『反抗できない!いばらちゃん』2~3巻(最終巻)の感想

jitsumai.hatenablog.com

作品内容や兄妹については1巻の感想を参照してください。

2巻の感想

柊家の中学2年生・いばらちゃんは、お兄ちゃん限定で反抗期なツンデレ妹。本当は兄妹で仲良くしたいのに、素直になれずに空回り。そんなある日、女子中学生だらけの勉強会を開くことに!? みんなで海にも行っちゃったりして!? 妹キャラ満載の第2巻!

上記はamazonの商品説明より転載。


目次とキャラ紹介。
2巻は第11話から20話までが収録されています。
おまけの描き下ろし漫画やあとがきもあり。



友達や他の人の前では、おにぃではなく、お兄ちゃん呼びのいばらちゃん。


兄に勉強を教えてもらって嬉しそうないばらちゃん。
距離も近くていいですね。



兄にアプローチするも、まったく相手にされていない幼馴染のくくりさん。
ここまで相手にされてないとさすがに気の毒な気がする(笑)。


兄が責められていると勘違いして助けようとするいばらちゃん、可愛い。


似たもの兄妹描写。
こういうのいいですね。


サービスシーンもありますが、さすがに大事なところが見えたりはしません。


瑠璃ちゃんの兄登場。
ブラコンですが、妹からはうざがられています。
名前ぐらい付けてあげればいいのに(笑)。


瑠璃ちゃんの兄の誕生日プレゼントを買いに来たことが本人にバレないように、兄の恋人のふりをするいばらちゃん。
兄も照れてます。


子供の頃の思い出。
普段からこの頃ぐらい素直になれていれば……。


一人暮らしを妹に反対されず、寂しがる兄。
なんだかんだいって、兄も結構シスコンです。

描き下ろしやあとがきについては、特に書くことないので省略。

3巻の感想

柊家の中学2年生・いばらちゃんは、お兄ちゃん限定で反抗期なツンデレ妹。しかし、兄の引っ越しをきっかけに、関係に徐々に変化が…?いばらちゃんが素直になれる日は来るの? いろんなドキドキが詰まった最終巻。おまけ漫画も収録!

上記はamazonの商品説明より転載。


目次とキャラ紹介。
3巻は第21話から最終話までが収録されています。
おまけの描き下ろし漫画やあとがきもあり。


ツンデレ妹いばらちゃん。
ここまでコテコテなツンデレ描写は最近なかなか見ないぞ。



兄の引っ越しについては、結局いばらちゃんもついていって一緒に住むことに。
普段の態度はアレですが、兄のためにご飯を作ってあげるなど、健気なところもあります。


妹にケーキを食べさせてもらってドキドキする兄。
兄の方もいばらちゃんを意識して、わりといい感じになってきてはいますが……。


疲れて帰ってきた兄を笑顔で出迎えるいばらちゃん。
引っ越し以降は、だいぶ素直になってきています。


ここの兄妹描写は、距離感近くていいですね。
兄にもたれかかって眠るいばらちゃんが、兄を信頼しているのがよくわかります。


いばらちゃんが普段付けてるチョーカーは、昔お兄ちゃんが買ってくれたものだと判明するエピソード。
この作品、子供の頃の思い出も豊富です。


兄に浴衣の着付けをしてもらういばらちゃん。
素直にお礼を言うところに、いばらちゃんの成長を感じます。


兄と一緒にいたいといういばらちゃんの気持ちを肯定してくれる二人。
良い友だちですね。


実兄描写。
これで実義に関しては安心ですね。


ようやく本人の前でお兄ちゃん大好きと言えたいばらちゃん。
良い最終回だった……。

描き下ろし漫画については特に書くことないかな。
作者さんのあとがきを見ると、どうも打ち切りっぽいですね……。

まとめ

終わっちゃいましたね。

貴重なツンデレ妹ということでこの作品には期待していたので、3巻で終わりは無念……。
兄妹恋愛はなかったですが、兄妹描写はとても良かったですし、ツンデレないばらちゃんはとても可愛く、兄妹モノとしては良い作品だったと思います。