるが、共通や他のヒロインルートでは、兄の幸せを考えて、一歩引いた態度を取ることが多い。

妹の実義ですが、作中に実の妹という表現もありますし、設定やブランド的にも疑う要素はまったくありません。

妃愛のCG枚数は通常20枚+SDCG2枚。
内訳はイベントCG10枚に、HCG10枚(SDCG除く)。
ベッドで一緒に寝る、指輪を渡す、EDのCGがお気に入り。

Hシーン数は6つありますが、オナニーとフェラのみのシーンが2つあり、本番は4回。
妃愛は現役人気声優ということで、ちゃんと避妊描写があるのが好印象。
かといって、エロさを犠牲にしているわけではなく、Hシーン以外ではゴムを使ってHしているという描写があったり、ピルを使っているということで、基本は中だし(中、外選択もあり)だったりと、上手くバランスを取っています。

「幸せで満たされてく。ありがとう、お兄。大好き」


「ひよこメンタルの妃愛は、お兄にぎゅうしてもらわないと泣いちゃう。ぎゅうしてぎゅうして。お兄ぎゅうしてー」


「私もう、お兄のことが女の子として好き。お兄の恋人でいたいし、お兄からもそう思われたい」

兄について

主人公。
千玉(ちだま)学園2年生。
序盤で、くじ引きによって学園の生徒会長になることに。

両親は兄妹が幼い頃に亡くなっていて、現在は妹の妃愛と二人暮らし。
資正(すけまさ)という犬を飼っている。

ソシャゲが大好きでハマっているが、生来のくじ運の悪さでソシャゲのSSRはなかなか当たらず、妹によく天井まで回させてもらっている。
VTuberも好きなのが、イマドキの主人公という感じ。

陰キャのコミュ障で、性格は少々ひねくれていますが、頭は回るし、常識人。
歴史に詳しく、歴史のウンチクをやたら語るのが、少々くどく感じました。

兄としては文句なしの良兄ですね。そもそも生徒会長を引き受けたのも、妹のためですし。

妹のことは大切に思っていますし、仲も良いですが、共通ルートの時点ではあくまで兄妹愛であって、妹に対して恋愛感情はありません。

(この妹の他に欲しい妹なんていない。生まれるときに選択権があるのなら、何度だってこの妹を選びたい)


「何があっても、妃愛が妃愛でいる限り、俺は自分の妹をずっと大切にする……!」


「妹とだって一生いっしょにいられる。妃愛がその気なら、この家にずっと二人でいたい」

シナリオ

共通シナリオでの妹の出番はそれなり。
妃愛は声優の仕事が忙しいので学校にはほとんど行ってないですし、会う機会が朝と夜しかないです。
兄妹が生徒会に入ることになってからは、ちょっと出番増えますが。

共通で印象に残ったのは、両親が亡くなった時の回想。
兄に対する親戚の扱いに、幼い妃愛がキレるシーンは、妹の兄に対する愛情を感じられて良かったですね。
このシーンは体験版でも読めるので、この作品が気になってる方は、一度確認してみてはいかがでしょうか?


(ここからネタバレあります。未プレイの方はお気をつけ下さい)





妃愛ルートに入ると、妃愛の声優仲間の裏垢が流出し、妃愛にラブラブな相手がいるということが、世間に発覚するという事件が発生、炎上します。
その相手は兄のことなのですが、幸いそのことは世間に気付かれず、事件は大事にならずに事務所が上手く収めます。

この事件によって、兄は妃愛の裏垢の存在を知り、兄は妃愛の自分に対する気持ちがガチ惚れであることに気づきます。
炎上で落ち込んだ妃愛を慰めるうちに、妃愛を意識してしまい、女性を感じてしまう兄。
ここで落ち込む妃愛は、普段の明るいノリと違って、非常に保護欲をそそり、大変可愛らしかったです。

この後は、定番のオナニー目撃イベント、文化祭の準備などがあるのですが、妃愛との関係はあくまで兄妹のまま。
しかし、妃愛と一緒に過ごすうちに、妃愛を女の子として好きになっていることに気づいた兄は、妃愛の誕生日に告白することを決めます。

妃愛の誕生日に、またも重大な事件が起こるのですが、その事件で傷ついた妃愛が、兄に弱った本音を見せる場面はグッと来ました。

この後は、妃愛と結ばれて、Hやイチャイチャをしつつ、文化祭本番へ。
文化祭では、妃愛が兄妹をテーマにした朗読劇を行うことになります。

ここで、妃愛が両親が亡くなった経緯について、今まで隠されていた事実を語り、妃愛が兄のことを好きになった理由、なぜ妃愛がここまで兄に尽くすのかなどが、劇を通して語られます。
このシーンでは、しっかり今までの伏線を回収していて、結構感動しましたね。

ラストも綺麗に終わっていて、ハッピーエンドです。




(ネタバレここまで)

他ルートの妃愛

どのルートでも兄の恋愛を普通に応援してくれます。

詩桜先輩のルートで兄が交通事故に遭うのですが(ネタバレあるので隠します)、その時、兄の下のお世話をしてくれるシーンはちょっと興奮しました(笑)。

親バレ、周りバレ

ネタバレなので隠します。構わない人は反転して読んでください。
二人の仲は、最後の最後まで周りに隠し通します。親バレも周りバレもありません。

禁忌、背徳描写

あまり無いです。
二人とも、兄妹での恋愛が世間的に認められないことは理解していますが、そのことで深刻に悩むような描写はありません。

特典について

『人間らしい、正直な暮らしをするつもりです』


げっちゅ屋の購入特典である録り下ろしドラマCDです。

トラック1 人間らしい、正直な暮らしをするつもりです その1

長さは35分23秒。
最初に、妃愛による挨拶、本編のネタバレがあることの注意、このCDの内容はIFであることが説明されます。

内容を一言でまとめると、兄と妃愛、あすみの3人で付き合うお話です。
もう少し詳しく説明すると、兄と妃愛は世間に内緒で付き合っていたのですが、そこにあすみが兄に告白してきて、紆余曲折あって3人で付き合うことにしましたということですね。

はい、クソ。
おまけやIFじゃなかったら、キレてるところですね。

トラック2 人間らしい、正直な暮らしをするつもりです その2

長さは26分56秒。
めでたく付き合うことになった兄と妃愛とあすみが3Pするお話です。

はい、クソ。
おまけやIFじゃなかったら、ブチキレてるところですね。

まとめ

安定のまどそふとですね。
キャラの魅力、シナリオ、CG、音楽など、どれを取ってもレベルが高く、ソツなく作られています。

ただ、良く出来てはいるのですが、それ以上ではないかなという印象を持ちました。
シナリオで深刻なシーンがあっても、あっさりと解決してしまい、次のシーンでは何事もなかったように振る舞っていたりするので、いまいちシナリオに深みや余韻が感じられないんですよね。
話がテンポよく進むのはいいのですが、重要なシーンはもうちょっと尺を取って、しっかりと書いてほしかったですね。

ひよりに関しても、普段はお兄呼びなのに、たまにお兄ちゃん呼びになるところや、しっかりものに見えて、たまに弱さをみせるところなどのギャップが可愛いし、印象に残るシーンもあったのですが、兎亜を超えたかと言われると……まぁ、兎亜は色々と規格外な妹だったので、あれと比べるのは酷ですが。

兎亜超えはならず、しかし、妃愛が可愛い妹であることは間違いなし
お気に入り度(10点満点) 9

別のキャラのレビューを読む

おまけ

twitter.com
プレイした際のTwitterでの呟きをモーメントにまとめました。
良かったら参考にしてみてください。