読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六桜 日奈々 『Primary(プライマリー)〜Magical★Trouble★Scramble〜』(お兄ちゃん大好き系・世話焼き、ヤキモチ妬き、貧乳)

実妹キャラレビュー

メーカー SkyFish
SkyFish最新作 『Primary〜Magical★Trouble★Scramble〜』 を応援しています!!


体験版の感想はこちら

ゲーム内容

神立ヴァンチェスタ魔法学院で魔法を学ぶ為に、
日本から水の神都・ヴァンチェスタ王国にやって来た主人公の六桜 琥珀(りくおう こはく)。
妹の日奈々(ひなな)と共に学園に転入した琥珀は、
クラスメイトのプリム、ライムの双子姉妹、お嬢様のマリア、先輩なのに容姿は幼いミンティア
琥珀達がお世話になっている下宿先「ホーリーベル」の看板娘チャイムなど
可愛い女の子達と共に学園生活を送る事に。

妹について

六桜日奈々

(C) SkyFish Corp.


六桜 日奈々(りくおう ひなな)。
一人称は「ヒナ」。
兄の呼称は「お兄ちゃん」「お兄様」(幼少時)「琥珀兄様」(幼少時)。
年齢は兄の一つ下。
CV:まきいづみ


盲目というハンデを背負っているが、
普段から頭に乗せているぴよ丸という精霊のおかげで、
夜以外は不自由無く過ごしている。
性格は兄想いのしっかりもの。
兄には兄妹以上の感情を抱いていて、何かとお世話をしたがる。
ものすごいヤキモチ妬きで、兄が他の女の子と仲良くしてるのを見ると、
すぐに引き離そうとしたり、お説教をしたりする。
独占欲も強めで、時に小悪魔な一面を見せる事も。

兄について

日本の検非違使の一族の生まれ。
幼少の頃から厳格な父に鍛えられた為にかなり強い。
礼儀作法なども学んでいる為に何でもそつなくこなす。
少々真面目すぎるのが欠点。


家族構成は両親と妹の日奈々の4人家族。
ヴァンチェスタに留学してきた現在は、下宿先のレストラン「ホーリーベル」の一室で日奈々と二人暮し。
日奈々の事は小さい頃から面倒を見てきたので、非常に兄妹仲がいい。

シナリオ

注意
日奈々シナリオはトゥルーっぽいシナリオなので、
なるべく最後にプレイしましょう。
日奈々シナリオ以外でも日奈々の出番は多いです。
特にお勧めなのが、ライムとミンティアルート
日奈々ルートに行く前にこの2つをプレイしておくと、
日奈々のシナリオがより楽しめると思います。


まずは共通ルート。
ホーリーベルのウェイトレスとして働く以外は
特にこれといったイベントは無いですが、
日奈々が兄の事を好きなのがよくわかる描写がところどころ出てきます。
兄は全然相手にしてませんが。


日奈々ルートですが、中盤まではチャイムルートと共通です。
ルートに入ると日奈々と兄の前世らしき描写が出てきて、
それについて日奈々と話をするのですが、
過去では恋人同士だったのかもと言う日奈々に対し、
兄は過去に何があろうと、今の俺達には関係ないと取り合いません。
(ここは兄の妹に対する気持ちが見える貴重なシーン。
兄妹だから意識するまいとする兄の姿が「ほんの少し」見えます。)


この後は日奈々とチャイムの友情物語という感じの話が続きます。
チャイムの姉のセラフィナに妹との仲を探られたり、
目の視えない日奈々の身体を洗ってあげる為に一緒にお風呂に入ったりして、
多少妹の事を意識する描写がありますが、特に二人の関係が変わるわけではありません。


(ここからネタバレあります、気をつけてください)




遺跡の調査がきっかけで、
兄の中に眠るエンシェントリネージュという吸血鬼のような力が目覚め、
その力を抑える為に日奈々が兄のモノを手と口で慰める描写があるんですが、
兄は気絶してて意識がない為に、そんな事があった事に全然気付きません
まるで長期連載のラブコメ漫画のような寸止め展開に多少苛立ちました。


その後、兄とチャイムの精神が入れ替わったり、
パルティータというデュエル大会に出場したりという出来事を経て、ようやく日奈々単独ルートへ。


このシナリオで二人の前世や過去が明かされ、
それを乗り越えてハッピーエンド、ではあるのですが…。
続きはまとめで。




(ネタバレここまで)

親バレ、周りバレ

母親や周りが二人の仲を怪しむシーンがあるぐらいです。
というか二人の関係はバレて困るようなところまでいきませんから、
バレようがないんですが。

禁忌、背徳描写

ほとんどないです。
日奈々は兄妹である事を障害と考えていませんし、
兄の方も兄妹である事に特に悩むような描写はありません。
兄妹であるという最大の壁も、反則ともいえるある方法であっさり乗り越えます。

エッチ

回想シーンは4つ。
お風呂で日奈々の身体を洗ってあげるシーン、
日奈々が気絶した兄のモノを手と口で慰めるシーン、
日奈々が兄の身体に入り込んだチャイムに身体を洗ってもらうシーン、
兄の力でHな気分になってしまった日奈々がトイレでオナニーにふけるシーン。(兄の目撃無し)


兄の事を想いながらするフェラとオナニーのシーンは結構エロいですが、
本番は無し

まとめ

物足りないですね


このゲームの一番の不満点は「二人の関係はこれからだ!」というところで終わってしまう事です。
日奈々の「兄が大好き」という気持ちに対して、兄が「十分に応えないまま」終わっちゃうんですよね。
兄が日奈々に好きだと言う事もなければ、キスシーンすらありません。


物語としてはキレイに終わってるし、
別にそういう直接的なシーンがなくても、
ブ○○リ○との戦いの後やエピローグのアレで
兄の日奈々への気持ちは十分伝わってきますが、
やっぱり物足りないなぁと思う気持ちが残ります。


日奈々は非常に可愛いです。
特に兄に甘える姿とヤキモチを妬いて拗ねる姿は反則的。
お説教されてまきいづみボイスで「メッ」などと言われると、もう…何ていうかね…うん。


でも、日奈々が魅力的であればあるほど
こんな終わりじゃ物足りないと思う気持ちは強くなるわけで、
いくら攻略可でもこれじゃちょっとなぁ…と思わざるをえません。


せめてキスシーンの一つもあれば…。
せめてキスシーンの一つもあれば…。
大事な事なので2度言いました。


お気に入り度(10点満点) 9